HBTの今後の将来性とHBTが購入できるおすすめの取引所

HBT

HBTの概要

通貨名称 HBT
最大発行数 約3180万枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://www.hubii.network/
ホワイトペーパー

HBTの特徴や目指しているもの

HBTは、ローカルなニュースを掲載する新しい媒体「Hubii Network」上で使用されるイーサリアム(ETH)ベースのトークンです。Hubii Networkには数百のメディア媒体や通信会社などの協力者がいて、毎日焼く500万人の顧客に対して最新のお役立ちニュースを提供しています。

Hubii Networkの仕組み

Hubii Networkは、コンテンツ配信のためのプラットフォームとして、従来から存在した事業をブロックチェーンに置き換えることによって、事業の効率化や透明化、迅速化を図っています。

ニュースを提供するクリエイターは、ブロックチェーンを通じてコンテンツを配信します。コンテンツの配信ソリューションが「Hubii Seed」です。Hubii Seedは当分は既存の協力者のみが使えるクローズドなサービスとして展開されますが、将来的には誰もが使えるパブリックなものもローンチされる予定です。コンテンツの配信ソリューションが広く公開されることで、より有益なニュースを効率的に配信することができます。

報酬支払いの仕組み

Hubiiの報酬支払いのしくみを支えるのが、コンテンツを配信するメディアや通信会社と、それを受け取る読者のシームレスな支払いを可能にする「Striim」です。
Striimを使えば、誰もが簡単に、かつ健全に支払いをできるようになります。Striimは他のプラットフォームにも開かれたものになっており、気軽に使えます。

分散の仕組み

ブロックチェーンの健全性を保つ上で重要なのが、取引の検証です。取引が正常に検証されて初めて、ブロックチェーンのデータは健全なものであるといえます。
Hubii Networkは従来のパートナー、ブロックチェーンプロジェクトを開始したあとのパートナーの様々な知見を活用して、取引の検証を実施しています。

筆者が考えるHBTの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。コンテンツを配信するプラットフォームというのは比較的よく見られるものであり、競争率は高めです。他のプラットフォームに対する優位点は正直これと言って見つかりません。HBTに投資するお金があるのならば、他の銘柄に投資することをおすすめします。

HBTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

HBTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから