古参アルトコインNMCの今後の将来性とは?特徴と開発状況まとめ

古参アルトコインNMCの今後の将来性・特徴・開発状況まとめ

NMCの概要

通貨名称 NMC(Namecoin)
最大発行数 2100万枚
公開日 2011年4月
公式サイト https://www.namecoin.org/
ホワイトペーパー

NMCの特徴や目指しているもの

NMC(Namecoin/ネームコイン)は、2011年4月に公開された古参アルトコインです。その歴史はイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)よりも古く、現在も地道に開発が続けてられています。

NMCの目的は、完全に自由なインターネット空間を作ることです。ブロックチェーン技術を使うことによって国家や巨大企業といった特定の組織の検閲、あるいは悪意あるユーザーからのハッキングなどのリスクを極限まで排除します。ウェブユーザーはNMCを支払うことによって、何者にも管理されないドメイン名「.bit」を取得できます。

クライアント・サーバ型とP2型の違い

ネットワークを利用したシステムやサービスの通信形式は大きく、「クライアント・サーバ型」と「P2P型」に分けられます。現在主流なのはクライアント・サーバ型であり、NMCはこれをP2P型に置き換えようとするものです。

クライアント・サーバ型は、文字通り「クライアント」と「サーバ」から成り立つシステムです。クライアントはサービスを使う側のコンピュータ(のソフトウェア)、サーバはサービスを提供する側のコンピュータです。この方式のもとでは、サーバがサービスを提供し、それをクライアントが利用します。店と客の関係みたいなものですね。

現在、あなたはウェブブラウザを通じてこのサイトを閲覧しているかと思いますが、あなたの使っているウェブブラウザがクライアントで、このWebサイトのデータを保管しているコンピュータがサーバです。

それに対してP2P型には、サーバやクライアントと言った役割分担がありません。ネットワーク上のすべてのコンピュータが、上記のクライアントとサーバの両方の役割を果たしている、ともいえます。各コンピュータはデータを保持し、必要に応じてデータを提供したり、要求したりします。ファイル共有ソフトなどはP2P型を採用していることが多いですが、現時点では主流にはなりきれていません。

クライアント・サーバ型のメリットとデメリット

クライアント・サーバ型が主流になった理由は簡単で、サービスを提供する側(サーバ)にとってメリットが大きいからです。クライアント・サーバ型では、サーバが重要なデータを一極集中で一元的に管理します。重要なデータを一箇所にまとめて管理するのは効率的であり、中規模から大規模なネットワークに向いています。クライアントはただサービスを利用するだけなのでなんの責任も追う必要がなく、楽です。

一方で、クライアント・サーバ型には見逃せないデメリットもあります。サーバ側に与えられている権限が非常に大きく、クライアント側が彼らの動向に影響されやすすぎる、ということです。例えば、サーバの処理能力がクライアントの要求に追いつかなかった場合、サーバがダウンしてしまい、クライアントはサービスを利用できなくなってしまいます。

サーバが都合の悪い情報を検閲することも可能であるため、自由なインターネット空間を築く妨げにもなります。このような問題は度々指摘されており、これを解決するための方法として最近注目を浴びているのがP2P型です。

P2P型のメリットとデメリット

P2P型のメリットは、上記のサーバに当たる、情報を一元的に管理するコンピュータ(を管理する個人や団体)が存在しないことです。特定の個人や団体に責任や権限が集中しないため、サーバがダウンしてサービスが使えなくなったり、検閲が発生したりすることはありません。

ネットワークの一部の端末がダウンしても、大部分の端末が無事ならば、データ受信を継続できます。誰でもサーバ側の能力や意向を気にすることなく、自由にサービスを利用できます。

一方で、P2P型にはデメリットもあります。一番のデメリットは実装の難易度です。理論上は理想的なシステムであっても、それを実現するのが難しいのです。また、P2P型は自由度が高い分、悪用されやすいという一面もあります。例えば違法なファイルをやり取りしたり、ウイルスを有用なファイルと偽って公開したり……。こういったリスクはクライアント・サーバ型にもありますが、それを排除する管理者が存在しないP2P型でより顕著です。

NMCはこうしたP2P型のデメリットを減らしつつ、メリットをより引き出すための仮想通貨です。平凡なP2P型と比べてセキュリティやプライバシーの面で優れており、十分な差別化を果たしています。

NMCはドメインを取得・管理のための仮想通貨

NMCは、「.bit」ドメインを取得・管理するための仮想通貨です。ドメインとは簡単に言えば、インターネットに接続されたコンピュータが保有する住所のようなものです。ドメインを取得することによって、インターネット上で情報を公開できるようになります。個人や企業や政府組織などは、コンピュータをインターネットに接続し、ドメインを取得することによって情報を公開しています。

現在、世界中のインターネット上に存在するドメインの殆どは、米国の非営利組織である「ICANN」によって管理されています。ICANNには知的財産関係者やドメイン名支持組織、政府諮問委員会、果ては完全な個人まで様々な知識や人が関連しています。

ICANNはボトムアップ形式で議論を重ねて結論を出し、それを理事会で承認するという形式をとっていますが、ICANNがやろうとすれば、インターネット上の不都合な情報に検閲を賭けることも出来ないわけではありません。ICANNが信頼できるかどうかは別の話しとして、やろうと思えばできるというのは問題です。

一方、NMCを支払うことによって取得できる「.bit」からなるWebサイトは、ICANNを経由していないため、そうした心配はありません。取得されたドメインは中央管理者には管理されず、代わりに自動的にブロックチェーン上に記録されます。ブロックチェーンは特定のサーバではなく、世界中のコンピュータで分散的に管理されているため、一部のコンピュータがダウンしても全く問題なく、セキュリティ性にも優れています。

以前は通常のWebブラウザでは.bitのウェブページが閲覧できないという欠点があったのですが、最近はGoogle ChromeやFirefoxで.bitを閲覧できるようになるアドオン(ブラウザに追加できる機能)が開発されたため、利便性も高まりました。

マージマイニング機能

NMCにはマージマイニングという機能があります。マージマイニングとは、他の仮想通貨(例えばビットコイン)のマイニングとは似ているようで異なる存在です。マージマイニングとは簡単に言えば、複数の仮想通貨のマイニングをいっぺんに行う仕組みです。

ご存知の方も多いかと思いますが、仮想通貨におけるマイニングとは一般的には計算競争のことです。計算競争を見事勝ち抜いた先着1名は取引の承認作業を行い、その見返りとして報酬を受け取ります。

通常のマイニングでは、計算に失敗した場合は最初からもう一度やり直す必要がありますが、マージマイニングでは計算に失敗しても、その結果を別の通貨にも流用できます。例えばビットコインのマイニングに失敗した場合でも、NMCのマイニングには成功する可能性がある、ということです。ビットコインだけをマイニングするよりも、ビットコインとNMCのマイニングを同時に行ったほうがずっと効率的なのです。

NMCに貢献する方法

NMCは現在、様々な形でその発展に貢献してくれるユーザーや開発者を募集しています。具体的には寄付、Webサイト保有者、マイナー、コーダー、ジャーナリストなどを募集しています。詳しくは公式サイト上のContribute(URL:https://namecoin.org/contribute/)をご覧ください。

公式ウォレット

NMCを保管するためのウォレットが公式サイトから配布されています。また、Namecoin Coreというソフトも必要です。ダウンロードページ(URL:https://namecoin.org/get-started/name-wallets/)から簡単にダウンロードできます。

筆者が考えるNMCの今後の将来性

現時点では、それなりには期待してもいいかと思っています。開発から7年も経っている割に時価総額ランキングは300位台で、多くの後発コインに負けている点は気がかりですが、Twitterでの情報発信はいまだに行われていますし、公式ホームページにも更新のお知らせが度々掲載されています。競合するプロジェクトもこれと言ってなく、見どころはあるかと思います。

NMCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

NMCが購入できる海外の取引所一覧

  • Poloniex
  • BTCSquare
  • Bitsane
  • YoBit
0 0

この記事の共有はここから