NANJCOINの特徴と今後の予定と将来性を詳しく解説

NANJCOINの特徴と将来性を詳しく解説

NANJCOINの概要

通貨名称 NANJ
最大発行数 300億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://nanjcoin.com/
ホワイトペーパー

NANJCOINの特徴や目指しているもの

NANJCOIN(ナンジェイコイン)は、日本の電子掲示板2ch.sc上の「なんでも実況J」、通称なんJで誕生したイーサリアムベースのトークンです。なんJはなんでも実況という名が示すとおり、スポーツなら何でも(特に野球中継)実況するための掲示板です。

NANJCOINはスポーツを支援するための大きなプロジェクトであり、スポーツ分野での決済手段や、選手やチームに対する投げ銭などを実現するツールです。

日本初のプロジェクトであるため公式サイトは当然日本語で記載されているため、日本人の投資家には非常に理解しやすいです。2020年以降は資金に見合ったスポーツチームの買収をする予定です。こうしてみると冗談半分でできた仮想通貨に見えますが、この経緯はモナコインにも似ているため、一概に馬鹿にできたものではありません。

なんJってどんな掲示板?

なんJは2004年に発足した、2ちゃんねるの掲示板の1つです。発足後しばらくは実況板としてそれなりに賑わったものの、やがてなんでも実況Uという別の実況板に人口を吸い取られて過疎化、それにともないシュールなネタスレが占めるようになります。

2009年5月に野球chに対して厳しい規制がかかると、野球ch民がなんJに大量に移動して植民地化、以降はおもに野球実況を主体とする掲示板に生まれ変わりました。現在は住民数が極めて多く、猛虎弁と呼ばれる独特な日本語(関西弁と似ているが微妙に異なる)で会話する掲示板として知られるようになりました(ちなみに、野球ch民大量移動以前に住み着いていたユーザーは「原住民」、それ以降のユーザーは「やきうのお兄ちゃん」と呼ばれることが多いようです。両者のAAも存在します)。

人が非常に多い上に、実況以外にもさまざまなスレッドが建てられるため一概には言えませんが、基本的には野球愛好家の中でも、(やや過激な)ネタスレを許容できる人向けの掲示板と言えます。

NANJCOINによる独自経済圏の創出

NANJCOINは、スポーツを楽しむために必要なあらゆる機能をユーザーに提供することを目的としています。NANJCOINによる独自の経済圏創出を目指し、自律的好循環モデルを実現する予定です。国内外のスポーツ関連団体、関連施設の利用につながるよう、提携先も積極的に探しています。

例えば、NANJCOINを使えば日本円よりもお得にスポーツ観戦ができたり、施設を利用できたりする仕組みができれば、多くの人がNANJCOINを使うようになります。そうなれば、NANJCOINの価値は上昇します(ホワイトペーパーには「昨年1年間で一度も会場に足を運ばなかったファンのおよそ9割が、NANJCOINでチケット購入ができるようになれば是非利用したい、または検討すると回答しています。」と記載されています)。

また、NANJCOINを投げ銭としてスポーツ選手やその支援者に対して使えるようになれば、その価値はさらに上昇します。こうして上昇した価値をスポーツ分野に再投資することによって、独自の経済圏を創出します。うまくいけば、スポーツ関係者がNANJCOINの経済圏に加わるだけで、スポーツ分野の発展に寄与できるようになります。

NANJCOINを用いた寄付

NANJCOINは、経済圏の創出だけでなく、寄付でもスポーツ分野を支えます。資金不足のチーム、あるいは個人に対して簡単に寄付ができる仕組みを整えます。

十分に稼げているスポーツチーム、あるいは個人というのは実はそれほど多くはありません。独立リーグの球団やマイナースポーツなどではその傾向が顕著です。こうしたチームや個人に対して寄付を行いたいという人は少なくありませんが、寄付までのハードルが高く実現に至らないことは少なくありません。NANJCOINにはそういった障壁を取り除くという目的もあります。

NANJCOINのERC223規格とは

NANJCOINはイーサリアムトークンの1つで、ERC223規格に準拠しています。イーサリアムトークンでは現在ERC20が最も普及していますが、ERC223はその欠点を克服した上位規格的な存在です。

ERC20の問題点に、コントラクトアドレス(受け取りアドレスとは別に存在するアドレス)に送金してしまった場合、トークンが取り出せなくなるというものがありましたが、ERC223はそれを解決しています。

また、コントラクトアドレスへの送金手数料はERCの半額になっています。ERC223はERC20規格と後方互換性を持ち、ERC20に向けて開発された多くのサービスを問題なく利用できます。

トークンの割当

NANJCOINは、運営の透明性確保のため、発行トークンの割当を公開しています。割合は以下のとおりです。

  • オープン戦:60%
  • マーケティング費用:15%
  • 開発費用:15%
  • 運営チーム保有量:10%

オープン戦とは要するに割安価格でのトークン販売です。2018年3月17日に行われ、わずか12時間で180億枚が完売しました。このことからも、投資家のNANJCOINに対する期待が伺えます。

ロードマップ

NANJCOINは2020年まで、及びそれ以降のロードマップを公開しています。主な予定は以下のとおりです。

2018年~2019年 海外取引所に上場し、NANJコインの価値を高める
2019年~2020年 スポーツ事業のスポンサー広告を通じて認知度を高め、NANJCOINを使用したスポーツ事業支援や個人への寄付機能を実現
2020年~ 資金に応じたスポーツチーム(プロアマ問わず)を買収、その後資金に応じた戦略を適宜発表

筆者が考えるNANJCOINの今後の将来性

現時点ではまずまず将来性はあると考えています。運営チームのトークン保有割合が少なく、ツイッターでも度々現状報告を行うなど、もともと冗談半分のような経緯でできた仮想通貨の割にはなかなか見込みがあるかと思います。

ただ、通貨として特別優れている点はないため、マーケティング頼みになってしまうという難点はあります。適切な広告活動に期待したいところです。

NANJCOINが日本に上場する可能性

現時点では日本の取引所に上場される見通しは立っていません。国産仮想通貨なので将来的に日本の仮想通貨取引所に上場される可能性はありますが、ロードマップを見た限りでは海外の大手取引所への上場を優先するようなので、そちらを利用したほうがいいでしょう。現時点で上場されている海外の取引所は以下のとおりです。

NANJCOINが購入できる海外の取引所一覧

  • BiteBTC
  • Coinexchange
  • Mercatox
0 0

この記事の共有はここから