NOTEの特徴や使い道、今後の将来性を分かりやすく解説!

NOTEの特徴や将来性を解説

NOTEの概要

通貨名称 NOTE(DNotes)
最大発行数 約1億5500万枚
公開日 2014年2月
公式サイト https://dnotescoin.com/
ホワイトペーパー https://dnotesglobal.com/white-paper/

NOTEの特徴や目指しているもの

NOTE(ディジタルノート)は2014年2月に公開された、仮想通貨と法定通貨の橋渡しのために作られたプラットフォーム「DNotes」上で使用される仮想通貨です。DNotesは第三者を解することなく通貨を交換するための便利なツールであり、法定通貨とは対立せず、むしろ強調しようという姿勢を見せています。

リリース後、価格は長らく停滞していましたが、2017年ごろから開発が積極的に行われるようになり、価格も数回に暴騰するなど、成長の兆しを見せています。

DNotesは法定通貨と対立しないプラットフォーム

現状人気がある仮想通貨の多くは、従来の法定通貨、すなわち中央集権型の通貨に対して否定的なスタンスを取っています。政府や中央銀行の都合によって裁量的な金融政策が行われることがなく、ただのコードのみ従い、送金が早く手数料も安い仮想通貨こそが真の通貨である……というわけです。

しかし、現状の仮想通貨にはボラティリティの大きさや管理の難しさなどの問題も多いですし、法定通貨には法定通貨の長所があります。政情不安を抱える国などならばともかく、中堅国や先進国の法定通貨が今後短期間の間になくなることはまずありえないでしょう。

仮にこれらの国である程度仮想通貨が普及することになったとしても、その役割は法定通貨を支えたり、保管したりすることであり、法定通貨に取って代わることではありません。DNotesはこのような仮想通貨と法定通貨を取り巻く現実に基づいて作られた、仮想通貨と法定通貨の端渡しを行うためのプラットフォームです。

DNoteの3つの機能

DNotesには、以下の3つの特徴的な機能があります。

  • DNotesVault
  • DNotesEDU
  • DCEBrief

DNotesVaultは、DNotes内部で使用される仮想通貨NOTEを保管するためのWebウォレットです。Webウォレットはインターネットに常時接続されているため危険である、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、実際には安全です。保管された資金はすべてインターネットから切り離されたコールドウォレットで保管されるからです。

また、DNotesは別のコールドストレージアカウントに預金総額を超える金額をプールしており、預金の100%を保証しています。

DNotesEDUは、自己資金で行われる、ユーザーの金融リテラシーを向上させるためのプロジェクトです。すべてのデータはモジュールとサブモジュールに分割されており、読者は迅速に特定のデータを探し出せます。

DCEBriefはニュース情報メディアで、主に仮想通貨業界の最新情報を配信します。忙しい人でもすぐに読めるように工夫されたフォーマットを使用しています。

DNotesのコンセンサスアルゴリズム

DNotesは当初はPoW(Proof of Work)というコンセンサスアルゴリズムを採用していましたが、過去のアップグレードに伴い、PoS(Proof of Stake)に切り替えられました。コンセンサスアルゴリズムとは簡単に言えばブロックチェーンに記帳する際のルールです。

PoWは計算を最も早く解いたコンピュータに記帳の権利と報酬を与える仕組みです。ブロックチェーンの改ざんが極めて難しい半面、計算能力が高くないコンピュータは報酬がほとんど受け取れず、電力消費もかさむという欠点があります。

一方、PoSは通貨保有量に比例するように記帳の権利と報酬が与えられる仕組みであり、電力消費量を少なく抑えることができ、なおかつ計算能力が高くないコンピュータも報酬を受け取れます。

DNotesのブロックチェーンでは、一定期間中に移動がなかったすべての仮想通貨に対して、保有者に月利0.5%の利息を与える仕組みになっています。大したことはないようにも見えますが、銀行預金よりは遥かに高い利率です。

資金調達で開発速度をアップ

DNotesは、2018年7月より、認定投資家から5.6億円を調達するための投資ラウンド(第1ラウンド)を開始しました。認定投資家とは純資産や年収などの基準を満たす投資家のことです。今後行われる第2ラウンドでは、認定投資家だけでなく非認定投資家からも資金を調達します。

資金調達は従来の株式会社が行うIPO形式で行います。IPOは株式会社が新規株式を投資家に売り出す仕組みで、仮想通貨を売り出すICOよりも強力な法規制があるのが大きな特徴です。

筆者が考えるNOTEの今後の将来性

現時点ではそれなりには期待しています。仮想通貨と法定通貨の橋渡しに需要があることは間違いないからです。機能もそれなりに豊富ですし、ここに来て開発側が開発に本気を出し始めているのも評価点です。
ただし、現時点ではまだまだ時価総額の低いくさこいんであることも確かであるため、過剰に期待するのは辞めたほうがいいでしょう。

NOTEが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になるという方はそちらで購入するといいでしょう。

NOTEが購入できる海外の取引所一覧

  • Mercatox
  • BiteBTC
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから