MYBの特徴や将来性、MYBが購入できるおすすめの取引所

MYBの特徴・将来性・問題点を解説

MYBの概要

通貨名称 MYB
最大発行数 約281万枚
公開日 2017年2月
公式サイト https://mybit.io/
ホワイトペーパー https://files.mybit.io/files/MyBit_Whitepaper_v3.0.0.pdf

MYBの特徴や目指しているもの

MYBは、分散型プラットフォーム「MyBit」で使われるトークンです。ユーザーはMyBitを通じてIoT資産(デバイス)に出資、IoT資産が利益を生むと、出資額に応じた報酬を受け取れます。

MyBitは株式や投資ファンドに変わる新たな投資を実現するプラットフォームであり、安い手数料、即時に受け取れる報酬で差別化を図っています。

IoTへの投資はなぜ難しい?

将来有望な分野と見られているIoTですが、投資するのは簡単なことではありません。IoTに投資するためには株式やファンドを買う必要がありますが、IoTを専業にしている企業は存在しないため資金効率に劣り、手数料もかかります。また、第三者に資金を預けるため、安全性の観点から見ても問題があります。

MYBはこうしたIoT分野への投資の難しさやデメリットを減らすためのソリューションです。

MyBitプラットフォーム上でできること

MyBitは、IoT資産に投資するためのプラットフォームです。IoT資産を取り扱う企業は、MyBit上にそれを登録して投資を募ります。ユーザーは登録された情報をもとに出資を行います。

出資額が予め定められた金額に達した場合、その企業はIoT資産を用いた事業を行います。それが利益を生んだ場合、投資家は出資額に応じて報酬を受け取ります。目標額に達しなかった場合は返金されます。

この仕組みのもとでは、ユーザーは証券会社などの第三者を解することがなくなるため、資産をいつでも自分の支配下に置けます。第三者の介入がないため手数料もかからず、より多くの利益を得られます。個人投資家にも機関投資家にもより多くの機会を提供するこの仕組みは、すべてのステークホルダーにとって優位に働きます。

筆者が考えるMYBの今後の将来性

現時点では、なかなか将来性があると考えています。投資とブロックチェーンプラットフォームを組み合わせたプロジェクトは多いですが、MYBはIoTに特化することによってそれらとの差別化を果たしています。

IoT分野に投資したくても、実際に投資するのが難しくて躊躇しているという投資家の強い味方になる可能性があり、そうした人たちを取り込むことができれば、MYBの価格も上昇することでしょう。

MYBが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用してください。

MYBが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから