LOKIの特徴や将来性、LOKIが購入できるおすすめの取引所

LOKI

LOKIの概要

通貨名称 LOKI
最大発行数 3258万枚
公開日 2018年5月
公式サイト https://loki.network/
ホワイトペーパー https://loki.network/wp-content/uploads/2018/08/LokiWhitepaperV3_1.pdf

LOKIの特徴や目指しているもの

LOKIは、通常の仮想通貨よりも匿名性が高い通貨(匿名通貨)の1つです。先発匿名通貨「Monero」をベースに開発されたものであり、より追跡不可能性を高めています。LOKIのプラットフォーム上では様々なアプリケーションが開発可能であり、すでに第一弾アプリ「Loki Messenjer」が公開されています。

LOKIの仕組み

LOKIは、比較的知名度が高い匿名通貨よりも、更に安心して使えることを目的に開発された匿名通貨です。

Moneroをベースにさらに高い匿名性を確保

Moneroは誰がデジタル署名をしたのかわからなくする「リング署名」や複数のアドレスを使い分けることで匿名性を担保する「ステルスアドレス」により高い匿名性を確保していますが、LOKIはこれに加えてサービスノードを活用しています。

サービスノードとは、ブロックチェーンへの記録保持とは別のネットワークを保持するためのノードです。他の仮想通貨で採用されているサイドチェーンの仕組みと似ています。

アプリプラットフォームもリリース済み

LOKI上ではServiceNord Apolication(SNApps)というアプリを自由に開発できるプラットフォームが提供されており、そこではすでに第一弾アプリ「Loki Messenjer」が公開されています。

これは簡単に言えばメッセンジャーツールであり、現状は特に大きな問題もなく使われています。従来のメールサービスなどと比べて匿名性が高く、分散型であるため、特定のサービスに依存しないのが大きなメリットです。

LOKIの将来性

現時点では、あまり期待していません。LOKIの機能自体にはこれといった問題はないのですが、匿名通貨全体の将来性に疑問があるからです。

匿名通貨自体は素晴らしい技術ですが、素晴らしい技術ゆえに悪用されやすいともいえます。例えばマネーロンダリングや違法薬物の売買などと匿名通貨の相性は良好です。このことを鑑みて、政府・国家が匿名通貨への規制を強める(あるいは業界団体等が自主的に規制する)可能性は十分に考えられます。例えば日本の仮想通貨業界団体の「日本仮想通貨交換業協会」は2018年9月12日に自主ルールを公開していますが、その際に「匿名通貨は取り扱わない」というルールを明確化しました。

かつて国内大手取引所のコインチェックではDASHやMonero、Zcashなどが上場されていたのですが、多額流出事件後に取扱いを停止し、現在はどこでも扱っていません。このような動きが各国で進めば、その価値は限定されたものになるでしょう。

LOKIが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

LOKIが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから