I0Cの今後の将来性はどう?I0Cの仕組みや発行状況を調査してみた

I0Cの将来性・仕組み・発行状況を調査してみた

I0Cの概要

通貨名称 I0C(I0Coin)
最大発行数 約2100万枚
公開日 2013年11月
公式サイト http://izerocoin.org/
ホワイトペーパー

I0Cの特徴や目指しているもの

I0C(アイゼロコイン)は、2013年11月に公開された老舗の仮想通貨です。送金速度の速さと安全性の高さという、トレード・オフの関係にある2つの要素のバランスを上手に取っており、速い送金時間と高い安全性を両方達成しています。仮想通貨としては珍しく、プレマインを実施しておらず、インフレ率が2018年までに収まるのも特徴です。

I0Cの基本的な仕組み

I0Cは、幅広いユーザーのニーズに最大限対応するように設計された仮想通貨です。消費者、マイナー、投資家など、様々な立場から見たときのバランスが良く、425MBという小さなウォレットを格納するためのメモリがあれば誰でも使用できます。プレマインは実施しておらず、コインはマイナーや投資家に公平に配分されます。

I0Cの最大発行枚数は、ビットコインと同じく2100万枚です。これはビットコインと全く同じ数字です。ただし、その発行のペースには大きな差があります。ビットコインの2018年11月での総発行枚数に対する発行枚数の割合は約83%で、残りの17%は未発行です。全ての発酵が終わるのは2140年後、今から100年以上後です。

一方、IoCの同時点での総発行枚数に対する発行枚数の割合はすでに99.9%を超えており、ほぼ全てが発行済と言っても過言ではありません。これ以上供給量が増えないということは、つまりインフレが起きない、需要によって価格が決まるということです。

ブロックサイズの選択

各ユーザーは、自身の端末に保存されるブロックサイズを選択できます。容量に余裕があるユーザーは大きく高度な、余裕がないユーザーは小さく使いやすいブロックを選べます。

筆者が考えるI0Cの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じません。歴史こそ長いですが、なにか特別優れた機能があるわけでなければ、プロモーションに熱心というわけでもないからです。このままでは、数ある草コインの中に埋もれていってしまう可能性が高いでしょう。

I0Cが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

I0Cが購入できる海外の取引所一覧

  • Bittrex
  • NLexch
0 0

この記事の共有はここから