FLTの特徴や将来性、FLTが購入できるおすすめの取引所

FLTのメリットとは?仕組みと将来性を解説

FLTの概要

通貨名称 FLT
最大発行数
公開日 2014年3月
公式サイト http://fluttercoin.me/
ホワイトペーパー

FLTの特徴や目指しているもの

FLTは、3つのコンセンサスアルゴリズムを採用している仮想通貨です。その仕組はエコロジーかつスピーディーであり、分散されています。利用者は政府、金融機関、その他民間企業の意向に左右されることのない、自由な通貨を用いて決済できます。

3つのコンセンサスアルゴリズムの仕組み

FLTは、3つのコンセンサスアルゴリズムを採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、簡単に言えば記帳のルールのことです。誰がブロックの生成を行い、その見返りとして報酬を受け取るか、についてまとめられています。

ほとんどの仮想通貨は特定の国の政府や企業にコントロールされない、分散度合いの高い仮想通貨です。このような仮想通貨には中央管理人が存在しないため、ブロックの生成、すなわち記帳はユーザーの誰かが行わなければなりません。

コンセンサスアルゴリズムは多数のユーザーの中から信頼できる(記帳を任せるにふさわしい)ユーザーを見つけるための仕組みであり、この仕組みが正常に動作することによって、ブロックチェーンの健全性、取引の信頼性が保たれます。

通常、1つの通貨は1つのコンセンサスアルゴリズムを採用します。例えばビットコインの場合、PoW(Proof of Work)という仕組みを採用しています。イーサリアムはPoWからPoS(Proof of Stake)への以降を検討しています。

それに対してFLTは、Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)、Proof of Transaciton(PoT)という3つのコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

複数のコンセンサスアルゴリズムを採用することは、リスクの分散化につながるので、2つのコンセンサスアルゴリズムを採用する通貨が少しずつ増えてきていますが、3つを採用するというのは異例です。

筆者が考えるFLTの今後の将来性

現時点では、あまり将来性があるとは言えません。3つのコンセンサスアルゴリズムを採用するというのはたしかに面白い取り組みですが、ではそれがユーザーにとってどれほど魅力的なのかというと疑問が残ります。

送金速度はビットコインよりは早いですが、他の高速アルトコインと比べると見劣りしますし、その他に特別な機能があるわけでもありません。

現在はTwitter公式アカウントも稼働しておらず、開発も進んでいないようです。これらを総合的に考えると、他のアルトコインよりも優先して投資するものではないと言うのが正直なところです。

FLTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場していますので、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

FLTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから