NTRNの特徴や将来性、NTRNが購入できるおすすめの取引所

NTRNの使い道・開発状況・将来性を調査!

NTRNの概要

通貨名称 NTRN
最大発行数 6800万枚
公開日 2016年5月
公式サイト https://www.neutroncoin.com/
ホワイトペーパー

NTRNの特徴や目指しているもの

NTRNは、仮想通貨の教育プラットフォーム「Neutron」上で使用される仮想通貨です。投資家や教育者はNeutron上で仮想通貨に関するコンテンツを販売・購入できるほか、NTRNを単純に保有するだけでも資産を増やせます。

Neutronの仕組み

Neutronは、「貯蓄したままで儲け、使う中で学び、教えることで豊かになろう」をキャッチコピーにかかげる、仮想通貨の教育プラットフォームです。投資家は教育者から学び、最終的に自らも教育者となって新たな投資家を育てていきます。

プラットフォーム上ではテクノロジーやプログラミング、更には貿易や投資などに関する各種コンテンツを売買しています。投資家は教育者からコンテンツを買うことで、市場で役に立つ知識を身につけます。

強力なコミュニティ

Neutron開発チームは使用者とのコミュニケーションを重視しており、強固なコミュニティを築いています。コミュニティ上では利用者と議論を交わしたり、マーケットに関する情報を提供したり、ガイドをアップデートしたりしています。

強力なコミュニティを持つ仮想通貨が強いことはモナコインやドージコインなどの例を見ても明らかであり、大きな評価点でもあります。

マスターノードになればNTRNを持っているだけで利益を出せる

このようなNeutronの仕組みを支えるのが、マスターノードです。キャッチコピーの「貯蓄したままで儲け」という部分は、このマスターノードの仕組みを指しているものと思われます。

マスターノードとはネットワークを支えるためのコンピュータのことで、多くの仮想通貨で採用されている仕組みです。2万5000NTRN(2018年9月27日現在で約4万5000円)を保有していればマスターノードになれて、保有量に応じて報酬が受け取れます。

マスターノードになれば、少ないリスクでNTRNを増やせます(NTRNの法定通貨に対するレートも変動するので、法定通貨建てに直した場合はマイナスとなることもあります)。

開発ファンドの取り分は3%

Neutronで何らかの教材を販売する場合、手数料として3%が徴収されます。開発プロダクションは3%の手数料をもとにウォレットやネットワーク、プラットフォームの保守及び改善を行います。Neutronでの取引が活発なるほど開発ファンドの得られる手数料も増え、それがさらなる機能の拡充に繋がります。

筆者が考えるNTRNの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性があると見ています。仮想通貨に関する正確な情報発信は多くの仮想通貨投資家に求められているにもかかわらず、なかなか実現しません。Neutronにはそれを実現するポテンシャルがあります。

ただし、Neutron上で提供される情報の正しさをどのように担保するかに関する情報はいまいち明確になっていないなど、懸念点もあります。

NTRNが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場しているので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

NTRNが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから