KURTの特徴や将来性、KURTが購入できる取引所

匿名通貨KURTとは?将来性と購入できる取引所を解説

KURT(Kurrent/カレント)の概要

通貨名称 KURT(Kurrent/カレント)
最大発行数 2億2800万枚
公開日 2016年12月
公式サイト http://kurrentproject.com/
ホワイトペーパー

KURTの特徴や目指しているもの

2016年12月に取引がはじまった匿名通貨KURT(カレント)は、ゼロ知識証明という高度な技術によってプライベートな取引と完全匿名を実現しているのが特徴です。時価総額は数ある仮想通貨の中でも最低クラスに低く、取引量も最低レベルですが、逆に言えば上昇の余地もあると言えます。

KURTの仕組み

KURTの仕組のもとでは、送金は「ミント」と「スペンド」の2つの段階に分けられます。ミントの段階では、多くの送金者が送金したKURTがアキュムレータと呼ばれる資金プールに格納されます。アキュムレータとは本来は「蓄圧器(充電式バッテリーのようなもの)」を指す単語です。蓄圧器にエネルギーを貯め込むように、アキュムレータにKURTを溜め込みます。

そして、次のスペンドの段階で、アキュムレータ内のコインの一部の額を保有していることを、ゼロ知識証明を使って証明します。この時点で取引履歴のない新しいコインが作成されます。ミントとスペンドを繰り返すことによって、匿名性を高めます。

X11のアルゴリズムで堅牢性とGPUマイニングを実現

KURTはコンセンサスアルゴリズムにPoW(Proof of Work)を採用しています。PoWは最も計算を早く解いたマイナーに対して記帳の権利と報酬を与えるシステムで、改ざんを効果的に防げます。ビットコインやビットコインキャッシュ、ライトコインなど、多くの主要通貨で採用されています。

反面、ASICと呼ばれる高価で高性能なコンピュータがないと参戦しづらいためマイニングの寡占化が起こりやすく、世界中で計算競争を行うため消費電力量が多くなるという欠点も抱えています。ビットコインもPoWを採用している仮想通貨の1つですが、最近はマイニングの寡占化が顕在しています。(最近はPoWからPoS(Proof of Stake)などの別の仕組みに切り替える通貨も増えてきています)。

一方、KURTもPoWを採用していますが、X11というアルゴリズムを採用することによって、ASIC耐性(ASICではマイニングされないという特性)を獲得しています。X11は11種類のハッシュ関数から構成されています。ASICは複数のハッシュ関数からなるアルゴリズムには弱く、ASICでX11をマイニングするのは至難の業です。

こうしたASIC耐性を持つ仮想通貨はより安価で入手しやすいCPUやGPUでマイニングできるため、個人や弱小グループも参入しやすく、より高度な分散化を実現できます。X11は多くのハッシュ関数から成り立っているため堅牢性も高く、信頼が置けます。

KURTの将来性

現時点ではほとんど期待できません。時価総額が低いのもそうですし、公式情報が全く更新されていないのにも危うさを感じます。そもそも匿名通貨は他に有望なプロジェクトが多数あり、KURTがその開発競争に入り込める余地はほとんどありません。

加えて、最近は匿名通貨に対する風当たりも強くなってきており(他の通貨と比べて違法行為に使われる可能性が高いからです)、これらのことを考えると投資の対象にはなりえないでしょう。それでも投資したいというのならば私に止める権利はありませんが……。

KURTが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

KURTが購入できる海外の取引所一覧

  • Yobit
0 0

この記事の共有はここから