FLTのメリットとは?FLTの仕組みと今後の将来性について

FLTのメリットとは?仕組みと将来性を解説

FLTの概要

通貨名称 FLT(FlutterCoin)
最大発行数 不明
公開日 2014年3月
公式サイト http://fluttercoin.me/
ホワイトペーパー

FLTの特徴や目指しているもの

FLT(FlutterCoin/フラッタコイン)は、3つのコンセンサスアルゴリズムを採用している、非常に珍しい仮想通貨です。その仕組はエコロジーかつスピーディーであり、分散されています。利用者は政府、金融機関、その他民間企業の意向に左右されることのない、自由な通貨を用いて決済できます。

3つのコンセンサスアルゴリズムの仕組み

FLTは、3つのコンセンサスアルゴリズムを採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、簡単に言えば記帳のルールのことです。誰がブロックの生成を行い、その見返りとして報酬を受け取るか、についてまとめられています。

ほとんどの仮想通貨は特定の国の政府や企業にコントロールされない、分散度合いの高い仮想通貨です。このような仮想通貨には中央管理人が存在しないため、ブロックの生成、すなわち記帳はユーザーの誰かが行わなければなりません。

コンセンサスアルゴリズムは多数のユーザーの中から信頼できる(記帳を任せるにふさわしい)ユーザーを見つけるための仕組みであり、この仕組みが正常に動作することによって、ブロックチェーンの健全性、取引の信頼性が保たれます。

通常、1つの通貨は1つのコンセンサスアルゴリズムを採用します。例えばビットコインの場合、PoW(Proof of Work)という仕組みを採用しています。イーサリアムはPoWからPoS(Proof of Stake)への以降を検討しています。

それに対して、FLTは以下の3つのコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

  • PoW(Proof of Work)
  • PoS(Proof of Stake)
  • PoT(Proof of Transaciton)

最近は2つのコンセンサスアルゴリズムを採用する通貨が少しずつ増えてきていますが、3つを採用するというのは異例です。複数のコンセンサスアルゴリズムを採用することは、リスクの分散化に繋がります。

PoWとは

PoWは、簡単に言えば、計算を最も早く説いたコンピュータに対して、ブロックの生成(記帳)と報酬受取の権利を与える仕組みのことです。ビットコインを筆頭に、多くの仮想通貨で採用されています。

この仕組みのもとでは、マイニング(ブロックを生成するための作業)を行うマイナー(マイニングを行う人)は、適切な値を探すための計算を行います。もっと具体的に言うと、ハッシュ関数に代入すると適切な数値が出てくるようなナンスという値を探すための計算を行います。ハッシュ関数とは、逆算ができない一方向の関数です。

例えばビットコインの場合、ハッシュ関数に代入すると先頭の16桁が0になるようなナンスを探します。

ハッシュ関数は一方向の関数であるため、出したい値(先頭の16桁が0)からナンスを逆算することは出来ません。そのため各マイナーは高性能なコンピュータを用いてしらみつぶしに計算を行っています。そして、初めて適切なナンスを見つけた人が、ブロック生成と報酬受取の権利を獲得します。

PoWのメリットは、一度生成されたブロックチェーンの改ざんが事実上不可能なことです。世の中のほぼすべてのコンピュータ(の計算能力)を支配すれば出来ないことはないかもしれませんが、お金がかかりますし、そんなことをする意味もありません。

一方で、PoWは計算競争であるため、大量の電力を消費するというデメリットもあります。2018年末点で、世界の消費電力の0.5%をビットコインのマイニングが占めることになるというデータもあります。もちろん、それだけ電力を消費する価値がビットコインにはあるのかもしれませんが、これがもっと増えた場合は社会問題化するかもしれません。

また、PoWには51%攻撃というリスクもあります。これは特定のマイニンググループが過半数の計算力を得た時に発生する恣意的なブロック作成のことです(改ざんではありません)。計算競争であるPoWはどうしてもその果てにマイニングの寡占化が起こりやすく、それが51%攻撃に繋がる可能性は否定できません。

FLTはネットワークの安全性やサービス濫用を抑制するためにPoWを採用しています。要するに、報酬という明確な「餌」を容易することによって、各マイナーに正当なブロックを生成するインセンティブを与えているのです。各人が自分の利益のために行動することによって安全性が保たれるこの仕組みは非常に優秀と言えます。

PoSとは

PoSとは、仮想通貨の保有量に応じて、マイニングの権利を振り分ける仕組みのことです。例えば、ある仮想通貨を100枚持っている人は、1枚しか持っていない人よりも100倍マイニングに成功する確率が高くなります。仮想通貨の保有量が増えるにしたがって報酬の量も増えるという点では、銀行の預金にも似ています。

PoSはもともとはPoWの欠点を改善するために作られたコンセンサスアルゴリズムです。PoSは計算競争ではないので高額なコンピュータでなくても参加できますし、大規模なマイニンググループを生成するメリットもないので、高度な分散化が保たれます。消費電力量も少なくて済みます。

一方で、PoSは通貨保有量と報酬が増える仕組みになっているため、通貨の流通速度が落ちる(通貨を保有し続ける人の割合が高くなる)という欠点もあります。FLTはPoWとPoS,2つを採用することによって、それぞれの欠点を補完しあっています。

PoTとは

PoTとは、取引のサイズを検証し、それをターゲットとする攻撃を効果的に排除する二重システムです。また、取引の所有権が誰にあるのかを検証する役目も兼ね備えています。

PoTは基本的にはPoSとは正反対の仕組みであり、少額の取引に対して報酬を与えるというものになっています。通貨を使わない(貯める)と報酬がもらえるPoS、使うと報酬がもらえるPoT、といった感じです。

この仕組みは通貨の流通速度を上昇させる上で大いに役立ちます。PoWとPoSだけでは滞留しがちな通貨を循環させることによって、FLT経済圏を活性化させます。

筆者が考えるFLTの今後の将来性

現時点では、あまり将来性があるとは言えません。3つのコンセンサスアルゴリズムを採用するというのはたしかに面白い取り組みですが、ではそれがユーザーにとってどれほど魅力的なのかというと疑問が残ります。

送金速度はビットコインよりは早いですが、他の高速アルトコインと比べると見劣りしますし、その他に特別な機能があるわけでもありません。

Twitter公式アカウントは2018年4月17日を最後に稼働しておらず、開発も盛んには行われていないようです。これらを総合的に考えると、他の有望アルトコインを抑えてまで優先的に投資するほどのものではないかと言うのが正直なところです。

FLTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

FLTが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから