FCTの特徴や将来性、FCTが購入できるおすすめの取引所

ファクトム(ファクトイド)の問題点と将来性を解説

FCT(Factom/ファクトム)の概要

通貨名称 FCT(Factom/ファクトム)
最大発行数
公開日 2015年9月
公式サイト https://www.factom.com/
ホワイトペーパー https://www.factom.com/devs/docs/guide/factom-white-paper-1-0

FCTの特徴や目指しているもの

FCTは、アメリカのテキサス州を拠点とする民間企業のFCT社が開発を進めている、文書・データ管理のための分散型プラットフォーム「Factom」上で使用されるトークンです。仮想通貨取引所などでは「FCT」が通貨名として扱われることが多いようですが、正確な表現ではありません。

FCTは土地や証券などの所有権、あるいは住民票や登記簿謄本などの証明書を安全かつ低コストで管理するための仕組みで、システム使用料の支払いにFCTを使います。膨大で煩雑な文書管理業務を簡易化するプロジェクトであり、多くの企業や公的機関から注目を集めています。

FactomとFCTの仕組み

企業や公的機関は近年、紙媒体で保存していた書類の電子データ化を進めています。電子データは保管コストが極めて低いことやバックアップ・コピーが取りやすく、データの複製が容易なことなど、紙媒体のように経年劣化することもなく、遠くに離れた人にも簡単に送れるなど、多数のメリットがあります。電子政府の実現が目指される中で、この流れはますます加速していくものと思われます。

一方で、現状の文書・電子データ管理には問題点もあります。特に無視できないのは、流出や改ざんのリスクです。企業や公的機関は、外部には出せない機密データも多く扱います。こうした情報が外部に流出しないように、企業や公的機関は多くの費用をかけざるを得ません。

しかし、高度な対策が行われているはずの大企業や公的機関でも、機密データの流出は度々起きています。これは日本に限った話ではなく、海外でも同様です。こうした問題点の解決を目指すのが、FCTの役割です。

FCTは安くて安全な文書管理プラットフォーム

FCTの形態をおおざっぱに説明すると、ビットコインのブロックチェーンに、オフチェーンへのリンクを貼るという形式を採用しています。これによって、ビットコインのブロックチェーンを直接利用するよりも安価なサービスを実現しています。

企業や公的機関等がFCTにアクセスして文書管理依頼を出すと、データはハッシュ化されます。ハッシュ化されたデータは複数存在するFCTサーバーにエントリーされ、エントリーブロックで格納され、ディレクトリブロックでカテゴリ分けされ、さらに暗号化されます。ここまでの流れを1つのトランザクションとみなし、このトランザクションをビットコインのブロックチェーン上に記載します。

ブロックチェーン上に記載されたデータは簡単に追跡が可能であり、第三者が勝手に改ざんすることは事実上不可能であるため、従来よりもずっと簡単に、安全にデータを保管できるようになります。

FCTが本格的に稼働すれば、多くの企業や公的機関等、データを安全に管理したい法人は利用を検討することでしょう。

5兆円市場に切り込むFCTプロジェクトの概要

FCTハーモニーは、FCTの中枢をなす、アメリカの住宅ローン市場向けの巨大プロジェクトです。住宅ローン市場周りのデータ管理をFCTで効率化するためのものです。

すでにご存知かとは思いますが、住宅の売買には不動産業者や金融機関などの第三者機関が介入します。直接取引で生まれるリスクを軽減するためには仕方のないことではあるのですが、彼らの介入が買い手や売り手のを負担を増やししていることは間違いありません。

FCTハーモニーはこのような負担を減らすためのプロジェクトです。現状、米国では売買仲介や文書管理、それに伴う人件費のために毎年約5兆円が費やされていますが、FCTハーモニーを利用することで大幅なコスト削減が期待できます。多くの企業にとって、それだけ電子データ管理の効率化・低コスト化は魅力があるのです。

FCTの役割とエントリークレジット

先程、FCTの利用料にはFCTが必要と申し上げましたが、実はこの書き方は正確ではありません。FCTの利用にはエントリークレジットという仮想通貨が必要であり、これを買うためにFCTが必要になるのです。

FCTはビットコインなどと同様に仮想通貨取引所で取引できますが、エントリークレジットはFCTで使用するためだけのものです。

このような面倒な仕組みを採用している理由は2つあります。

1つ目の理由は価格変動を抑えるためです。FCTはもちろん、それ以外の仮想通貨は価格変動幅(ボラティリティ)が非常に大きいです。仮にFCTをそのまま利用料支払いの手段として採用すると、サービスを利用するたびに価格が大きく変動してしまいかねません。エントリークレジットは他の通貨と交換ができない以上投資の対象にはならず、したがってボラティリティも小さくなるため、利用料が安定します。

もう一つの理由はハッキング対策です。FCTは他の通貨と交換できるためハッキングされる恐れがありますが、エントリークレジットはそれができないためハッキングの対象になることはほぼありません。盗んでもお金に買えられませんからね。FCTユーザーは購入したFCTをすぐにエントリークレジットに買えることで、ハッキングのリスクを逃れることができます。

FCTの将来性

FCTの将来性は上記のプロジェクトに依存すると考えていいでしょう。これが成功すればFCTという存在自体の知名度も向上し、多くの企業で導入が進むでしょう。逆にこれらのシステムが見向きもされなければ、厳しいものになるでしょう。

文書管理とブロックチェーンの相性は誰もが認めるところであるがゆえ、競合するプロジェクトも多く、その点は気がかりです。

FCTが購入できる取引所一覧

かつては日本の取引所であるコインチェックで売買ができましたが、現在休止中のため、海外で購入するしか方法がありません。

0 0

この記事の共有はここから