MYBの特徴や今後の将来性と現状の問題点

MYBの特徴・将来性・問題点を解説

MYBの概要

通貨名称 MYB(MyBit)
最大発行数 約281万枚
公開日 2017年2月
公式サイト https://mybit.io/
ホワイトペーパー https://files.mybit.io/files/MyBit_Whitepaper_v3.0.0.pdf

MYBの特徴や目指しているもの

MYB(マイビットトークン)はMyBitという分散型プラットフォーム上で使われるトークンです。IoTデバイスへの投資をトラストレスに(第三者を信頼する必要なく)行うためのイーサリアムベースのトークンであり、ユーザーはMyBitを通じてIoT資産(デバイス)に出資します。IoT資産が利益を生んだ場合、出資額に応じて報酬を受け取ります。

MyBitは株式や投資ファンドに変わる新たな投資を実現するプラットフォームであり、安い手数料、即時に受け取れる報酬で差別化を図っています。

IoTとは

IoTとは、簡単に言えば、ありとあらゆるものをインターネットに接続し、日常生活の利便性や安全性を向上させるという概念のことです。今まではインターネットに接続するものといえばパソコン、スマートフォン、タブレット端末でしたが、IoTの概念下ではありとあらゆるものをインターネットに接続します。

例えば、サイネックス株式会社は、トイレに後付けできる健康分析デバイス「トイレかんたんチェック」をリリースしています。

このデバイスは便器内のセンサー、便器外のゲートウェイ機器、スマートフォンアプリから成り立っています。ユーザーの尿をセンサーが解析し、そのデータはゲートウェイ機器を通じてスマートフォンアプリに送られる、という仕組みになっています。

排泄から結果送信までにかかる時間は約1分と、非常に高速です。これまで見えなかった健康データをかんたんに可視化できるサービスであり、生活習慣病の予防や早期発見などに役立ちます。

これはIoTのほんの一例に過ぎません。IoTは健康管理、流通、防犯、スマートシティなど、様々な分野で導入の検討・実施が進められています。IoT市場は日本でも世界でも急速に拡大しており、世界市場は2020年には約1兆3800億円にまで拡大する見通しです(ITR調べ)。

IoTへの投資はなぜ難しい?

IoTは将来有望な分野ですが、この分野に投資するのは簡単なことではありません。IoT分野に投資するためには株式やファンドを買う必要がありますが、これは面倒ですし(特に海外の場合は)、手数料もかかります。第3者に一度資金を預けるため、安全性の観点から見ても問題があります。

MYBはこうしたIoT分野への投資の難しさ、デメリットを減らすためのソリューションです。

MyBitプラットフォーム上でできること

MyBitは、IoT資産に投資するためのプラットフォームです。IoT資産を取り扱う企業は、MyBit上にそれを登録して投資を募ります。ユーザーは登録された情報をもとに出資を行います。

出資額が予め定められた金額に達した場合、その企業はIoT資産を用いた事業を行います。それが利益を生んだ場合、投資家は出資額に応じて報酬を受け取ります。目標額に達しなかった場合は返金されます。

この仕組みのもとでは、ユーザーは証券会社などの第三者を解することがなくなるため、資産をいつでも自分の支配下に置けます。第三者の介入がないため手数料もかからず、より多くの利益を得られます。個人投資家にも機関投資家にもより多くの機会を提供するこの仕組みは、すべてのステークホルダーにとって優位に働きます。

投資家保護の仕組み

実現可能性の低いプロジェクトや虚偽の記載を防ぐため、MyBitチームはIoTデバイスを開発する企業の経営状況や将来性、あるいはデバイス自体の性能などを精査する予定です。チームが安全だと認めたものだけを投資の対象とすることによって、投資家を保護します。

また、企業が調達した資金を不正に使わないための監視も行います。調達された資金は自動的にハードウェアインストーラ/製造業者に送られます。

筆者が考えるMYBの今後の将来性

現時点では、なかなか将来性があると考えています。投資とブロックチェーンプラットフォームを組み合わせたプロジェクトは多いですが、MYBはIoTに特化することによってそれらとの差別化を果たしています。IoT分野が将来有望なことは知っているけれど、実際に投資するのが難しすぎて躊躇しているという投資家の強い味方になる可能性があり、そうした人たちを取り込むことができれば、MYBの価格も上昇することでしょう。

MYBが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用してください。

MYBが購入できる海外の取引所一覧

  • HitBTC
  • LATOKEN
  • ForkDelta
0 0

この記事の共有はここから