仮想通貨MTNCとは?特徴や安全性、今後の将来性を解説

仮想通貨MTNCとは?特徴・安全性・将来性を解説

MTNCの概要

通貨名称 MTNC(Masternodecoin)
最大発行数 1億枚
公開日 2017年9月
公式サイト
ホワイトペーパー

MTNCの特徴や目指しているもの

MTNC(Masternodecoin/マスターノードコイン)は、プライベートな取引のための仮想通貨です。静的な報酬制度、プライベートセンドの導入とプライバシー保護が大きな特徴です。

仮想通貨の「ノード」の仕組み

仮想通貨の世界において、大きな役割を果たすのが「ノード」という存在です。ノードとは簡単に言えば「ネットワークの結節点」のことです。

例えば、複数のコンピュータを複数の回線で互いにつなぎ合わせたネットワークがあるとします。この場合、ネットワークに接続されたコンピュータが「ノード」になります。一方、ノードとノードを接続する回線は「エッジ」と呼ばれます。

ネットワーク上に接続されるノードにはパソコン、スマートフォン、サーバーなどがあります。

仮想通貨ではこのノードがネットワークの安全性、健全性を保ちます。世の中には多数のノードが存在しているので、そのうちの一部がダウンしても、全体は安全かつ健全に保たれるというわけです。MTNCもこのノードの仕組みを採用することによって、全体の安全性、健全性を確保しています。

静的報酬制度とは

静的報酬制度とは、MTNCが採用している報酬制度のことです。MTNCの仕組みのもとでは、各ユーザーはネットワークに対してコンピュータ、すなわち計算能力をノードとして提供し、その見返りとして報酬を受け取ります。

報酬は提供したノードのアクティブ度に比例します。ネットワークに対して多大な貢献をしたノードに対しては、多くの報酬が支払われます。一方、ネットワークに貢献をしていないノードに対しては、少ししか支払われません。この仕組みがあるため、多くのノードの保有者は積極的に貢献をしようとし、その結果ネットワーク全体の安全性が保たれるわけです。

MTNCはこれに加えてさらに、大規模な保有者に対してインセンティブを与えます。大量のMTNCを保有していると、プライベートセンドという先進的な機能を提供するためのマスターノードになれるのです。マスターノードは通常のノードよりもさらに大きな役割を果たし、その見返りとして多くの報酬を受け取るノードのことです。

プライベートセンドの実現

プライベートセンドとは、文字通りprivateなSend,すなわち匿名性のある送金機能のことです。MTNCを保管するウォレット(電子的な財布)には、中のコインを別のコインであるように認識する機能が備わっています。

この機能があるため、第三者はMTNCがどのような経路で取引をされてきたかを知ることはできません。これによって履歴が隠され、その結果、取引が秘匿されるというシステムです。運営がこれらの情報を収集することもありません。

なお、このプライベートセンドというシステムは、他のいくつかの仮想通貨でも採用されています。その代表格とも言えるのがDASHです。DASHはかつては仮想通貨時価総額ランキングでトップ10に入ったこともある人気匿名通貨で、現在も12位と高い位置をキープしています。

公式サイトの消滅

2018年11月4日時点で、MTNCの公式サイトは存在しません。過去には確かにあったのですが、開発チームがページごと消去してしまったようです。ただし、開発自体はストップしているわけではないようで、公式Twitter上では時折情報が更新されています。アップデートの報告なども行われているため、気になる方は時折確認するといいでしょう。

筆者が考えるMTNCの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じません。プライベートセンドという機能自体はたしかに魅力的なのですが、それが目的ならばDASHを使えばいいだけの話だからです。公式サイトが消失した、というのも怪しいです。

MTNCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

MTNCが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから