GSRの特徴や将来性、GSRが購入できるおすすめの取引所

GSR

GSRの概要

通貨名称 GSR
最大発行数 450万枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://geysercoin.com/
ホワイトペーパー

GSRの特徴や目指しているもの

GSRは、2017年10月に公開された、比較的歴史の浅い仮想通貨です。Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)を組み合わせた仮想通貨であり、2つコンセンサスアルゴリズムのいいところどりを目指しているのが大きな特徴です。

少ない発行枚数でインフレに強い

GSRの発行枚数は450万枚と、ビットコインの2100万枚やライトコインの8400万枚、イーサリアムの1億枚以上と比べると発行枚数はかなり少なめに抑えられています。発行枚数が少なければ、それだけ単価が上がりやすくなります。また、発行枚数が限られているため、インフレもありません。仮想通貨はもともとインフレに強いとされていますが、GSRはその中でも特にその傾向が強いと言えます。

匿名性が高く使いやすい

仮想通貨は全般的に匿名性が高いと考えられがちですが、ビットコインのように取引の記録が第三者に対して公開されるものもあるため、一概にそうとも言えません。GSRの取引記録は第三者に対して公開されることはないため、安心して使うことができます。ユーザーのプライバシーは完全に保護されます。

筆者が考えるGSRの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。PoWとPoSの2つのコンセンサスアルゴリズムを採用している通貨は当時は珍しかったのですが、最近はそうした通貨も増えてきています。競争相手の中にはより優秀なものも多くあり、そちらに押されています。

GSRが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

GSRが購入できる海外の取引所一覧

  • Coins Markets
0 0

この記事の共有はここから