FTCの特徴や将来性、FTCが購入できるおすすめの取引所

BTCとFTCの性能を徹底比較

FTCの概要

通貨名称 FTC
最大発行数 3億6000万枚
公開日 2013年4月
公式サイト https://feathercoin.com/
ホワイトペーパー

FTCの特徴や目指しているもの

FTCは、ビットコイン(BTC)をアップグレードさせたような仮想通貨です。BTCよりも早い送金速度と高度な分散化、多い発行枚数が特徴で、日常的な決済手段として優れています。また、ASIC耐性があるため、GPUでもマイニングできます。

総発行枚数について

FTCの発行枚数は3億6000枚で、BTCの約17倍です。発行枚数が多いと単価が安くなり、より日常的な決済手段として使いやすいということです。FTCはその点、BTCよりも適した設計になっています。

ブロック生成時間について

ブロック生成時間とは、ブロックチェーンのブロックが生成される間隔のことです。ブロック生成時間が短いほど、送金にかかる時間も短くなります。
FTCのブロック生成時間は1分と、BTCの10分の1に短縮されているため、更なる高速送金が期待できます。

筆者が考えるFTCの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。性能はBTCと比べると確かに優れていますが、後発の仮想通貨にはもっと高速でなおかつASIC耐性を持つような通貨が少なからず存在するからです。そうした後発組と比べるとFTCは中途半端気味であり、急激に伸びる要素には欠けていると思います。

FTCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場しているので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

FTCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから