MONA(モナコイン)の使い道、今後の将来性を詳しく解説!

MONAの今後の将来性

モナコインの概要

通貨名称 モナコイン(Mona)
最大発行数 1億512万枚
公開日 2014年1月10日
公式サイト https://monacoin.org/
ホワイトペーパー

モナコインの特徴や目指しているもの

モナコインは2014年1月にリリースされた、日本初の国産通貨です。大型掲示板の2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)で有名なアスキーアート(文字や記号を組み合わせて作ったキャラクター)であるモナーをモチーフとしています。

その経緯からネタコイン扱いされることも珍しくありませんが、実は仮想通貨では初めてSegwitを導入したり、ビットコインとのアトミックスワップ(取引所の仲介無しで仮想通貨を交換する仕組み)に成功したりと、技術力は非常に高いです。

そもそもモナーって何者?

モナーはあめぞう、もしくはあやしいわーるどというWebサイトで誕生し、その後2ちゃんねるで爆発的に広まったといわれているアスキーアートです。

猫にも熊にも見える謎の多い容姿をしており、体型は小太り。初期には議論が荒れたときに「オマエモナー(お前らも暇なやつだなあ)」というセリフを吐いて和ませるキャラクターでした。その後知名度が上がるに従って様々なキャラクター描写がなされるようになりましたが、基本的には温厚な人(?)物として書かれることが多いようです。

モナコインの仕組み

MONAはもともとライトコインから派生した仮想通貨であり、基本的な特徴もライトコインと似ています。ライトコインとモナコインの特徴を比較した表を御覧ください。

モナコイン ライトコイン
ブロック生成時間 1.5分 2.5分
総発行枚数 1億512万枚 8400万枚
Segwit 実施済 実施済

モナコインのほうがブロック生成スピードがやや早く、総発行枚数はやや多いですが、両者の間にそこまで大きな差があるわけではありません。ただ、モナコインは日本で独自に発達しているため、こうした表では現れにくい特徴がいくつかあります。

モナコインのコミュニティの強さ

モナコインの特徴としてよく挙げられるのがコミュニティの強さです。誰に命令されるでもなく出来上がり、成長していくコミュニティの後押しは非常に強力です。

モナコインの代表的なコミュニティは以下のとおりです。

MONA!JAPAN:モナコインに関するブログ記事や動画などを集めたポータルサイト
Ask Mona:掲示板形式でモナコインをやり取りするサイト
Monappy:モナコインのオンラインウォレット兼ポータルサイト。2018年7月31日閉鎖予定

また、コミュニティの発展とともに、モナコインが使える店舗も徐々にではありますが増えてきています。ビットコインモールやパソコンショップarkなどの通販サイトのほか、実店舗でも導入が進められています。モナコインが使える実店舗は以下のサイトで確認できます。
参考:https://monazon.jp/shops

世界で初めてSegwitを導入したモナコイン

モナコインは最も早くSegwitを導入した仮想通貨として知られています。Segwitとは、トランザクション(個別の取引)のデータサイズを圧縮することによって、1つのブロックに格納できるトランザクション数を増やす技術のことです。現時点ではライトコインやビットコインにも搭載されたSegwitですが、これを初めて実装したことからもモナコインの技術力の高さが伺えます。
》Segwitについて詳しく知りたい方はこちら

モナコインに出資している企業一覧

モナコインに出資している企業は特にないようです。

モナコインの半減期予定

モナコインの半減期は105万1200ブロックごと、時間に直せば約3年に1回の間隔で訪れます。ビットコインやライトコインが4年に1回であるのと比べると、やや短い間隔ですね。直近の半減期が2017年7月16日でしたので、次の半減期は2020年7月頃になるものと思われます(多少前後することがあるので注意しましょう)。

筆者が考えるモナコインの今後の将来性

現時点では判断が難しいです。コミュニティの強力さと技術力の高さは間違いなく評価に値しますが、技術力が優秀だからといって必ずしも普及するわけではないのが難しいところです。

国内には強力なコミュニティがあるモナコインですが、海外ではそれほど人気があるわけでもなく、海外投資家からすれば数多のアルトコインの一種に過ぎません。決済以外の機能が特にあるわけでもないですし、現状では上がりすぎている感は否めません。

国内でMONAが安く購入できるおすすめの取引所

仮想通貨取引Zaif

運営会社名 テックビューロ株式会社

▼ 取扱仮想通貨一覧 ▼

ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュザイフカウンターパーティービットクリスタルストレージコインエックスフィスココインカイカコインネクスコインコムサペペキャッシュゼン

取引高 3827.79億円
口座開設に必要な書類 身分証明書(免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
法人名義での登録 可能

現状、日本の仮想通貨取引所でモナコインを取り扱っていおすすめ取引所はZaifです。Zaifはモナコイン以外にも、他の取引所では見かけず、時価総額も低い、いわば伸びしろのあるトークンを複数取り扱っています。モナコインを含めたややマイナーなトークンへの投資を考えている方には、Zaifがおすすめです。

0 0

この記事の共有はここから