FUELの特徴や将来性、FUELが購入できるおすすめの取引所

FUELの今後の将来性

FUEL(イーサパーティ)の概要

通貨名称 FUEL(Etherparty)
最大発行数 10億枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://etherparty.com/
ホワイトペーパー https://etherparty.com/Etherparty_White_Paper_EN.pdf

FUELの特徴や目指しているもの

FUEL(イーサパーティ)とは、プログラミングに関する知識がなくてもスマートコントラクトが簡単に作成できるプラットフォームです。そこで使われる通貨はFUELです。イーサリアムのブロックチェーン上で作られたものであり、イーサリアムやスマートコントラクトの発展・普及に沿った成長が期待できます。

FUELがスマートコントラクトの難点を解決

スマートコントラクトは直訳すれば「賢い契約」ですが、どちらかというと「自動化される契約」といったほうが近いかと思います。スマートコントクラクトを上手に活用すれば、取引のプロセスを自動化できるため、普通の契約と比べて、契約自体にかかる時間やコストを大幅に削減できます。
スマートコントラクトについては「スマートコントラクトとは?」で詳しく解説しています。

イーサリアムにはこのスマートコントラクトの機能が搭載されており、これがイーサリアムの将来性を高いものにしています。

しかし、スマートコントラクトにも欠点があります。最大の欠点は、プログラミングの知識がないとうまく操れないことです。イーサリアムはSolidityというマイナーなプログラミング言語で記述されており、これを理解できる人はプログラマーの中でも多くありません。

NEOという中国産イーサリアムと名高いプラットフォームはJavaScriptやC+などの有名な言語にも対応していますが、やはりプログラミングに関する一定の知識がなければ十分には扱えません。これらの問題を解決するために作られたのが、Etherpartyです。

FUELには予めテンプレートが用意されており、そのテンプレートを使えばプログラミングの知識がなくてもスマートコントラクトを作成できます。今時はWeb制作に関する知識がなくても予め用意されたテンプレートを使うだけでそれなりにきれいで使いやすいWebサイトができますが、感覚としてはそれに近いです。ウェブサイトを作るのにはWordPressやjimdoが便利ですが、スマートコントクラクトを作るならばEtherpartyという時代が、いずれくるのかもしれません。知識がなくても使えるというのは、仮想通貨に限らずものが普及する上で非常に大切なことです。

また、FUELにはAPIがあります。APIとは、ソフトウェアを共有することです。他のものをインストールする必要もありません。

FUELの使い道

FUELはEtherpartyを利用するためのトークンです。スマートコントラクトの作成、利用、セキュリティテスト、取引手数料の支払いなど、幅広い用途に使えます。Etherpartyがより具体的になり、一般人にも普及してくればその価値は当然上昇します。

筆者が考えるFUELの今後の将来性

Etherpartyの将来性は有望であると考えています。誰にでもスマートコントラクトを使えるようにするという展望自体が優秀ですし、それを実現するための取り組みも確実に進められています。

ロードマップによれば、2018年4月1日~6月30日にモバイルアプリに対応し、その後も様々なアップロードが予定されています。

ただ、どちらかというと長期的な値上がりが期待できるタイプのものであるため、短期の売買にはあまり向かないかもしれません。スマートコントラクトも日進月歩なので、ある日突然価値が急激に上がるとは考えづらいからです。長期ホールドが前提ならば、十分買いであるといえるでしょう。

FUELが日本に上場する可能性

現時点では上場される気配はありません。日本の仮想通貨取引所は比較的有名で時価総額も高い仮想通貨を優先して上場させる傾向があるため、時価総額ランキングはまだまだ低いEtherpartyが上場されることがあるとしても、それはまだ先のことになりそうです。

上場を待っている間に価格が高騰してしまっては意味がありませんし、先行投資するならばバイナンスなどの海外取引所の利用をおすすめします。日本の取引所とだいたい同じ感覚で使えるので、Web翻訳を使いながら進めていけばOKです。

FUELが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • gate.io
  • HITBTC
0 0

この記事の共有はここから