KEYの特徴や将来性、KEYが購入できるおすすめの取引所

KEYの特徴と将来性を解説

KEYの概要

通貨名称 KEY
最大発行数 60億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://selfkey.org/
ホワイトペーパー https://selfkey.org/whitepaper/

KEYの特徴や目指しているもの

KEYは、ブロックチェーンで個人や法人に関する情報を安全に管理・送受信できるプラットフォーム「Selfkey」上で使用されるトークンです。

個人情報の管理を他者に任せることのリスク

デジタルサービスを使用するにあたっては、住所や名前などの個人情報をそのサービスに登録する必要があります。これはつまり、非常に重要な個人情報を外部の企業に預けるということです。

個人情報の預け先が増えれば増えるほど、その流出リスクも高まります。他者には個人情報を一切預けず、自分の手元で一括管理できるのが一番安全です。それを実現するのがSelfkeyです。

Selfkeyの仕組み

Selfkeyは、個人情報(デジタルアイデンティティー)を管理するためのプラットフォームです。個人情報を暗号化した上でブロックチェーン上に記載します。これらのデータは特定のサーバに保管されるのではなく世界中のコンピュータに分散保存されるので、ハッキングのリスクは限りなく小さくなります。

これらの個人情報は、その情報を保有する人ならばいつでも簡単にアクセスできますが、個人情報自体はオフライン下で管理することで、安全性と利便性のバランスをとり、ユーザーはその両方を十分に享受できます。

セルフキーウォレットとセルフキーID

セルフキーウォレットとは、個人情報を保管するための財布で、セルフキーIDはそれを取り出すための鍵です。セルフキーウォレットには個人情報だけではなく、KEYトークンやイーサリアム、ERC20トークンなどを保管できます。

これらを取り出すためには、セルフキーIDが必要になります。セルフキーIDは個人情報の保有者のみに与えられる鍵で、これを持たない第三者はセルフキーウォレット内のデータにはアクセスできません。

個人が登録した個人情報を使ってサービスを受ける場合は、そのサービスの提供者と個人情報を共有します。個人情報を購入する場合は、KEYトークンを使って支払いを行います。

市場

Selfkeyの重要な機能の1つに「市場」があります。これはすでに提供されているサービスとの連携を簡単にできるプラットフォームです。利用したいサービスを選ぶだけで、すぐにそのサービスを利用できます。

筆者が考えるKEYの今後の将来性

現時点ではなかなか期待できるのではないかと考えています。個人情報の管理は、多くの企業や個人にとって非常に重要な問題です。これを一元的に行えるアプリというのは非常に価値があります。

ただ、現状では市場が十分に拡充されておらず、「絵に描いた餅」感があることは否めません。利用できるサービスが増えるほど利用者も増えて、KEYの価値も上昇していくとは思いますが、市場が十分に拡充される保障はありません。将来性に大きな不安があることを理解した上で取引をしてください。

KEYが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の大手海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

KEYが購入できる海外の取引所一覧

2 0

この記事の共有はここから