FAIRの今後の将来性とFAIRが購入できるおすすめの取引所

FAIR

FAIRの概要

通貨名称 Faircoin(FAIR)
最大発行数
公開日 2014年3月
公式サイト https://fair-coin.org/
ホワイトペーパー https://fair-coin.org/en/white-paper

FAIRの特徴や目指しているもの

FAIRとは、名称のとおり公平性を追求した仮想通貨です。エコロジー、高速送金、そして倫理的であることを重視しています。従来の仮想通貨と同じようにブロックチェーンによって取引の正当性を確保していますが、ブロックチェーンの処理を行うマイナーは存在せず、かわりに予め認証されたノードが処理を行います。

マイニングの仕組みと難点

ビットコインを始めとする多くの仮想通貨には「マイニング」という仕組みがあります。マイニングとは簡単に言えば、取引の処理を行い、その見返りとして報酬を受け取る行為のことです。マイニングを行う人をマイナーといいます。仮想通貨が取引の正当性を保てているのは、ひとえに彼らの頑張りにあると言っても過言ではありません。

もっとも、ほとんどのマイナーたちは別に倫理観や義務感に基づいて行動しているわけではありません。実は、マイニングを行うと報酬が得られるのです。マイナーの目的はズバリその報酬です。報酬の仕組みは仮想通貨によって異なりますが、現状で最もメジャーなのは「Proof of Work(PoW)」と呼ばれるものです。ビットコインやライトコイン、モナコインなどがこの仕組を採用しています。

PoWの仕組みと問題点

PoWとは簡単に言えば、複数のマイナーで同時に計算競争を行い、その計算を最も早く解き終えたものが実際に取引を処理してブロックを生成し、報酬を受け取るという仕組みです。マイナーは世界中に点在していますが、報酬がもらえる勝者は1つのブロックに付き1人のみというわけです。もっとも、実際には同じ人が競争に勝ち続けるということはまずなく、ある程度報酬は分散されます。

この方法は、ハッキングに対して高い耐性を持つという点では優れています。一方で計算競争であるために消費電力が大きい、高性能で高額なコンピュータがないとまともにマイニングができないといった見逃せない欠点もあります。実際、ビットコインのマイニングはいくつかのマイニングプール(マイニングを行う集団)によって寡占されており、当初の理念である「分散化」を十分に達成できていません。

PoWの問題点を解決するPoSとその課題

この問題を解決するために作られたのがProof of Stake(PoS)です。イーサリアムは現状PoWを採用していますが、将来的にはPoSに移行する予定です。PoSを簡単に説明すれば、仮想通貨の保有量に応じて取引の処理の権利を振り分ける仕組みです。仮想通貨を大量に保有している人は高い頻度で処理を行い、報酬を受取ります。仮想通貨を小額だけ保有している人は低い頻度で処理を行い、報酬を受取ります。全く保有していない人は処理を行わず、報酬も受取りません。

この仕組の優れているところは、競争ではないため消費電力が少なく、しかも弱小マイナーも存在できることです。少額しか保有していない人でも低い頻度でマイニングができるため、より高度な分散化が図られます。PoWの欠点は、概ね解消されています。

一方で、PoSは仮想通貨の流動性の低下というPoWにはない欠点も抱えています。PoSは仮想通貨を保有すればするほど多くの報酬が受け取れる仕組みです。このような仕組みのもとでは、誰も仮想通貨を使おうとしなくなってしまうのです。その結果仮想通貨の流動性は下がり、それに伴って仮想通貨自体の価値も下がってしまうのでは、という懸念があります。

一方、今回のテーマであるFAIRは、PoWともPoSとも違う、両者の問題をまとめて解決できる可能性を秘めた「Proof of Cooperation(PoC)」という仕組みを採用しています。

Proof of Cooperationの仕組み

PoCの特徴は、予め取引の処理に参加できるコンピュータが絞られていることです。PoWやPoSは、コンピュータや仮想通貨さえあれば誰でもマイニングに参加できる仕組みでした。これは分散化を図る上では重要な点ですが、PoWは結果として寡占が起きてしまいましたし、PoSは仮想通貨の流動性を妨げることになってしまいました。

より効率の良い検証を目指すPoC

一方、PoCでは、仮想通貨の発行主体が認めた機関(CVN)が持つコンピュータのみがこの検証作業を行います。必然的に計算競争が抑制されるので、消費電力も抑えられます。仮想通貨を保有するだけで報酬がもらえることもないので、流動性も確保されます。

検証作業を行うコンピュータは、予め厳選されます。通貨発行機関が認めた、信頼性の高い企業や組織のみが検証作業に参加できるので、信頼性も確保されます。分散という点では劣りますが、中央集権的であっても信頼性が保たれるのならば問題ない、ということなのでしょう。

また、この仕組にはもう一つ隠れたメリットがあります。それは手数料の安さです。仮想通貨を送金するときに手数料を払うと、マイナーに優先的に処理してもらえるため、送金速度が高まります(支払った手数料はマイナーのものになります)。そのため、PoW型通貨などでは手数料が高騰しがちでしたが、PoCは検証作業を安価で行えるため、手数料は高騰しづらいです。

グローバルでFairな活動を後押し

FAIRはもともと、グローバルな協同組合での使用を想定して作られた仮想通貨です。開発や取引の処理には、国境を超えた複数の組織が参加しています。その組織はフェアトレード(発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引すること)や富の再分配といった社会的公正の実現を後押ししています。

筆者が考えるFAIRの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じていません。確かにPoCという仕組み自体には魅力も多いのですが、それ以外の売りに欠けるからです。コンセンサスアルゴリズムといった特別な機能があるわけでもなければ、特別マーケティングに力を入れているようにも見えません。正直なところ、他にもっと優れた選択肢はいくらでもある、というのが現状のように見えます。

FAIRが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらから購入するといいでしょう。

FAIRが購入できる海外の取引所一覧

  • CoinExchange.io
  • Nova Exchange
0 0

この記事の共有はここから