ITCの特徴や将来性、ITCが購入できるおすすめの取引所

ITCの特徴・今後の開発予定・将来性について解説

ITC(IoTChain/アイオーティーチェーン)の概要

通貨名称 ITC(IoTChain/アイオーティーチェーン)
最大発行数 1億枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://iotchain.io/
ホワイトペーパー https://iotchain.io/pdf/ITCWHITEPAPER.pdf

ITCの特徴や目指しているもの

ITCは、モノのインターネット化(IoT)の諸問題を解決するプロジェクト「IoTChain」で流通するトークンです。

IoT ChainとITCの仕組み

IoT Chainの最大の特徴は、将来的にブロックチェーンではなくDAGという構造の採用を予定していることです。

ブロックチェーンとは、ブロックと呼ばれるデータの入れ物を時系列順に一直線に並べた台帳のことです。複数の個別取引を1つのブロックにまとめて、一定時間ごとにマイナーがそのブロックの承認を行います。マイナーは承認を行った見返りに報酬を受け取ります。

一方、DAGは個別取引を繊維状にまとめた台帳です。個別取引をブロックにまとめず、個別取引のままで承認を行います。取引はブロックチェーンと同様は時系列順に並べられますが、一直線ではなく繊維のように広がりながら伸びていきます。

DAGでは、マイナーではなくユーザーが承認を行います。そのため、マイナーに支払う手数料が発生せず、非常に少ない手数料で取引を行うことができます。また、ブロックが存在しないためブロックの生成を待つ必要もなく、極めて高速な取引が可能になります。更にはブロックが存在しないためブロックサイズの上限を気にする必要もありません。

DAGは量子コンピュータ耐性を持つ

DAGはブロックチェーンと比べて、量子コンピュータへの耐性が高いとされています。量子コンピュータとは量子力学の原理を応用したコンピュータで、従来のコンピュータと比べて極めて計算能力が高いことが特徴です。

一方で、ブロックチェーンと比べるとDAGの歴史は浅く、研究途上なアイデアであるため、手放しで褒められるものでもありません。まだ見つかっていないリスクもあるでしょう。

ITCの将来性

現時点ではなかなかに将来有望と言えそうです。IoTの分野が将来伸びることは間違いないでしょうし、DAGを採用するのも評価点です。

最大のライバルはIOTAです。IOTAは中国のみならず世界を相手にするプロジェクトですが、基本的な中身はIoT Chainと同じです。あちらもDAGを採用しており、性能的には五分五分といったところです。

しかし、時価総額ではITCが約4800万ドルなのに対して、IOTAは約39億ドルと大きな差が付いています。ITCのほうが伸びしろがあるとも言えますが、ただ単に大きく引き離されているだけとも言えます。個々からの時価総額での巻き返しを期待したいところです。

ITCが日本に上場する可能性

現時点では上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、購入する場合はそちらを利用しましょう。

ITCが購入できる海外の取引所一覧

  • Huobi
  • Bibox
1 0

この記事の共有はここから