MFTの特徴や将来性、MFTが購入できるおすすめの取引所

MFTの特徴と将来性について解説

MFTの概要

通貨名称 MFT
最大発行数 100億枚
公開日 2018年7月
公式サイト https://mainframe.com/
ホワイトペーパー https://mainframe.docsend.com/view/j39qpui

MFTの特徴や目指しているもの

MFTは、分散型アプリケーションのためのプラットフォーム「Mainframe」上で使用されるトークンです。Mainframeはハッキングや検閲に体制を持ち、政府や企業、ハッカーなどの監視・攻撃から実を守るためのツールです。

Mainframeの5つの基本原則

Mainframeは、(1)第三者が情報を解読できなくする「暗号化」(2)データの送受信を匿名化する「ダークルーティング」(3)コンピュータ同士が直接つながる「P2Pアーキテクスチャ」(4)異なるプログラムの間でデータの送受信やファイルの読み書きができる「相互運用性」(5)参加者を増やすための魅力的な「インセンティブ」の5つを重視して開発されています。

イーサリアム開発チームとの連携

Mainframeはイーサリアム開発チームと密接に協力しています。イーサリアムはMainframeと同じ分散型アプリケーションのためのプラットフォームで、Mainframeから見れば先輩に当たる存在です。

筆者が考えるMFTの今後の将来性

現時点では、なかなかに将来性があると考えています。分散型アプリケーションのためのプラットフォームは他にも多数存在しますが(前述のイーサリアムもそうです)、検閲・ハッキング耐性に重点を置いていることが差別化点となっています。

すでにアプリケーションが稼働しているというのも優秀です。もちろん、まだ始動したばかりのプロジェクトであり、過度な期待は禁物ですが、他の大多数のプロジェクトよりは見込みがあります。

MFTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

MFTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから