GBYTEの特徴や将来性、GBYTEが購入できるおすすめの取引所

GBYTEの特徴・使い道・将来性を解説

GBYTE(byteball/バイトボール)の概要

通貨名称 GBYTE(byteball/バイトボール)
最大発行数 100万枚
公開日 2016年9月
公式サイト https://byteball.org
ホワイトペーパー

GBYTEの特徴や目指しているもの

暗号通貨のGBYTEは、ブロックチェーンを更に進化させた有向非循環グラフ(DAG)という仕組みによって支えられている仮想通貨です。イーサリアムにも搭載されているスマートコントラクト機能によって条件付き支払いが可能になるほか、定期的にエアドロップがあることから投資家からも根強い人気を集めています。

DAGの仕組み

DAGとブロックチェーンの最大の違いは、取引をブロックにまとめて記録するか、まとめずに個別に記録するかです。ブロックチェーンは前者、DAGは後者です。

ブロックチェーンはブロックを時系列順に1本のチェーンで接続するという構造になっています。各ブロックには個別取引が複数格納されています。一方のDAGは、個別の取引同士を複数の方向に接続しつつ、全体としては1方向に向かって伸びていくという構造になっています。

ブロック チェーンの本数
ブロックチェーン 存在する(複数の取引をブロックに格納し接続する) 1本
DAG 存在しない(個別の取引をそのまま接続する) 複数本

DAGを使う一番のメリットは、送金速度を早くできることです。ブロックチェーンは複数の取引が1つのブロックにまとめられるまで待つ必要がありましたが、DAGは個別の取引を直接承認するので、そのようなタイムラグは発生しません。

加えて、DAGにはブロックがないのでブロックのサイズが足りなくなるということもありません。ビットコインをはじめとする多くのブロックチェーンを採用した通貨では多かれ少なかれブロックサイズの容量不足によって発生する送金遅れ(スケーラビリティ問題)のリスクがありますが、DAGを採用したGBYTEには一切関係のない話です。

GBYTE以外にもイーサリアムやNEOなどが同様の仕組みを備えています。

定期的にエアドロップをしている

GBYTEは定期的にエアドロップを実施しています。エアドロップとは簡単に言えば、仮想通貨の無料配布イベントです。この手法自体はGBYTE以外にも多くの仮想通貨で採用されているものです。

なぜ開発者はわざわざ無料で配布するのか、という疑問もあるかと思いますが、エアドロップをすればそれだけ通貨の知名度が上がり、経済圏の拡大が図れるからです。開発者は一時的に無料でコインを配っても、それ以上のメリットがあると考えているのでしょう。

GBYTEの将来性

現時点では、一定の将来性はあると考えています。DAGという大きな差別化点と、投資会社に高く評価されるだけの技術水準が大きな魅力です。Twitter公式アカウントも活発に活動していますし、投資先の1つとしては候補に入れてもいいでしょう。

GBYTEが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

GBYTEが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから