KMDの特徴や将来性、KMDが購入できるおすすめの取引所

KMDの今後の将来性

KMD(コモド)の概要

通貨名称 KMD
最大発行数 2億枚
公開日 2016年9月1日
公式サイト https://komodoplatform.com/
ホワイトペーパー https://komodoplatform.com/wp-content/uploads/2018/03/2018-03-12-Komodo-White-Paper-Full.pdf

KMDの特徴や目指しているもの

KMD(コモド)は、アトミックスワップの実装に取り組んだインフラ系の仮想通貨です。アトミックスワップとは、異なる仮想通貨をユーザー同士で交換できる仕組みのことです。2016年の9月にリリースされたので、比較的古いコインと言えます。

インフラ系の仮想通貨はこれから需要が伸びていきそうなので、チェックしておきたいところですね。KMDの特徴・メリットについて説明していきます。

BarterDEX

KMDの大きな目玉であるBarterDEXは、アトミックスワップを利用してDEXを実現しようというプロダクトです。DEX(Decentralized EXchange)とは、和訳すると「分散型取引所」となります。中央管理者を置かずにユーザー同士で取引ができる取引所のことを指します。

アトミックスワップは、前述のとおり異なるブロックチェーンの仮想通貨を取引所などの第三者の仲介をはさまずに、ユーザー同士で取引ができる仕組みのことです。通常であれば、ユーザー同士の取引はどちらかが相手にコインを渡す前に逃げてしまうリスクがあるため、取引所などの第三者が仲介します。安全ではありますが、手数料と時間がかかる、というデメリットがあります。

アトミックスワップでは、以下のような仕組みで成り立っています。
Aさんの10BTCとBさんの100ETHを交換したとします。

  1. AさんがマルチシグアドレスAに10BTCを送ります。
  2. BさんがマルチシグアドレスBに100ETHを送ります。

マルチシグアドレスとは、HTLC(Hashed Timelock Contracts)でロックされていて、解除には複数の鍵が必要となる仕組みが施されたアドレスのこと。

①②が終わると、マルチシグアドレスのロックが解除されてAさんとBさんは、それぞれ送られてきた仮想通貨を受け取ることができるという仕組みです。これならどちらか一方が受け取る前に逃げられるということは事実上不可能です。

BartherDEXはアトミックスワップの技術を利用してDEXを実現しようというプロダクトです。実際に2015 年には、暗号通貨同士の交換に成功しています。これは世界初のアトミックスワップの実装でした。すでに実績があるので、将来性と安全性は期待していいのではないでしょうか。

さらに、特筆すべきは法定通貨に変えることも可能という点です。分散型法定通貨を実現しよう、というのはユーザーにとって大きな魅力といえます。仮想通貨を簡単に法定通貨に変更できるのは、大きなニーズがあることは間違いありません。

遅延性PoW(Delayed Proof of Work)

KMDはコンセンサス・アルゴリズムにDPoWを採用しています。コンセンサスは「合意」、アルゴリズムは「手法・方法」、つまりコンセンサス・アルゴリズムは「合意するための方法」となります。

仮想通貨を支えているブロックチェーンという仕組みは、中央管理者がいません。ノードと呼ばれる参加者がお互いのブロックを承認し合って成り立っています。その際、どのような方法でブロックを合意するか?という手法がブロックチェーンによって異なります。一般的には「PoW(proof of work)」や「PoS(proof of stake)」が採用されることが多いです。

KMDで採用されている遅延性PoW(以下、dPoW)は、どんなルールで動いているのでしょうか?
dPowはビットコインのブロックチェーンを利用してセキュリティを保ちながら、効率的に承認してもらうというコンセンサス・アルゴリズムです。

KMDは知名度が高く、マイナーが多いビットコインの承認作業に相乗りして、承認してもらうという仕組みです。マイナーとは、採掘者という意味で、仮想通貨のマイニング(採掘)を行う人や団体のことです。仮想通貨は、ブロックチェーンと呼ばれる技術に支えられています。取引があった際に、その取引をブロックチェーンに書き込む処理が必要になります。書き込めるのは、一人だけです。その書き込む権利を得るために作業を行い、権利を勝ち得た人が書き込み処理を行い、ご褒美として新規に発行された仮想通貨をもらえる、というシステムになっています。

PoWはメジャーな通貨でないとマイナーが集まりません。そのためにKMDでは、ビットコインのPoWを利用して、承認作業を行なっているのです。

Zcashにより匿名性の高い送金を実現

KMDは、Zcashのプロトコルを利用して、匿名性を担保しています。Bitcoinのブロックチェーンでは取引がオープンになっているため、プライバシーは保証されていません。

KMDでは「ゼロ知識証明」によって、プライバシーを保護し、追跡できない取引を実現します。「ゼロ知識証明」とは、暗号学で利用される言葉です。内容を証明することなく、その内容が正しい、ということを伝える事を指します。最近ではブロックチェーンの世界で利用される機会が増えたので、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

たとえば、誰かがあるパスワードを知っていたとします。そのパスワード自体を伝えることはできないとしても、そのパスワードは正しい、ということを証明する時などに利用されます。
ブロックチェーン自体はセキュリティ面が強いですが、プライバシーを保証できないという点が懸念されてきました。KMDではプライバシーが守られます。これはユーザーにとっては大きなメリットになります。

筆者が考えるKMDの今後の将来性

KMDの将来は、比較的明るいと筆者は考えています。その理由は、主力製品であるBarterDEXが大きなニーズが見込める、という点です。異なる仮想通貨同士の交換は、他のトークンでも導入されていますが、2015年にすでに実績を作っているという点が大きなアドバンテージです。

また、法定通貨を仮想通貨のインフラで動かそうという「分散型法定通貨」は、注目すべきプロダクトです。こちらはまだ製品化されていませんが、これまでの技術力を考えれば、実現されるのは難しくないのではないでしょうか。

ただし、MONA(モナ)がアトミックスワップの実装に成功して高騰した、というニュースもありましたし、競合の動きが気になります。MONAが分散型法定通貨もプロダクトとして持つ可能性もあります。altcoin.ioもアトミックスワップの実装を売りしています。

これから類似のコインがリリースされる可能性も高いので、競合の動きをみて、今後どのようなプロダクトをKMDがリリースできるかが大きなポイントです。後発のコインの方がより良いプロダクトをリリースしやすいので、KMDの今後のアップデートにアンテナを張っておきましょう。

2017年12月22日に1,307円(0.0008BTC)でピークを迎え、その後少し上下しますが緩やかに下降。2018年4月中旬現在は300円前後(0.0004BTC)で推移しています。仮想通貨全体の時価総額は70位。決して悪い順位ではありません。

ロードマップによると2018年Q3でBarterDEX2.0がリリースされ、同年Q4ではモバイル版もリリースされる様子。現在はトークンが高騰している、という状態ではないので、少量を保持しておいてもいいでしょう。あくまで無理のない範囲で、とだけ付け加えておきますが。

KMDが日本に上場する可能性

そのプロダクトの魅力で将来性を期待したいKMDですが、日本ではまだまだ知名度が高いとは言い難い状態。バイナンスをはじめ海外の取引所では扱っているところは多いですが、まだ日本の取引所に上場する気配はありません。
購入するなら大手のバイナンスがおすすめです。

KMDが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Cryptopia
  • HitBTC
  • Upbit
  • COINEXCHANGE
  • BITTREX
0 0

この記事の共有はここから