LINXの今後は?特徴や使い道、将来性、 購入できる取引所まとめ

LINXの今後・特徴・使い道・取引所まとめ

LINXの概要

通貨名称 LINX
最大発行数 1億枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://mylinx.io/
ホワイトペーパー

LINXの特徴や目指しているもの

LINX(リンクス)は、電子音楽コミュニティ内で使われることを目的に作られた仮想通貨です。アーティスト、音楽プロデューサー、DJ(ディスクジョッキー)などの音楽に関わる人たちのための仮想通貨であり、開発チームは既存の大手音楽ストアでLINXを導入してもらうための活動を展開しています。すでにD3EP.comという英国の音楽ストアで導入されており、さらなる用途の拡大が期待されます。

音楽専用の仮想通貨は音楽家にどのようなメリットをもたらすか?

LINXは電子音楽コミュニティの決済手段を目指す仮想通貨です。基本的な仕組みはビットコインを筆頭とする仮想通貨に似ており、ブロックチェーンがその根幹を支えています。

ならば音楽専用の仮想通貨など作らなくても、ビットコインなどの既存の主要仮想通貨を音楽ストアに組み込めばいいのではないか、と思われるかもしれません。

確かにその考え方も間違いとは言えないのですが、ある見落としがあります。主要な仮想通貨は汎用性を重視して作られているため、音楽業界以外の出来事が原因で価格が急騰・暴落したりする可能性があるのです。

マイニンググループやビットコイン決済を導入する音楽とは関係のない大企業の意向で音楽決済の支払手段が乱高下するのは、音楽業界にとって望ましいことではありません。音楽専用の仮想通貨を用意しておけば、そのようなリスクは低くなります。

高いスケーラビリティと高速認証

LINXはブロックチェーンとPoW(Proof of Work)に支えられる仮想通貨です。PoWは計算競争によってブロックを生成する仕組みであり、ビットコインやライトコインなど、多くの通貨に採用されています。このように類似点の多い両者ですが、LINXはスケーラビリティに優れ、認証スピードも早く、より音楽購入のような少額決済に向いた仮想通貨と言えます。

LINXのブロックサイズは2MBです。これはビットコインの2倍に相当します。ビットコインは取引数に対するブロック容量の不足=スケーラビリティ問題が問題となってきていますが、LINXはそれよりもブロックが大きく、さらにビットコインよりも取引数が多くなりにくい(LINXは音楽関連の決済に特化しているため決済数が急増するとは考えづらい)ため、ブロック容量には余裕があります。

また、ビットコインのブロック生成スピードが10分であるに対して、LINXは1分です。そのため、ビットコインよりも遥かに高速な決済が可能です。ブロック生成スピードが早い仮想通貨は安全性に難点が出ることも多いのですが、LINXは数々の攻撃にも耐えるダークグラビティーウェーブ3という仕組みを採用しているため、安心して使えます。

マイニングのペース

LINXは2030年までに新規発行が終了する見通しです。ビットコインの新規発行が2140年頃まで続く見通しであるのと比べると、かなりそのペースは急であると言えます。発行ペースが急なぶん、市場流通量も急速に増えるため、一時的にインフレを起こす可能性はありますが、次第にそのペースは落ち着いていくはずです。

活発な開発活動

LINXはマイナーな仮想通貨であり、開発チームも大きくはありませんが、優秀な人材が揃っています。前述の通り音楽配信ストアに対して積極的な働きかけを行っており、すでに実績もあります。イギリスの音楽配信ストア「D3EP.com」は決済手段としてLINXを採用するばかりでなく、LINX付きのメッセージ送信機能なども提供しています。DE3P以外にもLINXを採用する音楽配信ストアが増えれば、その価値はますます上昇することでしょう。

また、現在はLinxプラットフォームの開発を進めています。これはLINXのユーザー同士をつなぐ新しいシステムです。開発状況なとは公式サイトのほかツイッターアカウント(URL:https://twitter.com/linXcoin/)でも報告されていますので、気になる方はフォローしておくといいでしょう。

筆者が考えるLINXの今後の将来性

現時点では、なかなか将来性があるのではないかと考えています。開発がきちんと進められており、すでに実際に特定のサイトで採用されているというのは大きな評価点です。これだけで少なくとも全く実体のないプロジェクトではないことがわかります。分散投資先の1つとしては十分検討に値するかと思います。

LINXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを通じて買うといいでしょう。

LINXが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • CoinExchange
0 0

この記事の共有はここから