GNXの今後の将来性とGNXが購入できるおすすめの取引所

GNX

GNXの概要

通貨名称 GNX(Genaro Network/ジェナロネットワーク)
最大発行数 6億5000万枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://genaro.network/
ホワイトペーパー

GNXの特徴や目指しているもの

GNXは、ブロックチェーン3.0をベースにした、分散型アプリケーション(DApps)のためのプラットフォーム「Genaro Network」上で使用されるトークンです。従来のDAppsの問題点を解決するためにシェアリングエコノミーの考え方を採用しており、世界中のコンピュータをデータストレージとして利用することによって、スケーラビリティを確保します。

今注目の「分散型アプリケーション(DApps)」とは

DAppsとは、非中央集権の仕組みのもとで提供されるアプリケーションの総称です。具体的には、以下の条件を満たしたものをDAppsと呼びます。

  • オープンソースであり、中央のコントロール主体を持たない。
  • 内部トークンを導入しており、アプリケーション利用の際にはそれを利用する。
  • ユーザーの合意のもとで改善していく。

DAppsはアプリケーションの一種ですが、既存の中央集権的な、例えばGoogle PlayやApp store、あるいはSteamなどで提供されているものとは大きく違います。

DAppsのメリット

DAppsの一番のメリットは、非中央集権の仕組みのもとで自律的に動作するため、管理者がいなくても成り立つことです。

既存のアプリを利用するためには、管理者を信頼した上で、お金を払う必要がありました。これはアプリの利用者、あるいは開発者にとって大きな負担となっていましたが、DAppsにはそのような管理者がいないので、アプリの利用者はより安い価格でアプリが使え、開発者はより大きな利益を得られます。

また、既存のアプリはそれ以外にも何かと管理者側の都合に左右されがちなうえ、不正や搾取が起きやすく、またそれが起きても気づきづら仕組みになっていましたが、透明性が高いDAppsではそのような心配はありません。DAppsは従来のアプリと比べて開かれた、透明性と公平性の高い仕組みであると言えます。

DAppsのデメリット

DAppsの最大のデメリットは、スケーラビリティの確保の難しさです。スケーラビリティとは利用者や仕事の増大に対応できる能力のこと、言い換えれば容量のことです。先発のDAppsプラットフォームの多くはスケーラビリティが十分に確保されているとは言い難く、これがDAppsの普及を阻んでいました。

現状DAppsプラットフォームの中では最も知名度が高いイーサリアム(ETH)も、スケーラビリティ問題を抱えています。イーサリアム自体は著名企業によるイーサリアム企業連合(EEA)も登場するほどの有力なプロジェクトですが、それでもこの問題を解決しきれていません。トランザクション処理が遅くなったり、その結果手数料が高騰したりといった現象も起きています。

一方、GNXはDAppsにシェアリングエコノミーの考え方を導入することによって、スケーラビリティを解決しようとしています。

Genaro Networkの仕組み

Genaro Networkは基本的にはイーサリアムと同じDAppsのためのプラットフォームですが、こちらは世界中のコンピュータをデータストレージにすることによって、膨大な容量を確保しようとしています。

コンピュータの保有者は、空き容量をデータストレージとして提供することによってGNXを受け取れます。公式サイトからG-BOXというツールをインストールすれば、今日からでも空き容量を提供できます。開発者はこの空き容量にDAppsの開発に必要なデータをすべて保存します。感覚としては、Google Driveのようなオンラインストレージに近いです。Google Driveに自宅のパソコンからでも、会社のパソコンからでも接続できるように、開発者はいついかなる状況でも開発に望めます。

Genaro Networkはすでに2000 Transactions Per Second(TPS)の処理能力を達成しています。イーサリアムの処理能力がせいぜい15TPS程度であるのと比べると、その差は明らかです。

また、Genaro Network上ではDAppsの開発キットが提供されます。DAppsは新しい概念であり、開発に慣れていない開発者も少なくありませんが、予め用意されたキットを使えば、簡単にDAppsが作成できます。開発環境が整っていれば良いDAppsが生まれやすくなります。良いDAppsが生まれればそれだけそのアプリの知名度は高まり、ユーザーが増え、それに伴い必要とする容量が増え、空き容量を提供するユーザーが増える……という好循環に入っていくことでしょう。

筆者が考えるGNXの今後の将来性

現時点では、それなりに期待してもいいのではないかと思っています。ストレージを提供するもの、開発者、アプリの利用者それぞれに違った利益が用意されているのは評価できます。

GNXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

GNXが購入できる海外の取引所一覧

  • Huobi Global
  • Gate.io
  • OKEx
0 0

この記事の共有はここから