NULSの特徴や将来性、NULSが購入できるおすすめの取引所

NULSの今後の将来性

NULSの概要

通貨名称 NULS
最大発行数 4000万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://nuls.io/
ホワイトペーパー

NULSの特徴や目指しているもの

NULSは企業向けの分散型アプリ(DApps)開発プラットフォーム、もしくはそこで使われるトークンです。ブロックチェーンをネットワーク、アカウント、ストレージ、コンセンサス、スマートコントラクトとモジュール(部品)ごとにいくつか分けているのが最大の特徴であり、開発者はそれを自由に組み合わせるだけで独自のDAppsを作成できます。

独自のアルゴリズムであるPoCがそれを支えています。高度な知識がなくても利便性の高いDAppsが作れるという点で非常に優秀な反面、競合プラットフォームが多い点は気がかりです。

次世代のアプリ「DApps」のメリットと問題点

NULSはDAppsを開発するためのプラットフォームですが、ではDAppsとはそもそもなんでしょうか。簡単に言えば、スマートコントラクトとブロックチェーンを活用した、特定の管理者が存在しないアプリです。

従来のアプリは特定の管理主体が管理することによって成り立っています。このようなアプリは安価かつ高速で提供されるなどのメリットも多い反面、不透明性が高いという問題点もあります。

管理主体が信頼できなければどんなに便利そうでも使えず、あるいは信頼できると思っていたら実は信頼できなかった場合に大きな不利益を被るなど、リスクも少なくありません。

DAppsの最大のメリットは、管理主体が分散されているため、障害に強いことです。DAppsには原則として、単一障害点(そこに障害が発生するとシステム全体に障害が発生するような重大な点)がありません。一部に障害が起こっても、ほかが無事ならば問題なく使えるのです。ビットコインもDAppsの一つですが、ノードの一部がダウンしていてもビットコインは問題なく使えます。

また、管理主体が得る利益がないため、管理費用もかからず、その分安価にアプリを利用できます。アプリ開発者はこれまで管理主体に少なくない金額の手数料を払っていましたが、DAppsではそれもなくなり、より多くの利益を得ることが出来ます。

一方で現時点ではDAppsは開発が難しく、それを簡単にするためのプラットフォームもありません。こうした問題を解決するために開発されたのがNULSというプラットフォームです。

マルチチェーンで機能を組み立てる

NULSはブロックチェーンを機能ごとに分割し、それぞれを組み合わせられるマルチチェーンのメカニズムがあります。必要な機能がそれぞれのモジュール(部品)に分けることができ、アプリの開発者はそれをレゴブロックのように組み立てていくことによってアプリを開発できます。NULSならば高度なプログラミングの知識がなくてもDAppsを開発できます。

なお、NULSを構成するモジュールにはネットワーク、口座認証、ブロック、記録方式、コンセンサス、スマートコントラクトなどがあります。これらのモジュールを使用したり、アプリケーションを取引したりする際には、NULSのトークンを使用します。アプリの開発が活況になるほどNULSの需要が増加し、それに伴って価格は上昇するものと思われます。

NULSのPoCの仕組み

NULSのコンセンサスアルゴリズムはProof Of Credit(PoC)を採用しています。また、NULSには、独自のアプリケーションの公開に対する警告機能があります。DAppsは管理主体が存在しないため、悪意あるアプリが開発・公開される可能性がありますが、警告機能でそれを防ぎます。

開発者はアプリを公開する際に、一定量のNULSをロックします。つまり、一定量をプラットフォーム側に預けるわけです。この仕組みによって攻撃的なアプリを排除します。それでも攻撃的なアプリを公開した場合はイエローカード・レッドカードという警告がなされ、その重さに従った罰則が与えられます。

筆者が考えるNULSの今後の将来性

現時点では判断が難しいですが、あまり期待はできなそうです。DAppsで開発できるトークンは多数あり、これらとくらべてNULSがどのように有利なのかがいまいち見えて来ないためです。
既存のトークンとは違う点を打ち出していかなければ、埋もれてしまう可能性が高いでしょう。

NULSが日本に上場する可能性

現時点では上場される見通しはありません。早めに仕込みたいという場合は、バイナンスを始めとする海外の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

NULSが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから