MNXの主な使い道や今後の将来性とMNXが購入できるおすすめの取引所

MNXの使い道・将来性・取引所を解説

MNXの概要

通貨名称 MNX(MinexCoin)
最大発行数 1900万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://minexcoin.com/
ホワイトペーパー https://minexcoin.com/html/download/wpeng.pdf

MNXの特徴や目指しているもの

MNX(MinexCoin/マイネックスコイン)は、安定したグローバル決済プラットフォームの「Minexエコシステム」上で動作する仮想通貨です。MNXの流通量は「MinexBank」と呼ばれる独自のアルゴリズムによって制御され、自律的かつ安定的に保たれます。

MNXはボラティリティ(価格変動の激しさ)を抑制する仕組みが組み込まれているため、大きな値上がりは期待しづらい反面、大きな値下がりが起きる可能性も少なく、したがって比較的ローリスクな仮想通貨と言えます。

現状の仮想通貨の問題点

現状、仮想通貨はいくつかの大きな問題を抱えていますが、その中でも特に目立つのはボラティリティの大きさです。ボラティリティの大きさは一攫千金を目指す投機家にとっては有益なものである半面、安定した成長を望む投資家、あるいは決済手段としての役割を重視する企業や一般利用者にとっては厄介なものです。

多くの仮想通貨は価格変動を需給の変化のみに委ねているため、大量の売買を行う投機家の意向が価格に反映されやすく、小口の投資家はそれに翻弄されがちです。一方、MNXには過剰な価格変動を抑える仕組みが組み込まれているため、投資家はより安心して投資ができ、利用者はより安心して決済に使えます。

Minexエコシステムの仕組み

Minexエコシステムは、MNXを使った経済・流通の仕組みの総称です。支払いや銀行、マーケットなどいくつかの機能から成り立っています。

MinexCoinはボラティリティが抑制された支払いシステム

MinexCoinは、低ボラティリティが特徴の仮想通貨「MNX」を用いた支払いシステムです。ボラティリティを自律的に抑制する「MinexBank」という仕組みを採用しているため、価格が安定しやすいのが特徴です。価格の安定はユーザビリティの向上、ひいてはユーザーの増加をもたらします。

利子を受け取るためのMinex Bank Parking

Minex Bank Parkingは、MNXを一定期間預けることによって利息が受け取れるという、銀行の定期預金のようなサービスです。ユーザーはウォレットに入れたMNXを一時的にロックすることによって、一定期間経過後に利息を受け取れます。MNXをロックするユーザーが増えると、市場に流通するMNXの量は少なくなります。流通量が少なくなれば、その分価格は下落しづらくなります。

また、Minex Bankは独自の準備金を用いて為替に介入します。流通量が多くなりすぎた場合は市場からMNXを買い上げて流通量を減らし、逆の場合はMNXを売って流通量を増やします。法定通貨ではこのような仕組みをそれぞれ買いオペ・売りオペといい、その役割は中央銀行が担っていますが、MinexBankはそれを自動的に行います。

Minexマーケット

Minexマーケットは、商品を売買するための取引プラットフォームです。言ってみればAmazonのようなものです。Minexマーケットでは、売り手も買い手も安全に取引ができます。Minex専用のデビットカードを利用すれば、更に取引は安全になります。利用時の手数料も非常に安価で、使いやすいプラットフォームです。

筆者が考えるMNXの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性はあると考えています。仮想通貨のボラティリティを自律的に抑制するというのは、短期的に大きな利益を得たいと考えている投機家にとっては不利な仕組みですが、長期的に見れば普及しやすい仕組みと言えます。Twitter公式も頻繁に活動していますし、分散投資の投資先の1つとしては良いかもしれません。

MNXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

MNXが購入できる海外の取引所一覧

  • HitBTC
  • Livecoin
  • EXMO
0 0

この記事の共有はここから