NAVの今後の将来性は?NAVの特徴や購入できるおすすめ取引所

NAVの今後の将来性

NAV(ナブコイン)の概要

通貨名称 NAV(NAV Coin)
最大発行数 未定
公開日 2014年6月
公式サイト https://navcoin.org/
ホワイトペーパー 不明

NAVの特徴や目指しているもの

NAV(NAV Coin/ナブコイン)は、最新のBitcoin Core(オープンソースソフトウェア)に基づく仮想通貨です。匿名性の高さと高速送金が特徴で、最新の匿名機能が搭載された使いやすい公式ウォレットがその安全性を強力に支えています。DASHやMoneroなどの比較的有名な匿名通貨よりもさらに匿名性が高く、その安全性は折り紙付きです。一方で、その匿名性の高さ故に犯罪行為(違法な品の購入、マネーロンダリング、脱税など)に使われる懸念があり、規制が入る可能性もあるため、投資に対しては注意が必要です。

既存の仮想通貨は本当に匿名か?

現在時価総額が高いビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などの仮想通貨は、いずれも個人情報を教えることなく送金・受取が出来ます。これらの仮想通貨をやり取りする際に必要なのはそれぞれの仮想通貨のアドレスだけです。アドレスはこれと言って法則性がない数字やアルファベとの並びであり、そこから個人を特定することは不可能です。

しかし、アドレスを使って行われた取引情報自体は、全てWeb上に公開されています。「アドレスAからアドレスBに10BTC送金された」「アドレスCからアドレスDに0.05BTC送金された」という情報は、Webを通じていつでも確認可能です。それらの取引を集計すれば、特定のアドレス(を使っているウォレット)にどれくらい仮想通貨が入っているかもバレてしまいます。

通常、仮想通貨アドレスと個人情報は結びついておらず、両者が紐付けられない限りは、自分が誰にいくら払い、あるいはいくら受け取り、残高はいくらかがバレることはありません。しかし、アドレスと個人情報が結びついてしまった場合、そのすべてがバレることになります。

仮想通貨取引所で口座を開設する際には、個人情報の提出が必要不可欠です。また、仮想通貨取引所にはアドレスもあります。仮想通貨取引所は、あなたの個人情報とアドレスを紐付け用途思えば紐付けられるのです。

ハードウェアウォレットなどのウォレットを使っていても安心はできません。通販で買物をする際には相手の業者に住所や名前などの個人情報を預けますが、仮想通貨で決済を行う場合は、その業者も個人情報とアドレスを紐付けられます。

このような欠点を穴埋めするために作られたのが、いわゆる匿名通貨です。匿名通貨とは、様々な方法によって取引の匿名性を高めた仮想通貨のことです。例えば、DASHの場合はDarkSendという仕組みで匿名性を高めています。これは複数の送金依頼をプールし、送金者の送ったDASHを十分に混ぜて、どのDASHを誰が払ったものかわからない状態にしてから、複数の受取人のもとに送る仕組みのことです。これならば匿名性は保たれます。

一方、Moneroの場合はリング署名によって匿名性を高めています。これは送金の際に複数の公開鍵を用いるもので、署名した複数人の誰が送金を行ったのが公開されないので匿名性が保たれます。

このように、同じ匿名通貨でも、匿名性を維持するための仕組みはまちまちです。NAVは既存の匿名通貨よりもさらに匿名性が高い上、送金スピードや公式ウォレットの使いやすさでも優れており、隠れた有望株と言えるでしょう。

NAVの匿名性は送金者と受信者の関係を切り離す

NAVは、NAV Techという技術で匿名性を高めています。NAV Techはデュアルブロックチェーンを採用しており、利用者同士の送金の匿名性は完全に保たれます。この技術の最も優れた点は、グローバルIPアドレスも切り離していることです。

グローバルIPアドレスとはネットワークに接続しているコンピュータに割り当てられる個別の識別番号のようなものです。LANなどの狭いネットワークにあるコンピュータに割り当てられるものはローカルIPアドレスアドレス、インターネットに接続されているコンピュータに割り当てられるものはグローバルIPアドレスと呼ばれます。

これまでの匿名通貨はグローバルIPまでは切り離すことが出来ていませんでしたが、NAV Coinはその問題もクリアしているため、匿名性の高さについては現状世界最高峰といっても過言ではないでしょう。

送金スピードはビットコインの20倍、手数料も激安

ビットコインの送金スピード(ブロック生成スピード)は10分であるのに対して、NAVのそれはたった30秒です。単純に考えれば、送金速度は20倍です。DASHの送金スピードが4秒なのと比べるとやや見劣りはするものの、実用レベルで考えた場合、4秒と30秒にはそこまで大きな差はありません。どちらも将来店頭決済に導入されたとしても、問題なく使えます。

公式ウォレットが極めて使いやすい

NAVの公式ウォレットは、極めてユーザーフレンドリーで使いやすいのが最大の特徴です。これまでの匿名通貨のウォレットは使いにくいのが大きな弱点でしたが、NAVウォレットはその点も抜かりありません。

また、NAVの公式ウォレットを使うと、それだけで利子のようなものがもらえます。NAVはコンセンサスアルゴリズム(承認の仕組み)にProof Of Stake(POS)を採用しています。POSは極めて簡単に言えば、仮想通貨の保有量が多い人が優先的に承認でき、その結果報酬を受け取りやすくなる仕組みのことです。ビットコインのProof Of Work(POW)のような過剰な電力消費がなく、51%攻撃のリスクもないのが大きな強みです。

通貨をたくさん持っていれば持っているほどたくさんの報酬を受け取れるというこの仕組は、普通預金の利子と似ています。ただし、POSに参加するためには、約1.5GBのコアウォレットが必要になるので、パソコンのストレージの残り容量には気をつけましょう。

筆者が考えるNAVの今後の将来性

現時点では将来性は不安定です。NAVの技術自体は非常に素晴らしいものです。他の匿名通貨よりもさらに匿名性が高く安全であるという触れ込みも多分正しいでしょう。ただし、こうした匿名通貨は今後、匿名通貨以外の仮想通貨と比べて、より厳しい規制を国から受ける可能性があります。マネーロンダリングや脱税などは、国にとっては避けたいものだからです。

実際、日本では匿名通貨に対する締め出しも強くなり始めています。これまでは唯一コインチェックがDASHやMoneroなどの匿名通貨を扱っていましたが、業務改善計画によってこれらの通貨の取扱は終了する見通しです。匿名通貨が都合が悪いのは日本に限った話ではなく、今後は別の国でも似たような規制が起こる可能性があります。そうなった場合でも、地下マーケットで使われるため、全く価値がなくなるということはないでしょうが、ある程度の暴落は避けられないでしょう。

NAVが日本に上場する可能性

現状、NAVが日本に上場する見通しは立っていません。早めに買いたい場合は、バイナンスなどの海外の仮想通貨取引所を利用しましょう。

NAVが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • UPbit
  • trex
  • 0 0

この記事の共有はここから