MIRの特徴や将来性、MIRが購入できるおすすめの取引所

MIR

MIRの概要

通貨名称 MIR
最大発行数 130億枚
公開日 2018年10月
公式サイト http://www.mircoin.io/
ホワイトペーパー

MIRの特徴や目指しているもの

MIRは、ビットコインに代わって日常生活での利用を想定して作られた韓国発の仮想通貨です。その特性から、提携企業を着実に増やしています。

ビットコインは意外と日常で使いづらい?

仮想通貨の中では時価総額、知名度ともに最も高いと思われるビットコイン。他の仮想通貨の名前は聞いたこともないけれど、ビットコインだけはなんとなく知っている、という人も少なくないでしょう。ですがこのビットコイン、日常的な決済には意外と向いていません。

トランザクションの遅さとアルトコインの広がり

ビットコインの日常的な利用を妨げるのが、トランザクションの遅さです。ビットコインは送金作業を行ってからそれが完了するまでに概ね1時間程度かかるとされています。これでは日常的な決済にはとても使えません(レジで1時間待たされて怒らないという人はまずいないでしょう)。ビットコインの開発者もこの問題を解決するための技術を導入しようとしてはいるのですが、この取組は現状成功しているとは言えません。

最近は、このようなビットコインを尻目に、より日常生活で使いやすい仮想通貨の開発も進められています。有名なところではライトコインやモナコインなどは比較的送金時間が早いですが、MIRはそれ以上に送金時間が早く、日常的な決済にも耐えうるものです。

MIR PAYとは

MIR PAYとは、MIRを組み込んだ決済システムです。日常的な買い物の支払いや、提携しているTaxi Kingでの支払いに使えます。企業がこの仕組に参加すればするほど、MIRはより便利で、様々な場所で使える通貨になります。MIRで支払いを行うと、5%のキャッシュバックがつくので、普通に買い物をするよりもお得です。

将来的には航空サービス、電気自動車の充電、オンラインショッピングモールなどでの導入も検討されています。

筆者が考えるMIRの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。利用が韓国国内に限られていることから、大きな値上がりは期待できないでしょう。正直、他に良いプロジェクトが他にもたくさんあるのに、わざわざMIRに投資するメリットは感じられません。

MIRが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

MIRが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから