NSRの今後の将来性とNSRが購入できるおすすめの取引所

NSR

記事タイトル:

NSRの概要

通貨名称 NSR
最大発行数 10億枚
公開日 2014年9月
公式サイト https://nubits.com/
ホワイトペーパー

NSRの特徴や目指しているもの

NSRは、NBT(Nubits)の株式として機能する仮想通貨です。株式の保有者がその会社の経営方針を決められるように、NSRの保有者はNBTという仮想通貨の今後の方針を決められます。具体的には新しいNBTの金利や発行量などをコントロールできます。

NBTってどんなコイン?

NBTは、2014年に公開された、比較的歴史の長い仮想通貨です。世界ではじめてドルと価格が連動するように設計された仮想通貨(ステーブルコイン)であり、仮想通貨でありながら価格変動のリスクが小さく、それでいて高速送金や安い手数料といったメリットを享受できるのが特徴です。

1NBT=1ドルを目指す

基本的には、ユーザーが取引所に対して注文を出し続けることによって、1NBT=1ドルの価格を保つという仕組みになっています。NBTの需要が上昇すれば供給量を増やし、需要が低下すれば供給量を抑制することで需給のバランスを保つ「Parking」と呼ばれる方法により、ユーザーは一定の価格での取引が期待できます。

NSRの役割

NSRを保有していると、その保有量に応じた投票権が得られます。

1つ目の投票権は、カストディアンと呼ばれるコイン管理者を決めるものです。カストディアンはサービス開発に対する提案を行ったり、配当の調達や分配、価格調整をしたりする権利を持ちます。先程触れた「取引所に注文を出す」のは、このカストディアンです。

2つ目の投票権はParkingの利率を決めるものです。NBTには金利が定められており、期間終了時に保証された利益を受け取れます。金利投票はNBTに対するSatoshiの100分の1に相当します。

3つ目はネットワーク全体の仕組みの提案や投票の権利です。NBTには発行量上限が定められていないため、発行しすぎると1NBT=1ドルの価格連動が崩壊する可能性があります。この投票権では供給されすぎた一部のNBTを破棄するための仕組みが実装されました。

筆者が考えるNSRの今後の将来性

現状では、期待していません。理由は簡単で、大元のコインであるNBTの価格均衡がすでに破られているからです。

前述の通り、NBTは1NBT=1ドルが保たれるように設計された仮想通貨なのですが、この均衡はすでに壊れており、2019年7月6日時点では1NBT=0.08ドル前後で推移しています。本来の価格の12分の1にまで大暴落してしまっているわけです。

チャート:https://www.coingecko.com/ja/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3/nubits

具体的になぜこのような大暴落が発生したのかはわかりませんが、ともかく現時点ではNBTはその信頼性を完全に失っています。当然、それへの投票権を持つNSRの価格も長期間に渡り低迷を続けており、明るい兆しはありません。

一応、NBTの公式Twitterはまだ可動しており、そこでは1NBT=1ドルに戻すことを宣言してはいるのですが、多くの投資家はすでにNBTに見切りをつけているものと推測されます。これ以外にもステーブルコインは数多く開発されているため、そちらを使えばいいだけの話ですからね。

NSRが日本に上場する可能性

NSRが日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外取引所に上場しているので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

NSRが購入できる海外の取引所一覧

  • SouthXchange
0 0

この記事の共有はここから