FLASHの特徴や将来性、FLASHが購入できるおすすめの取引所

FLASHの使い道・特徴・将来性を解説

FLASH(FLASHCoin/フラッシュコイン)の概要

通貨名称 FLASH(FLASHCoin/フラッシュコイン)
最大発行数 9億枚
公開日 2016年8月
公式サイト https://www.flashcoin.io/
ホワイトペーパー

FLASHの特徴や目指しているもの

FLASHは、ライトコインベースの仮想通貨です。コンセンサスアルゴリズムには独自のDPoWを採用することで、高い効率と高速な処理でユーザーの快適な支払いをサポートしている、小額決済の手段として非常に優秀な仮想通貨としてしられています。

FLASHの仕組み

FLASHはビットコインを補完するために作られたライトコインからさらに派生した、少額決済のための仮想通貨です。ビットコインとライトコイン、FLASHの特徴を見てみましょう。

ビットコイン ライトコイン FLASH
処理性能 約3.33件/秒 約15件/秒 約2万5000件/秒
送金時間 1時間~ 数分~20分程度 5秒程度
総発行枚数 2100万枚 8400万枚 9億枚

FLASHを支えるDPoWの仕組み

FLASHはコンセンサスアルゴリズムにDelayed Proof of Work(DPoW)を採用しています。FLASHのネットワークは、FLASH delegatesが運営するGovNodesと呼ばれるコンピュータによって維持されていて、FLASHブロックチェーンと各種ソフトウェアの動作を担っています。これらは実際にFLASHを保有する人たちの手によって行われており、比較的用意に新規参入ができます。

ユーザーやネットワーク参加者は、GovNodesやFLASHに対する提案も行えます。重大な提案は投票にかけられます。

FLASHはインフレが発生しない

FLASHは現時点ですでにすべてが発行されており、今後新たに追加で発行されることはありません。つまり、今後はインフレが起こらず、需要が増すに従って価格が上昇するということです。

FLASHの将来性

現時点ではそれなりには期待できるかと思います。仮想通貨としての性能は非常に優秀で、少額決済の用途にも確かに耐えうるでしょう。しかし、現状ではビットコインと比べるとあまりにも知名度が低く、海外の主要な取引所にも上場されていません。いくら性能が優れていても使われなければ意味がないので、今後のマーケティング・広告に期待したいところです。

FLASHが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

FLASHが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから