LOOMの特徴と将来性、LOOMが購入できるおすすめの取引所

LOOMの今後の将来性

LOOM(ルーム)の概要

通貨名称 LOOM(Loom Network)
最大発行数 10億枚
公開日 2018年3月
公式サイト https://loomx.io/
ホワイトペーパー なし

LOOMの特徴や目指しているもの

LOOM(ルーム)は2018年3月に誕生したばかりの、次世代ブロックチェーンプラットフォーム「Loom Network」で使用されるイーサリアムベースのトークンです。Loom Networkは簡単に言えば、ゲームやSNSなどの各種アプリを作るための土台のようなものです。これを利用することによって、開発者は今までよりも遥かに簡単に高性能なアプリが作れるようになります。

イーサリアムの仕組みと欠点

LOOMはイーサリアムベースのトークンです。イーサリアムは分散型アプリケーション(DApps)開発のプラットフォームです。分散型アプリケーションとは、ブロックチェーンに基づいた非中央集権的なアプリケーションに対する総称です。Google PlayやApp Storeのような特定の管理者は存在せず、ただソースのみに従います。また、ユーザーの合意によって、随時問題点は改善されていきます。

特定の管理者が存在しないゆえに不明瞭な理由で一方的にマーケットから削除されることもなく、管理者に支払う手数料がなくなるため、開発者はより多くの収益を受け取れます。

分散型アプリケーション開発のプラットフォームは複数ありますが、その中でも現状最もよく使われているのがイーサリアムです。

イーサリアムの特徴として、スマートコントラクトを採用している事が挙げられます。スマートコントラクトとは、契約を自動化する仕組みのことです。予め契約の内容とそれが実行される条件を定義しておき、その条件を満たすと、自動的に契約が履行されます。

例えば、予め「Aが代金を払ったら、Bは商品を送金する」という契約を定義しておき、それが実行される条件(Aが代金を支払う)が満たされると、自動的にBは商品を送品します。この仕組みは「Aが代金を払わない」「Bが商品を送らない」というリスクを排除できるため、信頼できない他者とも安全に契約ができます。

このように優れた点が多いイーサリアムですが、問題もあります。最大の問題は、分散型アプリケーションの処理能力や速度が低いことです。

イーサリアムでは通常、取引情報とは別に、契約の定義もメインのチェーンのブロックに書き込みます。この仕組みのもとでは度々トランザクションが発生するため、どうしても処理速度は低下してしまいます。イーサリアムの開発側はシャーディングやプラズマといった技術でそれらの解決を図っていますが、未だ根本的な解決には至っていません。

こうした問題を解決するかもしれないのが、LOOM networkというプラットフォームです。

LOOM networkではサイドチェーンがトランザクションを処理する

Loom Networkでは、DAppsチェーンというアプリケーションに特化したサイドチェーンを採用しています。トランザクションの処理をこのサイドチェーンに任せることによって、メインチェーンの負荷を減らし、処理速度を向上させます。サイドチェーン上のトランザクションはメインチェーンと双方向でやり取りできます。

Loom SDKとは

Loom SDKは、Loom Networkで分散型アプリケーションを開発するための開発キットです。イーサリアムはSolidityというあまり知名度の高くない開発言語を採用しており、それゆえに開発のハードルが高いことがネックだったのですが、Loom SDKを使えば、solidityやブロックチェーンにそれほど詳しくない個人でも簡単にアプリケーションが作成できるようになります。

Loom Networkを利用した分散型アプリケーションは、すでに複数公開されています。その中でも代表的なものをいくつか紹介します。

DelegateCall

DelegateCallは、DAppsに関するQ&Aサイトです。Yahoo!知恵袋などと同じような感覚で質問、回答を投稿することができ、その参加度合いに応じてトークンを受け取れます。

CryptoZombies

CryptoZombiesは、イーサリアムの開発に必要なSolidityを学ぶための無料オンラインレッスンです。「Solidityについて何も知らなくても大丈夫」というほどの簡単さが最大の特徴で、指示に従って入力していくだけで、ゲームの作成方法を学べます。

ETHFiddle

ETHFiddleは、Solidityの開発支援サービスです。コードスニペット(プログラミング言語の内、切り貼りして再利用できる汎用性が高い部分)を共有するためのサービスで、利用者が増えるに従って利便性が増していきます。

LOOMのホワイトペーパーと今後の方針

ルームにはホワイトペーパーが存在していません。といっても、手抜きというわけではなく、開発者が意図的にそうしているだけです。

公式サイトには

私たちは開発者の経験に焦点を当てています。私たちのプロジェクトは地域社会でよく知られており、私たちはより大きなブロックチェーン開発コミュニティを豊かにすることに常に取り組んでいます。あなたは私たちを知ることができます。

と書かれています。
回りくどい書き方をしているため少しわかりにくいですが、ようするにもういくつかのDAppsがリリースされており、それですでにLoom Networkの取り組みを十分に周知できるため、ホワイトペーパーは必要ないと判断した、ということです。実際、先ほど紹介したDAppsは通常のアプリと遜色ない形で可動しており、これを見るだけでも十分Loom Networkの有望さはわかります。

筆者が考えるLOOMの今後の将来性

現時点ではなかなか有望そうです。イーサリアム自体の使いづらい点を補完しているというのが非常に優秀ですし、すでに多くのDAppsがリリースされているのも好印象です。ただ、イーサリアムを使いやすくするプラットフォームは他にもある(ZRXなど)点には注意が必要です。

LOOMが日本に上場する可能性

現状では日本に上場する見通しは立っていません。下記の海外の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

LOOMが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Kucoin
0 0

この記事の共有はここから