KNCの特徴、今後の将来性まとめとKNCが購入できるおすすめ取引所

KNCの今後の将来性

KNC(カイバーネットワーク)の概要

通貨名称 KNC(KyberNetWork)
最大発行数 2億2600万枚
公開日 2017年9月24日
公式サイト https://kyber.network/
ホワイトペーパー https://ico.gxb.io/download/GXB_Blockchain_White_Paper_v1.2_EN.pdf

KNCの特徴や目指しているもの

KNC(カイバーネットワーク)は、仮想通貨同士の交換を行う分散型プラットフォーム「KyberNetWork」上で使われるトークンの名称です。KyberNetWorkは近年話題になっている分散型取引所と決済API一体化した仕組みで、開発チームにはイーサリアムの創設者であるヴィタリック・ブテリン氏がアドバイザーとして入っています。

現状での利用者数が多い中央集権型取引所はハッキングや内部からの仮想通貨盗難に対する対策が十分に行われているとは言えず、資産を預けたり取引したりするのにはリスクが高い一面がありますが、KyberNetWorkの分散型取引所ならば、安心して取引ができます。決済APIはICOなどに参加する上で非常に便利であり、これからのニーズの増加が期待できます。

中央集権型取引所から分散型取引所へ

仮想通貨が売買できる仮想通貨取引所は大きく、中央集権型取引所と分散型取引所にわけられます。中央集権型取引所は日本のBitFlyerやZaif、あるいは海外のバイナンスなどのように、企業などの運営主体が存在する取引所です。一方、分散型取引所は、運営主体が存在せず、ブロックチェーン上で取引を行う取引所です。

現状、ユーザー数が圧倒的に多いのは中央集権型取引所ですが、問題点も少なくありません。一番の問題点はセキュリティです。中央集権型取引所では、ユーザーは取引所に対して仮想通貨や、それを移動させるための秘密鍵(パスワードのようなものです)を預けます。つまり、取引所のセキュリティを信用しているわけです。

しかし、実際にその取引所のセキュリティが信用できる保証はどこにもありません。マウントゴックスやコインチェックの流出事件を見てもわかるように、中央集権型取引所は常にハッキングのリスクにさらされています。多額の資産が集まっているのですから、当然といえば当然です。また、外部からの攻撃ではなく、内部からの攻撃のリスクも考えられます。取引所内部の人間が結託した場合、仮想通貨は簡単に盗まれてしまいます。外部からの攻撃を装って内部の人間がなにかする可能性だって否定できません。

一方、分散型取引所には運営が存在しないので、運営に秘密鍵や仮想通貨を預ける必要はなく、すべてを自分で管理できます。自分で管理できるのですから、取引所のハッキングの心配もありません。もちろん、自分で管理するということは、全て自己責任になる(コインチェックが行ったようなハッキングに対する保証などは期待できない)ということですが、ハッカーは取引高の多い取引所を個人よりも優先的に攻撃するため、リスクは遥かに低くなるでしょう。

加えて、運営がいないので取引にかかる手数料も極めて安く、繰り返しのトレードにも向いています。

分散型取引所はなぜ浸透しない?

一方で、前述の通り、現時点では多くの人が中央集権型取引所を利用しています。分散型取引所がなかなか利用されない理由はいくつも考えられます。具体的には

  • 知名度が低い
  • 利用者数が少ないため、板が薄いことが多い
  • 中央集権型取引所のように本人確認がないため、資金洗浄などに使われる恐れがある
  • 運営がないのでサポートもない

こうした問題点を解決するのがKNSです。

KNSの仕組みと分散型取引所の使い方

KNSの中心機能である分散型取引所は、前述の通り運営がいない取引所です。公式サイトから誰でも簡単に登録・利用できます。中央集権型取引所のように登録の際に本人確認が行われるわけではないため、すぐに使えます。基本的な使用感は中央集権型の取引所と大差ありません。ただし、基軸通貨は法定通貨ではなくイーサリアムです。

分散型取引所は他にもいくつはありますが、KNSはその中でも特にビジュアルで使いやすいです。取引の際にかかる手数料は、板が薄いにもかかわらず、中央集権型取引所の中では最安値クラスのバイナンスとほぼ互角です。現状では1取引につき3000USD相当という制限がついていますが、将来的には1万5000USDにまで引き上げられるそうです。

決済APIの仕組み

APIとは、「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」の略であり、共有可能なプログラムやソフトウェアの機能を共有する仕組みのことです。

KNSにおける決済APIとは、簡単に言えば、自動的に仮想通貨を交換してくれる仕組みのことです。これはICO(仮想通貨を用いた資金集めの手段。プロジェクトでトークンを発行し、投資家は価格上昇を期待してそれを買う)との相性が良好な仕組みです。

通常、投資家はICOに参加するにあたってトークンを買うための仮想通貨を支払います。ただし、どの仮想通貨でもいいというわけではなく、プロジェクト側から事前に指定されるものを使わなければなりません。例えばプロジェクト側からイーサリアムでの支払が指定されているにもかかわらず、ビットコインしか持っていない場合、従来ならまず仮想通貨取引所でイーサリアムをビットコインに変え、それを使ってICOに参加しなければなりませんでした。

しかし、KNSの決済APIを利用すれば、ビットコインでも支払いができるようになります。プラットフォーム側が自動的にビットコイン(BTC)をイーサリアム(ETH)に変えてくれるからです。自動的に交換を行う際には、最も良いレートでの交換が可能になります。最近はやや下火気味のICOですが、適切な審査や規制が行われるようになれば、再び勢いを取り戻す可能性が高いです。

筆者が考えるKNCの今後の将来性

現時点ではなかなか将来有望と言えそうです。分散型取引所自体は他にもいくつかありますが、KNSはその使いやすさと決済APIが差別化点になっており、競合とも十分に戦えるだけのポテンシャルはあります。現状、日本語には未対応ですが、それよりはるかに人口が多い英語、中国語に対応済みです。利用者が増えれば自然と板の薄さも解消され、ますます使いやすくなっていくことでしょう。

KNCが日本に上場する可能性

現時点では上場の見通しはありません。海外取引所ではバイナンスとフオビーとバイナンスでの取引高が多いので、この内のどちらかの利用をおすすめします。

KNCが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Huobi
  • Liqui
0 0

この記事の共有はここから