HUMの今後の将来性とHUMが購入できるおすすめの取引所

HUM

HUMの概要

通貨名称 HUM
最大発行数 約1084億枚
公開日 2018年
公式サイト https://humanscape.io/
ホワイトペーパー https://humanscape.io/whitepaper/Humanscape_Whitepaper_EN.pdf

HUMの特徴や目指しているもの

HUMは、健康に関する様々なデータを集約するためのプラットフォーム「Humanscape」上で使用されるトークンです。

現状、健康データは仮定や各医療機関に断片的に存在しており、十分に共有されていません。Humanscapeはこれを統合するためのデータ集約プラットフォームであり、患者や医療関係者、さらには研究機関や新薬開発者にも大きな利益をもたらします。最終的には人類を病気から開放することを目的としています。

増え続ける慢性疾患患者

2019年現在、世界では多くの人が慢性疾患に悩まされています。慢性疾患とは文字通り慢性的に症状が続き、治療が長期間に渡る疾患のことで、細かい定義は機関により異なりますが、具体的には糖尿病、高血圧、高脂血症などが該当します。

WHOによれば2015年に亡くなった5600万人の死因のうち、4000万人は慢性疾患に起因するものとのことです。

全世界的に増加しつつある慢性疾患

「慢性疾患は感染症などのリスクが低く、他の病気になりにくい生活水準の高い先進国で多いもの」というイメージが強いものの、実際には成長を遂げている発展途上国でもしばしば見られます。かつては栄養失調に悩まされていた国が、いまは糖尿病や高血圧などに悩まされているのです。

今後、複数の慢性疾患を有する患者の医療費は年齢や性別によって80%から300%程度まで増加する、という予測もあります。

PGHDの活用と個人情報の取り扱い

慢性疾患患者の増加に伴い、病院の外で計測された健康情報であるPatient-Generated Health Data(PGHD)を医療に役立てようという動きが加速しています。PGHDは病院では計測できない貴重な生データであり、病院で計測された数値と組み合わせることによって、治療を効率化したり、病気を早期に発見したりできるようになります。

アクセンチュア社の調査によれば、2014年に16%だった「PGHDデータ収集に参加した患者の割合」は2014年には16%でしたが、2016年には33%前で増加しています。今後はさらに多くの慢性疾患患者が様々な方法でPGHDを計測することでしょう。

PGHDの課題

ただ、一方で現状、PGHDは多くの課題も抱えています。細かいところまで上げればキリがありませんが、一番大きな課題はこれらの情報が統合的にまとめられておらず、各家庭や医療機関に断片的にしか存在していないことです。

もし統合的にデータがまとめられたプラットフォームがあれば、患者や医療機関はその治療をより効率的でスムーズなものにできますし、開発者や研究者は集約されたデータを活用してより良い治療法の研究ができるようになります。これを実現するのがHumanspaceです。

HumanSpaceの意義

HumanspaceはPGHDを集約するための分散型プラットフォームです。Humanscape上には各地で計測されたPGHDがアップロードされます。データはブロックチェーンで安全に管理されます。

製薬企業や研究機関などは、これらの情報を元に新薬や新しい治療方法などを研究できます。患者や医師は、健康管理を継続することによって合併症などを避けられます。Humanspaceは患者と多くの医療関係者に恩恵をもたらすプラットフォームであるといえるでしょう。

筆者が考えるHUMの今後の将来性

現状では、あまり期待していません。健康のためのプラットフォームを作るプロジェクトというのはいくつか存在していますが、Humanspaceがその中で特別優れている点というのが特になさそうだからです。

HUMが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入しましょう。

HUMが購入できる海外の取引所一覧

  • CPDax
  • Dcoin
0 0

この記事の共有はここから