ライトコイン(LTC)の今後の将来性とLTCが購入できるおすすめの取引所

LTCの今後の将来性

ライトコインの概要

通貨名称 ライトコイン(LTC)
最大発行数 8400万枚
公開日 2011年10月
公式サイト https://litecoin.org/ja/
ホワイトペーパー

ライトコインの特徴や目指しているもの

ライトコインは、ビットコインの機能を補完するように作られた仮想通貨です。ビットコインよりも発行枚数が多く、承認速度(送金速度)が早いため、日常的に使える決済手段としてはビットコインよりも優秀です。

ライトコイン創始者のチャーリー・リー氏は、ビットコインを金とするならば、ライトコインは銀を目指すと公言しており、基本的な仕組みはビットコインに似ています。現状、1枚あたりの価格はビットコインと比べてだいぶ安いものの、その分価格上昇の余地はより多く残されています。

ビットコインの問題点を解決させたライトコイン

仮想通貨の中では最も時価総額が高いビットコイン。一方で、ビットコインは多数の問題点を抱えていて、中でも特に大きいのが、送金速度の低下と送金手数料の高騰です。どちらもビットコインの決済手段としての実用性を損なう大きな問題ですが、十分な解決には至っていません。

このような問題点はスケーラビリティ問題と呼ばれ、ビットコインの開発者、マイナー、投資家を悩ませる難しい問題です。ライトコインはこうしたスケーラビリティ問題が発生しづらく、しかもビットコインよりも決済手段として実用的である、優秀な仮想通貨です。

スケーラビリティ問題について詳しくは「2018年現在、ビットコイン(BTC)が抱えるいくつかの問題点」にて解説しています。

なぜライトコインではスケーラビリティ問題が起こりづらいのか

簡単に言えば、ブロック生成が早く、なおかつSegwitを導入しているからです。ライトコインの承認速度は2.5分です。分一方、ビットコインの承認速度は10分です。ライトコインのほうが4倍も送金スピードが早いということになります。

ブロックサイズはビットコインと同じ1MBですが、ライトコインは2.5分ごとのトランザクションを1つのブロックにまとめるため、10分ごとのトランザクションを1つにまとめるビットコインよりも実質的にはサイズの余裕があります。サイズの余裕があるということは、言い換えればスケーラビリティ問題が置きづらいということです。

さらにライトコインは、ビットコインに先駆けて、2017年5月にSegwitを導入しています。Segwitとは簡単に言えば、1つあたりのトランザクションのサイズを圧縮することによって、1つのブロックに詰められるトランザクションの数を増やす事です。これもスケーラビリティ問題を解決・予防するための手段です。

ビットコインコミュニティでは2015年頃からSegwit導入について議論されていましたが、関わる人の多さや開発者とマイナーの対立などからなかなか意見がまとまらず、実装されたのはそれから約2年後の2017年8月でした。一方、ライトコインはわずか4ヶ月ほどで実装に至りました。このあたりの機動力は、アルトコインならではの長所と言えます。今後トランザクションが更に増えても、持ち前の機動力ですぐに解決してくれることでしょう。

ビットコインとライトコインの発行枚数・半減期の違い

発行枚数はビットコインが2100万枚に対して、ライトコインは8400万枚です。ライトコインは承認速度が4倍早いぶん、発行枚数も4倍早いのです。そのため、発行が終了するのはビットコインとほぼ同時期の2140年頃になると考えられています。半減期もビットコインと同じく4年に1回程度のペースでやって来ます。

発行枚数が多いと普及しやすい?

ライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏は「ビットコインを金とするならば、ライトコインは銀を目指す」と公言しています。

ビットコインは発行上限量が2100万枚と少なく、希少であることが価値につながっています。実際の金も、希少であることが価値につながっています(希少だからと言う理由だけで成り立っているわけではありませんが)。

一方、ライトコインは発行枚数が8400万枚とビットコインの4倍も多いため、1枚あたりの価値は安くなり、数も多いのでより多くの人に行き渡ります。それが決済手段としての価値に繋がります(多くの人が手に入れられなければ、決済手段として成り立ちません。

ちなみに、ビットコインとライトコインの総発行枚数の割合は1:4ですが、金と銀の埋蔵量(流通しているものも含む)の割合は概ね1:8です。

ライトコインはマイニングでも人気の通貨

ビットコインもライトコインも、ともにマイニングによってその根幹が支えられています。しかし、ライトコインのマイニングは、ビットコインのそれよりも遥かに分散的で、セキュリティ面で優れています。

マイニングとは取引の承認を行うことですが、実際の作業内容は複雑な計算を高速で解く、というものです。最も高速に正しい答えを導き出したコンピュータにマイニングを行う権利が与えられ、マイナーはその見返りとして報酬を受け取ります。

このような仕組みの中でマイナーが効率的に稼ぐためには、高性能なコンピュータを大量に導入しなければなりません。

ビットコインのマイニングは基本的にASICというマイニング専用の高価な集積でしかできません。他の方法を使っても、計算能力でASICに全く太刀打ちできません。個人でそれを行うのは難しいため、必然的に多くの資金を持つマイニンググループがマイニングを寡占することになってしまいます。

少数のマイニンググループによる寡占は分散化の理念にも反しますし、なにより51%攻撃(詳しくは説明しませんが、1つのマイニンググループが51%以上の計算能力を持つことによって発生する大きなリスクのこと)の懸念が生まれます。

一方、ライトコインは、それよりも遥かに安価なGPUという装置でもある程度稼げます。そのため、マイニンググループに属さない個人や小規模な団体などもマイニングに参戦しやすく、それが分散化と安全をもたらします。

ライトペイ終了の歴史

2018年3月下旬、ライトコインを使った決済サービス「ライトペイ」が突如終了しました。ライトペイはライトコイン決済のほか、ライトコインと法定通貨の両替や保管が一体となったサービスで、デビットカードなども発行する予定でした。サービス開始からわずか1ヶ月あまりでの終了に市場はショックを隠せず、ライトコインは大きく下落しました。

チャーリー・リー氏はツイッター上で「他の人々と同様に、私たちはこの出来過ぎた話について過度に沸き立ち、楽観的な考えで数多くの警戒すべき兆候を見落としてしまった。この企業(ライトペイ)の誇大宣伝をしたことについて謝罪するとともに、当社が今後より良いデューデリジェンスを行うことを誓う。」とコメントしています。

あくまでも終了したのはライトコインを利用したサービスであり、ライトコインそのものがだめになったわけではありませんが、誇大宣伝やサービスに問題があったことは間違いありません。今後はより信頼できるサービスの提供に努めてほしいものです。

ライトコインのライバルとなる仮想通貨は?

ライトコインのライバルとみなされることが多いのが、ビットコインキャッシュです。ビットコインキャッシュはビットコインから分裂してできた仮想通貨で、先のスケーラビリティ問題をブロックサイズの拡張(1MB→8MB)によって解決しようとしたものです。

送金スピードはライトコインが2.5分に比べてビットコインキャッシュは10分ですが、ビットコンキャッシュは取引数が増大しても非常に安い(概ね1円以下)手数料を保てるのが大きな強みです。

ライトコインの手数料は安いとはいえ30円前後かかるため、手数料を気にするならばビットコインキャッシュのほうが上ということになります。

また、ビットコインの名を冠しているビットコインキャッシュは、ブランド力という点でも有利です。ライトコインも比較的有名な仮想通貨ではありますが、ほとんど報道されることがないため、どうしても知名度では劣ります。

現時点ではどちらか一方が時価総額や技術で抜きん出ているわけではなく、このライバル関係は暫く続くことでしょう。

ライトコインの創始者について

ライトコインの創始者は元Google社員の中国人、チャーリー・リー氏です。ビットコインの創始者であるナカモトサトシ氏の正体が全く不明であるのに対して、チャーリー・リー氏は氏名、国籍、経歴などが全て明らかにされています。

チャーリー・リー氏は「価格等についてツイートすると、個人的利益のためにそうしているのではないかと責められる。中には私がLTCの売りを仕掛けているというものさえいる。私は大きな影響力を持っているので、ある意味においては、ライトコインを保有しながらそれについてツイートするのは利益相反の状態にある」と発言しており、2017年12月に保有していたライトコインをすべて売却しました。

ライトコインについて発言をするのは価格操作のためではないと知らしめたいという思いがあったようです。一方でライトコインの開発については引き続き積極的な姿勢を見せているため、その点に関しては心配なさそうです。

ライトコインに出資している企業一覧

ライトコインの出資者は不明です。

ライトコインを推している著名人

前述のチャーリー・リー氏はライトコインの創始者であり、最もライトコインを強烈に推している有名人と言えます。自身の保有分も売却して身軽になったことですし、今後はより開発に精進してもらいたいものです。

ライトコインの半減期予定

ライトコインの半減期は前述の通り約4年に1回のペースで訪れます。次の半減期は2019年夏頃の予定で、それに伴いマイニング報酬が25LTCから12.5LTCに削減されます。

筆者が考えるライトコインの今後の将来性

現時点では判断が難しいものの、しばらくはゆっくりと成長していくのではないかと考えられます。ビットコインキャッシュは難敵ですが、ライトコインもライトニング・ネットワーク(超格安で送金できる技術)などの導入が検討されており、それに勝てる見込みは十分にあります。

米国のクレジットカード決済サービス会社「Aliant Payment System」がライトコイン財団への公式パートナーとなるなど、実用面でも明るい材料があります。

一方で、現状ではビットコインと機能的にそこまで大きな差がないのは気がかりです。送金スピードはたしかにビットコインよりも早くて安いですが、送金スピードが早い仮想通貨は他にもたくさんあります。例えばリップル(XRP)は4秒です。

他の仮想通貨にも高い匿名性やスマートコントラクトと言った個性的な機能、あるいは明確な用途がありますが、ライトコインは世界中で使える決済手段というぼんやりとした目的しかありません。個人的にはライトコインを支持しているので、現時点では比較的優れた知名度を生かしてブランディングを行ってほしいものですが……。

国内でライトコインが安く購入できるおすすめの取引所

bitbankの公式サイトとスマホアプリ

運営会社名 ビットバンク株式会社

▼ 取扱仮想通貨一覧 ▼

ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルライトコインモナコイン

取引高(2018年3月) 613.71億円
口座開設に必要な書類 身分証明書(免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
法人名義での登録 可能

Bitbank.ccは、近年利用者数を急速に伸ばしている仮想通貨取引所です。大手のbitflyerやZaifと比べる取引高は少なめであまり目立ちませんが、ハッキングなどの被害とは無縁で、他社のハッキングの際には自社のセキュリティ向上に関する取り組みを真っ先に公表しているなど、丁寧な運営が特徴です。

取引所形式で6つの通貨が取引できるのも大きな強みであり、手数料を掛けずにライトコインを始めとする複数の仮想通貨を売買したい人にはおすすめです。

0 0

この記事の共有はここから