NGCの今後の将来性とNGCが購入できるおすすめの取引所

NGC

NGCの概要

通貨名称 NGC
最大発行数 約7800万枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://thenagacoin.com/
ホワイトペーパー

NGCの特徴や目指しているもの

NGCは、ドイツのフィンテック企業であるNAGAグループが発行している仮想通貨です。NAGAは2005年創業の企業で、同社の主力事業である株式取引プラットフォーム「Swipestox」はすでに数十万人が利用しています。顧問にはロジャー・バー氏が就任しています。

NAGAグループとは?

NAGAグループは、ドイツでは名の知られたフィンテック企業です。ドイツ証券取引所に上場している有力企業であり、2016年12月にはゲームアイテムを自由に取引できる市場「Switex」を設立し、年6%以上の成長率を見込んでいます。同社のNGCはNAGAグループ以下、4つのサービスで使用される予定です。

SwipeStox

SwipeStoxは、株式取引のためのソーシャルネットワークであり、NAGAグループが提供するサービスの中では、おそらく最も有名なものです。SwipeStox上では株式のほか、CDFや仮想通貨なども取引できます。人工知能による投資助言機能(ロボアドバイザー)を搭載しているので、投資初心者でも安心して取り組めます。

また、SwipeStoxではトップトレーダーが自らの取引を公開しており、一般投資家はその人の取引を丸ごとコピーできます。トップトレーダーの成績はリーダーボードにランキング形式で公開されていますので、どの人が取引がうまいのかはすぐに分かります。トップトレーダーの判断は投資初心者の判断と比べると正確なことが多く、そのほうが期待値も高くなるでしょう。

トップトレーダーは自分の取引をコピーされるほど多くの報酬を得られるので、取引のモチベーションに繋がります。

Switex

Switexは、ゲーム内で流通しているアイテムや通貨などのデジタルデータを自由に交換できるプラットフォームです。実態がない、仮想商品を交換できる世界初のプラットフォームとして、注目を集めています。

ゲーム内のアイテムにどれほどの需要があるのか、と思われるかもしれませんが、調査会社Super Data Researchによれば、ゲーム内アイテム市場規模は推定460億円で、今後も6%程度の年率で拡大していくとのことです。ゲームをやらない人、アイテムにそれほど執着しない人にとっては分かりづらい話かもしれませんが、実はゲーム内アイテムは高値で取引されているのです。

NAGA Wallet

NAGA Walletは、世界最高の仮想通貨ウォレットを標榜するウォレットです。仮想通貨を投資、管理する上での必須アイテムであり、NGCを筆頭に5種類の仮想通貨と、1200種類以上のイーサリアムベースのトークンを管理できます。

また、NAGA Walletとアカウントを提供すれば、NAGAが提供するNAGA TREDERを利用して取引ができるようになります。前述のSwitexと連携させて、ゲーム内アイテムを取引することも可能です。

NAGA Academy

NAGA Academyは、NAGAグループが提供する教育事業です。主な対象は現時点で銀行口座を持っていない人(アンダーバンクド)であり、彼らに対して一般的な金融リテラシーを身につけさせることが目的です。オンラインやSNSを中心に情報発信しています。

ロジャー・バー氏が顧問を務める

NAGAは1979年生まれの著名なエンジェル投資家であるロジャー・バー氏が顧問を務めています。ロジャー氏はビットコイン普及のために精力的な活動を行っており、投資ですでにかなりの富を得ていることから「ビットコインの神様」と呼ばれることもあります。彼が具体的に顧問としてどのようなことを行っているかはわかりませんが、先見の明のある人物が顧問についていることは心強いと言えるでしょう。

筆者が考えるNGCの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性はあるのではないかと考えています。それなりに名のある企業が開発に携わっていることと、有力な顧問がいることが主な評価点です。ただし、現時点ではあくまでも数あるアルトコインに過ぎないことも確かですので、過度な期待は禁物です。

NGCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

NGCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから