HPBの特徴や将来性、HPBが購入できるおすすめの取引所

HPB

HPBの概要

通貨名称 HPB
最大発行数 1億枚
公開日 2018年1月
公式サイト http://hpb.io/
ホワイトペーパー http://hpb.io/HPB_WhitePaper_en.pdf

HPBの特徴や目指しているもの

HPBは、中国版EOSとも呼ばれている、分散化アプリ(DApps)プラットフォーム「High Performance Blockchain」上で使用される仮想通貨です。ブロックチェーンはハードウェアアクセラレーションエンジンと統合されており、1秒間で数百万回のトランザクションをサポートします。ユニオンペイ(銀聨)やNEOとも提携しており、中国国内での期待の高さが伺えます。

High Performance BlockchainとHPBの仕組み

High Performance Blockchainでは、開発者が環境を追加して、その挙動を確認するテスト用のネットワーク(テストネット)の段階で、すでに1万件/秒を達成していて、DAppsプラットフォーム最大手のイーサリアムはもちろん、高速が特徴のEOSすら大幅に上回っています。将来的には1秒間に数百万回ものトランザクションにも耐えうることを目標としているので、仮に大幅にユーザーが増えても、十分耐えられることでしょう。

高速トランザクションをサポートするハードウェアアクセラレーションエンジン

High Performance Blockchainの高速トランザクションを支えるのが、ハードウェアアクセラレーションエンジンです。これはパフォーマンスを改善するための技術の1つであり、一度設置すると高いカスタマイズ性を実現するという特徴があります。これまで対立する概念だったハードウェアとソフトウェアを1つのものに融合する優れた概念であり、大きなパフォーマンスを引き出します。

HPBの将来性

現時点では、それなりに期待できると思っています。分散型アプリのプラットフォーム自体は他にも多数存在していますが、High Performance Blockchainはその中でもトランザクション処理性能が特に優れており、提携先も優秀です。

HPBが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

HPBが購入できる海外の取引所一覧

  • Bibox
  • Bit-Z
  • OKEx
0 0

この記事の共有はここから