EXPの特徴や将来性、EXPが購入できるおすすめの取引所

EXPの特徴・使い道・将来性まとめ

EXPの概要

通貨名称 EXP
最大発行数 1億枚
公開日 2015年9月
公式サイト https://www.expanse.tech/
ホワイトペーパー

EXPの特徴や目指しているもの

EXP は、自律分散型組織(DAO)の仕組みを取り入れたブロックチェーンプラットフォーム「Expanse」で使用される仮想通貨です。

Expanseの仕組み

Expanseで採用されている自律分散型組織(DAO)とは、非中央集権で自律的な機能を持つ組織のことです。組織内には階層構造がなく、管理者も存在せず、組織としての意思決定は構成員の合意によって行われます。広い意味では、ビットコインもDAOの1つと言えます。

ExpanseのDAOの場合、4つのスマートコントラクトによって構成されています。投票は部門ごとに行われ、多数決によって部門以外の2つの許可が出れば残りの部門に資金が移動します。それが出来ない場合、資金の移動は行われず、計画を再編することになります。

Expanse上では誰でもブロックチェーンアプリを開発可能

アプリケーションの開発者はExpanseでJavaScriptやPythonなどの既存のプログラミング言語を元にアプリケーションを開発できます。イーサリアムは馴染みの薄い言語であるSolidityを採用しているため、開発のハードルが高いことが欠点でしたが、Expanseはその問題を解決しています。

また、Expanseには、他のブロックチェーンと同じくピアツーピアネットワークプロトコルも含まれています。これらの技術は開発者の便利で使いやすいアプリケーションの開発を促進することで、ネットワーク管理を容易にします。

筆者が考えるEXPの今後の将来性

現時点では、それなりの将来性はあるのではないかと考えています。プラットフォーム自体の仕組みが優秀で、似たような存在であるイーサリアム(ETH)に対しても「普及している言語で開発ができる」という優位点があります。Twitterフォロワー数も2万人以上と多く、草コインの中では比較的有望と言えるでしょう。

EXPが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

EXPが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから