NANOの今後の将来性とNANOが購入できるおすすめの取引所

NANOの今後の将来性

NANO(ナノ)の概要

通貨名称 NANO
最大発行数 約1億3300万枚
公開日 2016年2月
公式サイト https://nano.org/en
ホワイトペーパー https://nano.org/en/whitepaper

NANOの特徴や目指しているもの

NANO(ナノ)はDAGという技術を活用した、手数料が無料で高速送金が可能な仮想通貨です。もともとはRailBlocksという名前でしたが、2018年1月31日にリブランディングされました。高性能さよりもシンプルさ、使いやすさに重点を置いた仮想通貨であり、仮想通貨にとって馴染みのない層にも使いやすい仕組みになっています。

ビットコインが抱える問題点

NANOはもともと、ビットコイン(BTC)の抱えている問題点を解決するために作られた仮想通貨です。ビットコイン(BTC)が現状で抱えている問題点は多数ありますが、その中でも特に大きいのは以下の4点です。

  • スケーラビリティ問題
  • 送金スピードの遅さ
  • 取引手数料の高額化
  • マイニングの寡占と莫大な電力消費

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンのブロックサイズが充分でないことによって発生する問題のことです。ビットコインの場合、トランザクション(個別の取引データ)は約10分毎に新しいブロックにまとめられ、時系列順に並べられます(ブロックにはトランザクション以外にも関連データが入れられます)。このブロックが時系列順に並んだものをブロックチェーンといいます。

ビットコインの場合、ブロックサイズの上限は1MBに制限されています。それを超えたブロックは、無効なものとして自動的にネットワークから排除されます。

ビットコインの取引が殆ど行われていなかったころは、これでも問題ありませんでした。トランザクションが少なかったので、ブロックサイズ上限に達してしまう可能性を心配することもなかったのです。

しかし、ビットコインの知名度が上昇し、投機や投資、あるいは決済のために保有・取引する人が増えると、10分あたりのトランザクション数が急増し、それに伴って後述する様々な問題が発生するようになりました。

ビットコインの開発者やマイナーコミュニティも様々な改善案を考えたのですが、意見は対立。ブロックサイズを拡大して対処しようという派閥と、トランザクションデータを小さくして対処しようという派閥の溝は埋まらず、前者の意見を汲んだビットコインキャッシュという新しい通貨がハードフォークによって誕生しました。

後者の意見を汲んだビットコインはSegwit2xやライトニングネットワークと言った技術によってこれを解決しようとしているのですが、こうした取り組みは十分に成功しているとは言えません。

さて、ビットコインのスケーラビリティ問題に伴って発生したのが、送金スピードの遅れとそれに伴う手数料の高騰です。ビットコインは送金スピードが売りだったのですが(ビットコインより早い仮想通貨が大量にある現在では霞んで見えますが、もともと10分で送金できるというのは非常に革新的なことでした)、ブロックサイズが不足しているために、送金詰まりが発生してしまったのです。取引量に対して承認者が少ないことも、それに輪をかけました。

Bitcoinの取引には手数料がかかり、この手数料を高くすれば送金スピードは速められます(取引の承認を行うマイナーは手数料が高い取引を優先するため)。しかし、それではビットコインの特徴の一つであった安価な手数料という良さが消えてしまいます。1回の取引に時価総額で数千円程度のビットコインを支払うならば、銀行で送金したほうがいいと考えるのは当然のことです。

また、ビットコインの取引の承認をマイニング、それを行う人達をマイナーといいますが、このマイニング作業の寡占も問題となっています。マイニングは簡単に言えばある計算を最も早く解いたコンピュータに対して報酬が与えられる仕組みです。そのため、計算能力が高いコンピュータほど、報酬を受け取りやすくなります。必然的に高いコンピュータを買える者だけがマイニングに参加するようになり、それに伴って寡占が起きてしまったわけです。

マイニングの計算能力の過半数を特定の悪意あるグループが寡占した場合、2重支払いや正当な取引の拒否などが発生する可能性があります(このような攻撃を51%攻撃といいます)。費用対効果を考えると実際に起こる可能性は低いとはいえ、技術的な懸念であることは確かです。このような問題をすべて解決するために作られたのがNANOという仮想通貨です。

NANOを根幹から支える「DAG」はどんな技術なのか

仮想通貨NANOを根幹から支える仕組みDAG(Directed acyclic graph, DAG)です。日本語では有効非巡回グラフ、有向無閉路グラフなどと呼ばれることもありますが、名前だけではわからないと思うので、簡単に説明します。DAGは簡単に言えば、ブロックチェーンをより進歩させたシステムです。

ブロックチェーンでは、いくつかのトランザクションを1つのブロックにまとめ、それを直前に出来たブロックに接続します。あるときに出来たブロックの前後にはそれぞれ1つずつ別のブロックがあります。ブロックの承認はマイナーが行い、マイナーはマイニング報酬を得ます。

一方、DAGは、トランザクションをブロック化せず、個別のトランザクションのまま接続します。また、ブロックチェーンとは違い、1つのトランザクションの前後に複数のトランザクションが接続されることもありえます。トランザクションの承認は、そのトランザクションの直後にトランザクションを行った人が行い、その際に報酬は発生しません。

DAGは従来のビットコイン、さらにはブロックチェーンが抱えていた問題点を解決します。

ブロックチェーンでは取引者と承認者が別々だったため、取引者が多く、承認者が少ない状況ではどうしても送金詰まりが発生してしまいます。一方、DAGは取引者が承認も行うため、取引者が増えればそれだけ承認者も増えるため、送金詰まりはまず起こりません。承認に参加するには取引を行わなければならないため、マイニングの寡占化も起こりません。

また、ブロックチェーンではいくつかのトランザクションを一定時間待ってからブロックに詰めて承認するため、取引に時間がかかることがままありますが、DAGは取引ごとに承認を行うためそのようなことは起こりえません。

筆者が考えるNANOの今後の将来性

現時点ではやや厳しいと考えています。DAG自体は有向な仕組みなのですが、DAGを取り入れている仮想通貨は他にもあるからです。その代表的な存在がIOTAです。IOTAは長年仮想通貨時価総額ランキングで10位前後に位置しており、25位前後のNANOと比べるとその知名度は高いです。

IOTAはIoTに最適化された仮想通貨であり、NANOとはその理念が違いますが、やはり同じ技術を使用している以上、ライバルになることは間違いありません(IoTとは、ありとあらゆるものをインターネットに繋いで生活や仕事をより便利にしようという考え方です)。

また、2018年1月にはイタリアの仮想通貨取引所で時価総額で200億円以上のNANOが盗まれるという事件が起きており、これも短期的には足を引っ張るものと考えられます。

問題があったのはその取引所のセキュリティであり、NANOのせいではないのですが、やはり盗まれた通貨のイメージは悪くなりますし、実際に価格もそれ以降下がり始めています(仮想通貨全体の市場が小さくなっている時期なので、一概に盗難が原因とは言えませんが……)。

NANOが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。バイナンスを始めとする海外の取引所での購入をおすすめします。

NANOが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Kucoin
0 0

この記事の共有はここから