匿名通貨LINDAは安全なのか?LINDAの今後の将来性を徹底解説

匿名通貨LINDAの安全性・将来性を解説

LINDA(リンダコイン)の概要

通貨名称 LINDA
最大発行数 500億枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://lindacoin.com/
ホワイトペーパー https://lindacoin.com/pdf/Lindacoin-Whitepaper-current-version.pdf

LINDAの特徴や目指しているもの

LINDA(リンダコイン)は2017年に公開された、匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)です。IPアドレスを匿名化する技術によって、第三者から送金情報を秘匿できることが大きな利点です。送金の際にメッセージを添付できるのも大きな特徴で、他の匿名性通貨との差別化点になっています。

匿名通貨とは

匿名通貨とは、ビットコインなどと比べて匿名性に優れた仮想通貨の総称です。誰が誰にどのくらい送金したかという情報の一部、もしくは全部が外部からはわからない仕組みになっています。
有名な匿名通貨には以下のものがあります。

  • DASH
  • Monero
  • Zcash
  • Verge

それぞれ匿名性を確保するための手段は異なり、また匿名性の度合いも違います。例えばDASHは送金経路(誰が誰に送ったか)のみが秘匿されるのに対して、Zcashはアドレス、送金経路、数量のすべてが秘匿されます。それならばDASHはZcashよりも劣っているのかと言うとそうではなく、送金スピードではDASHの方がはるかに優れています。匿名通貨にも個性があるのです。

LINDAの基本的な仕組み

LINDAは2017年に公開された匿名通貨です。マスターノードによって完全な匿名性と高速な送金を実現しています。ノードとはネットワークに接続されるコンピュータのことで、マスターノードはその中でも他のノードを場合によっては管理・制御する役割を持ちます。

コンセンサスアルゴリズム(記帳のルール)にはPoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)を併用しています。PoWは計算力によって、PoSは仮想通貨の保有量によって、ノードが受け取れる報酬が決まるシステムです。2つの異なるコンセンサスアルゴリズムを採用することによって、高い匿名性と高度な分散化を達成しています。

計算能力の高いコンピュータは、マイニングを通じて報酬を得られます。また、マスターノードは、管理・制御の司令塔として活動することによって、報酬を得られます。

安全に資産を守るウォレット

LINDAは公式サイトを通じてマルチウォレットを配布しています。マルチウォレットはTorシステムを採用しています。Torとは匿名性を確保するための技術、もしくはそれをもとに作成されたソフトウェアのことです。もともとは米海軍で開発されたものですが、現在は民間でも使われています。Torを採用したブラウザは言論規制の厳しい国での書き込みや、闇取引などで使われています。

公式のマルチウォレットのもとでは、セキュリティとプライバシー保護のために匿名化されたアドレスが発行されます。アドレス自体が匿名なので、送金の内容が外部に知られることはありません。ウォレットはWindows,Mac OS,Linuxに対応しています。

LINDAならではのメッセージ機能とは

LINDAには、送金相手と直接遣り取りをするP2Pメッセージ機能が搭載されています。メッセージは暗号化された上で送信されるため、外部から勝手に覗かれる心配はまずありません。送金ついでにメッセージが送れるというのは他の匿名通貨には見られない個性の1つであり、大きな差別化点と言えます。

アトミックスワップ実現に向けた動き

アトミックスワップとは、一定の類似点がある他の仮想通貨同士を直接(仮想通貨取引所を介さずに)取引できる仕組みです。仮想通貨取引所では取り扱っていない通貨も交換できるのが大きな強みです。実装難易度は高く、搭載している仮想通貨はまだまだ少ないですが、2018年1月には国産通貨のモナコインがアトミックスワップに成功しています。

LINDAは将来的にアトミックスワップを実装する予定です。

筆者が考えるLINDAの今後の将来性

現時点では将来性はあまりないと考えています。匿名通貨自体の先行きが不透明だからです。

匿名通貨自体の技術は素晴らしいものですが、身元を明かさず世界中に送金できる通貨というのは、各国政府からすれば大きな脅威です。放置しておけばマネーロンダリングや資金洗浄、敵対する国家への資金流出などに繋がり兼ねません。そうした自体を防ぐために規制がかかることは、十分ありえます。

実際、国内で唯一匿名通貨を取り扱っていたコインチェックはその取扱いを終了しましたし(他に理由があったのかもしれませんが)、海外でも同様の動きは今後加速する可能性は高いです。

ただ、匿名通貨自体に需要があるのも事実です。善悪は別にして、違法な商品を扱うブラックマーケットでは匿名通貨が使われることは少なくありません。そしてLINDAは先発の匿名通貨と比べると時価総額が明らかに低い(DASHの80分の1程度)であるため、上昇の見込みはある程度はあります。ただその場合でも、あまり大きな値上がりには期待しないほうがいいでしょう。

LINDAが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを通じて取引しましょう。

LINDAが購入できる海外の取引所一覧

  • Coinexchange
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから