IOSTの特徴と将来性、IOSTが購入できるおすすめの取引所

IOSTの今後の将来性

IOST(IOStoken/アイオーエストークン)の概要

通貨名称 IOST(IOStoken/アイオーエストークン)
最大発行数 210億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://iost.io/
ホワイトペーパー

IOSTの特徴や目指しているもの

IOSTは、オンラインサービスプロバイダ向けのインフラを提供するトークンです。

安定したオンラインサービスの提供には、サーバーやストレージといった環境(インフラ)の用意が必要です。しかし、既存の中央集権的なシステムでは、情報流出のリスクや、管理者によっては高い手数料を徴収される、というデメリットがありました。

管理者がいないブロックチェーンを利用すれば、ハッキングや高額の手数料の問題は解決できるとされています。しかし、ブロックチェーン上でオンラインサービスを動かすのも不可能と言われてきました。なぜなら、ブロックチェーンには拡張性がなかったり、処理速度が遅かったりするなどの「スケーラビリティ問題」があったからです。

スケーラビリティ問題の解決を目的とするIOST

こうしたスケーラビリティ問題の解決を目的としているのがIOSTです。ブロックチェーン特有のスケーラビリティ問題を解決しながら、非中央集権型のインフラの提供を目指しています。

ブロックチェーン上にオンラインサービスを実現する「EDS」

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決して、オンラインサービスのインフラを提供する技術として、「効率的分散分割(EDS)」があります。これは、1つのネットワークをシャードという単位に分割・管理して、シャードのみを動かすことで効率的に管理することを実現した仕組みです。

分割管理により部分的なデータの送受信を実現することで、処理を単純化できて、処理スピードも上がりました。

技術 内容
Scaleout(スケールアウト) Scaleoutは並列処理できるという意味です。多くの取引を同時進行することがで、一人で行うよりも複数人で同じ仕事をする方が効率がよい、というメリットがあります
Atomix(アトミックス) Atomixは、シャード同士を高速で一貫性を保つためのプロトコルのことです
BRDR(Bias Resistant Distributed Randomness) BRDRは、「ランダム性」を用いることでネットワークの分散性と、セキュリティ性能を上げるための技術です

独自のコンセンサスアルゴリズム「PoB」を導入

仮想通貨を支えるブロックチェーンには中央管理者がいないため、取引の処理が正しいと承認するためのルールとしてコンセンサスアルゴリズムが導入されています。仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムには、CPUの計算量に応じて発言権が与えられるproof of work(PoW)や、トークン保有量によって発言権が決まるProof of Stake(PoS)が主流です。

IOSTでは、トークンの保有量に加えて、IOSTネットワーク内での貢献度やサービスを利用した参加者からの評価によって決まる「PoB」というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。保有量や仕事量以外にも評価基準を設けることで、より公平性が保たれるアルゴリズムといえるでしょう。

IOSTはERC20トークン

IOSTは、イーサリアムベースのトークンに共通するルールであるERC20を導入したトークンでもあります。ERC20トークン同士なら互換性があるので、ウォレットの共有や取引所への上場がしやすいのもERC20トークンのメリットです。

またICOをするときにも、投資家はERC20対応のウォレットがあれば簡単に購入することができるので、投資家がICOに参加しやすい点も強みです。ERC20対応のウォレットとしては、「MyEtherWallet」が有名です。

筆者が考えるIOSTの今後の将来性

IOSTの見通しは、比較的明るいと考えています。オンラインサービスは現代社会には不可欠なインフラの1つであり、そこに注力することで差別化を図っているのは大きな強みです。

IOSTでは、個人や中小企業をターゲットにしたクラウドサービスの実現が可能になります。ターゲットを大手と差別化している点は強みです。多くのブロックチェーン企業が出資しているのも、ターゲット層がハッキリしているので、戦略が分かりやすいからでしょう。

IOSTが日本に上場する可能性

いまのところ、IOSTが日本の取引所に上場するという情報はありません。仮想通貨全体でも320位あたりにいるので、しばらくは上場は難しそうです。海外の取引所で購入するようにしましょう。

IOSTが購入できる海外の取引所一覧

1 0

この記事の共有はここから