MCRNの今後の目標は?MCRNの特徴や将来性まとめ

MCRNの特徴・将来性まとめ

MCRNの概要

通貨名称 MCRN(MACRON)
最大発行数 約4億1042万枚
公開日 2017年3月
公式サイト https://macron.name/
ホワイトペーパー

MCRNの特徴や目指しているもの

MCRN(マクロン)は、Cryptopiaでの安全なICO(イニシャル・コイン・オファリング)を可能にするための仮想通貨です。開発元がMCRNを販売して得た資金は、ニュージーランドの大手仮想通貨取引所であるCryptopia(クリプトピア)の株式の購入に使われます。将来はCryptopiaの大株主になることによって、Cryptopiaをより投資家の意に沿ったものにする予定です。

ICOの仕組みと問題点

ICOとは、企業やプロジェクトがトークンを販売して資金を調達し、その資金を用いてサービスの開発などを行う仕組みのことです。証券取引所に新規上場した株式会社が株式を販売して資金を調達するIPOに似ていますが、ICOはそれよりも遥かに実施のハードルが低く、それでいて成功時には大きな利益を得られることから、近年注目を集めています。MCRNの開発元も、ICOによって資金を集めました。

一方で、ICOには欠点もあります。実施しやすいということは言いかえれば、欠点の多い企業やプロジェクトでも簡単に実施できてしまうということでもあります。ICOは新しい概念のため十分な法規制や投資家保護が行われておらず、現状では投資家にとってはハイリスクハイリターンな存在になってしまっています。MCRNはこうした現状を変え、ICOのリスクを下げるためのプロジェクトツールと言えます。

MCRNの最終目標はCryptopiaの支配

MCRNの最終的な目標は、Cryptopiaを支配することです。Cryptopiaはニュージーランドの仮想通貨取引所で、500種類以上の銘柄を取り扱っています。取扱銘柄数に関しては世界トップクラスであり、大手取引所には上場されていない、時価総額の低い草コインで大きな利益を狙う投資家から特に人気があります。

MCRNはICOで得た収益を、Cryptopiaの株式購入に当てています。最終的には自らが大株主となりCryptopiaを支配し、そこをより優良なICOの開催地にしようと考えています。

投資家はMRCNを使って取引をしたり、特定のサイトで商品を買ったり、ゲームを遊んだりできるようになる予定です(現時点では未実装)。

コンセンサスアルゴリズムにはPoSを採用

MCRNはコンセンサスアルゴリズムにPoS(Proof of Stake)を採用しています。コンセンサスアルゴリズムは、ブロックチェーンに誰が記帳するか(誰がブロックを生成するか)についてまとめたルールです。この一連の行為をマイニング、それを行う人をマイナーといいます。代表的なものはPoW(Proof of Work)とPoSです。

PoWは計算競争に勝利した人が記帳を行い(ブロックを生成し)、その見返りとして報酬を受け取る仕組みです。ハッキング耐性に優れ、通貨の流動性を確保できる反面、電力消費量が多く、マイニングの寡占化を招きやすいという欠点もあります。

一方、PoSは通貨保有量に応じてマイニングが振り分けられる仕組みです。通貨保有量が多いほど、マイニングできる確率は高まります。電力消費量が少なく、マイニングの寡占化を招きづらいことから、昨今注目を集めています。PoWはそこまで大きな流動性を必要としないことから、PoSを選択したようです。

MACRONの名前の由来は?

MACRONという仮想通貨の名称は、第25代フランス大統領のエマニュエル・マクロンから来ています。マクロン氏は元銀行員の政治家であり、2016年には政党「En Marche(共和国前進)」を立ち上げています。

筆者が考えるMCRNの今後の将来性

現時点では、判断が難しいところです。ICOに安心して参加できるためのプラットフォームは多くの投資家が待ち望んでいるものだとは思いますが、そうしたプロジェクトは他にも多数存在しており、MCRNがそれらと比べて明確に優位であるようには見えません。
リスクは高く、お試し買い以上のことをするのはおすすめしません。

MCRNが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

MCRNが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Yobit
0 0

この記事の共有はここから