MCOの特徴やチャートで見る将来性、MCOが購入できるおすすめの取引所

MCOの今後の将来性

MCO(MONACO/モナコ)の概要

通貨名称 MCO(MONACO/モナコ)
最大発行数 約3159万枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://mona.co/
ホワイトペーパー https://bravenewcoin.com/assets/Whitepapers/monaco-whitepaper.pdf

MCOの特徴や目指しているもの

MCO(モナコ)はVISAと提携している、香港に拠点を置くクレジットカード会社「Monaco」が発行しているデビッドカードで使われる仮想通貨です。ERC20トークンでもあるので、他のERC20トークンをお持ちの方は同じウォレットを利用することも可能です。ICOの際にも投資家が参加しやすいというメリットもあります。

MCOの仕組み

MCOは法定通貨や仮想通貨の保有、両替、使用といったことができます。アカウントの作成は無料。モナコカードという物理的なカードがありますので、クレジットカードを持つ感覚で利用することができます。

カードは4種類あり、「ミッドナイトブルー」、「ルビースチール」、「プレシャスメタル」、「オブシディアンブラック」となります。それぞれの特徴は以下の通りです。

ミッドナイトブルー ルビースチール プレシャスメタル オブシディアンブラック
発行条件 なし 50MCOを購入し、6ヶ月間保有すること 500MCOを購入し、6ヶ月間保有すること 50,000MCOを購入し、6ヶ月間保有すること
銀行間取引レートの上限 2,000ドル 4,000ドル 10,000ドル 上限なし
ATMからの無料引き出し上限 200ドル 400ドル 800ドル 400ドル
キャッシュバック × 1% 1.5% 2%
その他 空港のラウンジへアクセスが可能 空港のラウンジへアクセスが可能
999枚しか発行されない、希少なカード

MCOではカードを持っているだけでキャッシュバック機能もあります。ルビースチール以上のカードを持たないとキャッシュバックの恩恵を受けることはできません。(キャッシュバックはMCOで受けます)ルビースチールの発行条件は50MCOを購入して6ヶ月間保有しなければいけないので、まずはミッドナイトブルーからはじめましょう。アカウント作成にお金はかかりません。

専用アプリで利用状況を適切に管理

MCOを利用してお金を使うとすぐにアプリに通知があり、週単位や月単位で予算管理ができて、購入履歴にメモ書きをすることも可能。

マネーフォワードやZAIのような家計簿アプリと同様の機能を兼ね備えている、優れものです。なお、モナコカードの申請はモバイルアプリから行います。

MCOの将来性

筆者はMCOの将来は、よくわからないというのが正直なところです。決済カード系の競合トークンはたくさんあります。CTR(セントラ)やTenX(テンエックス)、TKN(トークンカード)などがあり、今後も増えることが予想されます。クレジットカードもそうですが、どこのカードが一番いいか、というのは一概にきめられません。どの会社と提携しているか、どのポイントと互換性があるかなどはユーザーの属性や好みに大きく左右されるので、差別化が難しい分野です。

MCOはすでにVISAと提携しているのが大きなメリットです。年会費がかからないというのも魅力ですが、同様のことをしてくる競合が増えてくることは明らかです。今後、どのような特徴を持たせて差別化を図っていくのかが大きな課題でしょう。

MCOが日本に上場する可能性

当初の予定では2017年の12月には上場する予定でしたが、2018年4月現在では上場しておりません。もしかしたら近日中に日本の取引所に上場する可能性はありそうです。

MCOが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから