仮想通貨MKRとは?MKRの特徴や使い道と購入できるおすすめ取引所

MKRの特徴・使い道・購入できる取引所

MKRの概要

通貨名称 MKR(Maker)
最大発行数 100万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://makerdao.com/
ホワイトペーパー

MKRの特徴や目指しているもの

MKR(Maker/メイカー)は、ドルペッグ通貨(ドルと連動する通貨)であるDAIの価格調整を行うための仮想通貨です。DAIは従来のペッグ通貨と比べて分散性が高く、特定の機関や少数の人間に左右されない仕組みを確立しています。

あくまでもDAIを支える影武者的な存在のMKRではありますが、その時価総額はすでにDAIを数倍引き離しており、市場で高く評価されていることが伺えます。

ペッグ通貨の仕組みと意義

ペッグ通貨とは、他の通貨に価格が連動するように設計された仮想通貨のことです。例えばドルと連動するものは「ドルペッグ通貨」、円と連動するものは「円ペッグ通貨」と呼ばれます(ビットコインなどの仮想通貨と連動するものもありますが、ここでは無視します)。ドルペッグ通貨であるDAIのレートは、常に1DAI≒1ドルとなります(常に1DAI=1ドルになるわけではありませんが、それに極めて近い金額になります)。

ペッグ通貨のメリットは、仮想通貨の安全性・高速送金と、法定通貨の価格の安定性を両立できることです。

ビットコインを始めとする仮想通貨は、銀行などを介さないため、法定通貨と比べて圧倒的に安全かつ高速に送れるというメリットからある程度広まりました。一方で法定通貨と比べるとボラティリティ(価格変動率)が極端に高いというデメリットをなかなか解決できず、それがさらなる普及を阻んでいました。

しかし、ペッグ通貨は価格が安定した法定通貨と連動するように価格が動くため、ボラティリティは抑制されます。それでいて仮想通貨のメリットである安全性や高速送金はしっかりと享受できるため、法定通貨と仮想通貨のメリットを両取りできます。

ペッグ通貨につきまとうリスク

上記の通り、何かとメリットが大きいペッグ通貨ですが、一方でDAIよりも前に公開されてきたペッグ通貨はその発行元が信頼しづらく、それゆえに使いづらいという欠点もありました。

例えば、現在最も多く使われているドルペッグ通貨の「Tether」は、発行元であるテザー社がTetherの発行額と同等のドルを準備金としてプールすることによって価値を担保するという仕組みになっています。

しかし、Tetherの発行ペースがあまりにも早いことから、「実は準備金をプールしていないのでは?」と疑われるようになってしまいました。また、同時期には大量に発行したTetherを使ってビットコインの価格を釣り上げているという疑念も生まれました。

テザー社はこれらの疑惑に対して内部調査を行うだけに留めたり、監査法人フリードマンLLPとの契約を打ち切ったりするなどの怪しい動きを見せたため、疑惑はかえって深刻化。ペッグ通貨であるにもかかわらずドルに対して下落してしまいました(現在は回復)。

一方、DAIは同じペッグ通貨ではありますが、分散型の仕組みを採用することによって、こうした疑惑が生まれないように努めています。その仕組みの中に組み込まれているのがMKRです。

DAIとMKR、それぞれの役割

DAIとMKRは2つで1つと言えるほど密接な関係にあります。ドルと直接ペッグされるのはDAIだけであり、MKRはCDPsというスマートコントラクトによってDAIの価値を担保しています。

スマートコントクラクトとは、契約を自動化できる機能のことです。予め契約の内容と、その契約が履行される条件を定めておくと、その条件が満たされた時にその内容通りに実行されるという仕組みになっています。
》スマートコントラクトの解説記事はこちら

CDPsの仕組みのもとでは、誰もがDAIを発行できます。その際にはイーサリアム(ETH)を準備金として預けます。すると、その金額に応じたDAIが受け取れますが、イーサリアムはロックされ引き出せなくなります。ロックしたイーサリアムを取り出したいときは、DAIを預け入れます。現時点ではイーサリアムのみの対応となっていますが、将来的にはOMG(OmiseGo)など他の通貨も受け入れる予定とのことです。

Tetherの準備金は「テザー社がプールしている(とされている)ドル」であるのに対して、DAIの準備金は「個々人が預け入れたイーサリアム」であるといえます。DAIのほうがはるかに分散性が高いです。

イーサリアムが預け入れられない限り、勝手にDAIが発行されることはないので、テザー社の仕組みよりもずっと信頼できると言えます。

ただ、上記のような仕組みを採用していても、市場ではDAIとドルの価格が連動しなくなってしまうことがあります。そうしたときにはMKRのTRFM(Target Rate Feedback Mechanism:目標レートフィードバックシステム)という機能によって価格が調整されます。

また、MKRはDAIの方向性を決める投票権としても機能します。DAIとMKRを用いたペッグの仕組み、あるいはTRFMは優れたシステムではありますが完璧なものではなく、さらに改善していく必要があります。どのように改善していくかは、MKRの保有者による投票によって決められます。MKRを保有していれば、DAIの方向性をある程度決められる、ともいえます。

仮に1つの企業や個人がMKRを独占してしまえば分散型の仕組みにも影響が及びますが、現時点でMKRの時価総額は380億円を超えており独占が難しい上、そんなことをしたらMKRが暴落して大損を被ることになるので、する企業はおそらくいないでしょう。

MKRの時価総額はDAIの約5倍

個々までお読みいただいた方はすでにおわかりのことかと思いますが、MKRはあくまでもDAIを支えるサポート役に過ぎません。

にもかかわらず、MKRの時価総額は2018年12月30日現在で約383億円と非常に高く、仮想通貨全体の時価総額ランキングでも19位に入っています。一方、本来は主役であるはずのDAIの時価総額は約76億円で、時価総額ランキングは58位です。

DAIは本当にペッグされている?

多少のレート変動はありますが、概ね1DAI≒1ドルの範囲に収まっています。リンク先のグラフをご覧になっていただけるとわかりますが、誕生直後は価格変動がやや大きかったものの、2018年3月以降は1DAI=0.97~1.03ドルの範囲に収まっています。テザーも概ね同じようなグラフになっていますが……。

筆者が考えるMKRの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性があると考えています。MKRの価格は長期的にはDAIの信頼性に左右されることになるかと思いますが、前述の通りMKRはTetherと比べて信頼できるシステムを採用しており、長期的にはこちらのユーザーが増えるのではないかと思います。

なお、言うまでもないことかと思いますが、DAIはドルペッグ通貨であり、法定通貨に対する価格変動は殆どないので、投資の対象とはまずなりえません。送金手段としてはかなり便利ではありますが。

MKRが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

MKRが購入できる海外の取引所一覧

  • HitBTC
  • BancorNetwork
  • OKEx
0 0

この記事の共有はここから