KOREの今後の将来性とKOREが購入できるおすすめの取引所

KORE

KOREの概要

通貨名称 KORE
最大発行数 1200万枚
公開日 2014年6月
公式サイト https://kore.life/
ホワイトペーパー

KOREの特徴や目指しているもの

KOREは韓国産の匿名通貨です。開発チームはTorが組み込まれたウォレット、安全性を重視した独自のブラウザやOS、更には携帯電話の開発も行っており、その匿名性は他の匿名通貨に全く負けていません。

KOREの仕組み

KOREは数ある仮想通貨の中でもトップクラスの匿名性を誇る仮想通貨です。高い匿名性を支えるのが、Tor搭載のウォレットです。

Torとは、コンピュータに割り当てられたIPアドレスを知られることなくインターネットに接続したり、メールを送ったりできる通信システムです。アメリカ海軍の研究機関が開発したシステムをベースにしたものであり、サーバにアクセスログを残さず、接続経路も一定時間ごとに変更されます。

このTor搭載ウォレットを利用すれば、ウォレット間の送金を完全に匿名にできます。あなたが誰にコインを送ったか、誰からコインを受け取ったかを、あなたと取引相手以外の人間が知ることはありません。

加えて、そのウォレットではプライベートチャット、通話、ビデオ通話もできます。もちろん、いずれも完全匿名です。

Proof of Burn(PoB)の仕組みを採用

KOREはProof of Burn(PoB)の仕組みを採用しています。これは簡単に言えば、流通した仮想通貨の一部を二度と使えなくすることによって、総流通枚数を徐々に減らしていく仕組みです。コインを使用できないウォレットに送金することによって徐々に流通枚数が減り、その分単価が上昇しやすくなります。

ソフトだけではなくハードも開発しているKORE

仮想通貨はソフトウェアの開発だけに注力するケースがほとんどですが、KOREはハードウェアの開発にも積極的です。KOREで開発されている代表的なソフト・ハードは、どのようなものがあるのでしょうか。

独自ブラウザとOSの開発

KOREの開発チームは、より安全性を重視した独自ブラウザおよびOSを開発しています。遠くにOSはセキュリティを重視したものになっており、ウィルスや不正プログラムを効率的かつ徹底的に排除します。また、開発者用のソフトが組み込まれているため、アプリも開発できます。

スマートフォンの開発

開発チームは上記のブラウザやOSと並行して、スマートフォン「コアフォン」も開発しています。コアフォンはやはり匿名性を重視しており、プライバシー保護を何よりも優先しています。詳しい性能などはまだ公開されていませんが、使いやすさを重視した、シンプルなものになる予定です。

筆者が考えるKOREの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。KORE自体の性能に大きな問題があるわけではありませんが、匿名通貨自体に規制がかかるリスクがあることから、将来性を期待できないためです。

規制の対象となれば当然仮想通貨取引所での取扱はなくなり、流動性が低下し、その結果通貨としての価値も低下します。このような現状下で、匿名通貨に投資することはあまりおすすめしません。仮に投資する場合でも、分散投資の選択肢にとどめておくことをおすすめします。

KOREが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

KOREが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから