NOTEの特徴や将来性、NOTEが購入できるおすすめの取引所

NOTEの特徴や将来性を解説

NOTEの概要

通貨名称 NOTE
最大発行数 約1億5500万枚
公開日 2014年2月
公式サイト https://dnotescoin.com/
ホワイトペーパー https://dnotesglobal.com/white-paper/

NOTEの特徴や目指しているもの

NOTEは2014年2月に公開された、仮想通貨と法定通貨を橋渡しするプラットフォーム「DNotes」上で使用される仮想通貨です。リリース後の価格は長らく停滞していましたが、積極的に開発が進んだことを材料に、2017年ごろから数度にわたって高騰するなど、成長の兆しを見せています。

DNotesは法定通貨と対立しないプラットフォーム

現状人気を集めている仮想通貨は、そのほとんどが従来の法定通貨、すなわち中央集権型の通貨に対して否定的なスタンスを取っています。政府や中央銀行の都合による裁量的な金融政策がなく、コードのみ従い、送金が早く手数料も安い仮想通貨こそが真の通貨である……というわけです。

しかし、現状の仮想通貨には仮想通貨特有の問題もあり、政情不安を抱える国などならばともかく、中堅国や先進国の法定通貨にとって代わることは、基本的には考えにくいといえます。仮にある程度仮想通貨が普及しても、その役割は法定通貨をサポートするものに留まるものになりそうです。

DNotesはこのような仮想通貨と法定通貨を取り巻く現実に基づいて作られた、仮想通貨と法定通貨の端渡しを行うためのプラットフォームです。

DNoteの3つの機能

DNotesでは、Webウォレットの「DNotesVault」と金融リテラシーを向上させる「DNotesEDU」、そしてニュース情報メディア「DCEBrief」という3つの機能を提供しています。

DNotesのコンセンサスアルゴリズム

DNotesは当初は、コンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)を採用していましたが、アップグレードによりProof of Stake(PoS)へと切り替えています。

また、DNotesのブロックチェーンでは、一定期間中に移動がなかったすべての仮想通貨に対して、保有者に月利0.5%の利息を与える仕組みになっています。大したことはないようにも見えますが、銀行預金よりは遥かに高い利率です。

資金調達で開発速度をアップ

DNotesは、2018年7月に純資産や年収などの基準を満たす投資家(認定投資家)から5.6億円を調達するための投資ラウンド(第1ラウンド)を達成し、第2ラウンドでは、認定投資家以外からの資金調達を目指してします。

筆者が考えるNOTEの今後の将来性

仮想通貨と法定通貨の橋渡しに需要があることは間違いないため、現時点ではそれなりには期待しています。機能もそれなりに豊富ですし、ここに来て開発に本気を出しはじめているのも評価できるポイントです。
ただし、現時点ではまだまだ時価総額の低い、草コインであることも確かであるため、過剰に期待するのは辞めたほうがいいでしょう。

NOTEが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場しているので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

NOTEが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから