MANAの特徴や将来性、MANAが購入できるおすすめの取引所

MANAの今後の将来性

MANA(Decentraland/ディセントラランド)の概要

通貨名称 MANA(Decentraland/ディセントラランド)
最大発行数 28億枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://decentraland.org/
ホワイトペーパー https://decentraland.org/whitepaper.pdf

MANAの特徴や目指しているもの

MANAは、バーチャル・リアリティ(VR)ゲームプラットフォーム「Decentraland」で流通するトークンであり、Decentraland上のさまざまな取引で利用されるトークンです。

DecentralandとMANAの仕組み

VRゲームプラットフォームとして開発されているDecentralandですが、現在は土地の購入がメインであり、プラットフォーム上でビジネスを興して稼ぐというよりも投資の要素が強く、実際にプロダクトは未リリースのようです。

ロードマップによると、アバターやチャット機能が実装されるのは次の段階のようですが、時期は記載されていません。2018年中には実装されるのでは?と期待したいところです。しかし、プロジェクト自体は2015年からスタートしているようですので、もっと時間がかかる可能性も十分にありそうですね。

MANAはERC20トークン

MANAはERC20トークンなので、ICOでも投資家はERC20対応のウォレットがあれば簡単に購入することができるので、投資家がICOに参加しやすい点も大きなメリットです。ICOで約27億円相当の資金を集めましたが、それはMANAがERC20トークンだったことも少なからず影響しています。

MANAの将来性

MANAの将来には大いに期待したいところです。ゲーム系のアプリはゲーム好きのユーザーと投資家を巻き込むことができます。単純にゲームが面白くてハマってくれるユーザーが増えれば、爆発的に価格が上昇する可能性もあります。

VRゲームという点も強みです。近年、VRの技術は飛躍的に進化しています。調査会社のIDCJAPANによると、2018年には前年比95%増の91億2,000万ドル(1兆305億円)、2021年には1,593億ドル(18兆9奥円)にもなると予測しています。VR市場の拡大に比例して、MANAの成長も期待できます。ただし、市場が拡大するということは、それだけ競合も現れるということ。PDCAをしっかりと回し、アップデートしていかないと厳しいかもしれません。全てはプロダクトの品質にかかっています。

MANAが日本に上場する可能性

MANAが日本の取引所に上場するのはまだ先になりそうです。早くともプロダクトがリリースされるまでは実現しないでしょう。購入の際は手数料の安いバイナンスをはじめ、海外の取引所をご利用ください。

MANAが購入できる海外の取引所一覧

1 0

この記事の共有はここから