ステーブルコインEURSとは?Stasis EURSの仕組みと今後の将来性を詳しく解説

ステーブルコインEURSとは?Stasis EURSの仕組みと将来性を解説

EURSの概要

通貨名称 EURS(Stasis EURS)
最大発行数 不明
公開日 2018年7月
公式サイト https://stasis.net/
ホワイトペーパー https://www.docdroid.net/QdCqGO9/stasis-white-paper-2.pdf

EURSの特徴や目指しているもの

EURS(Stasis EURS/スタシスユーロ)は、スタートアップ企業のStatisが発行するイーサリアムベースのユーロペッグ通貨です。いついかなるときでも価格が1EURS≒1ユーロで安定するように設計されているのが大きな特徴です。

その仕組み上投資対象にはなりえませんが、高速かつ安全に送金できるだけでなく、資産を保持する手段としても使えるなど、ビットコインなどにはない独自のメリットがあります。

ペッグ通貨とは

ペッグ通貨とは、他の通貨と価格が連動するように設計された仮想通貨の総称です。例えば米ドルと連動するものはドルペッグ通貨、円と連動するものは円ペッグ通貨のように呼ばれます。ビットコインペッグ通貨のように、他の仮想通貨と連動するタイプのものもあります。

ペッグ通貨といえども市場で取引される以上、ボラティリティ(価格変動率)が完全に0になることはありませんが、その率はとても小さいものになります。

ペッグ通貨は法定通貨と仮想通貨のいいところどりをした通貨

わざわざペッグ通貨など作らなくても、最初から連動先の通貨を使えば良いのでは?と思われるかもしれませんが、実はペッグ通貨には大きなメリットがあります。

ペッグ通貨はあくまでも仮想通貨ですので、高速かつ安価な手数料で世界中に送金できます。地球の裏側にいる人に対しても、早いものならば数十秒で送金できます。法定通貨を海外に送金しようとすると、どうしても多数の銀行を通すことになり、その分時間と手数料がかかってしまいますが、ペッグ通貨ではそのような心配は一切ないのです。仮想通貨は電子データなので保管場所も不要ですし、現金を持ち歩くリスクからも開放されます。

それでいて法定通貨と価格が連動するため、ビットコインのような急激な価格変動に悩まされることもありません。ペッグ通貨は仮想通貨の高速・低手数料と、法定通貨の価格の安定性を両取りした通貨と言えます。

EURSは世界初のユーロペッグ通貨

ドルペッグ通貨や円ペッグ通貨は割と早い段階から作られてきたのですが、ユーロペッグ通貨は市場が大きい割になかなか作られることがありませんでした。そんな中でようやく誕生したのがEURSです。EURSは2018年7月に公開されたばかりの、世界初のユーロペッグ通貨なのです。

1EURS≒1ユーロを保つための仕組み

ペッグ通貨にとって最も重要なことは、ペッグ相手との交換比率を安定させることです。もしその比率が崩れてしまえば市場での信頼を失い、一気に暴落することでしょう。交換比率を安定させるための方法はペッグ通貨ごとに異なりますが、EURSは同額のユーロを保有することによって交換比率を保とうとしています。

Statisが新たにEURSを発行する場合、それと同額のユーロをプールして価値の裏付けとします。例えば新たに100万EURS発行する場合は、銀行口座などに100万ユーロを預け入れます。こうすれば、仮にEURSの全保有者が一斉にユーロへの交換を求めてもStatisは問題なく対応できます。その結果EURSの信頼性は常に保たれ、交換比率も安定する、という理屈です。

この仕組み自体は正常に働けば問題のないものですが、正常に働かせるためには、確実にEURSと同額のユーロを正確に保管し、しかもそれを外部から確認できるようにする必要があります。Statisが「確かにユーロを保管しています!」といくら宣言したところで、外部からの信頼は得られないでしょう。

例えば、EURSよりも前に作られたドルペッグ通貨のTetherも上記の仕組みを採用しているのですが、この仮想通貨には「価値の裏付けとなるドルが正しく保管されていないのではないかという」疑惑が常につきまとっています。これに対して、Tetherは何故か正式な監査を受けようとしません(非正式な監査は受けています)。今のこと大暴落は起きていませんが、その先行きは不透明と言わざるを得ません。

一方、EURSは、一流の監査法人であるBDOマルタから四半期ごとの会計監査と、年1回のさらに精密な会計監査を受けることによって、信頼性を保とうとしています。会計監査とは様々な企業や団体が行っている財務・会計が法令や規則に基づいているかどうかをチェックすることです。外部の人間に確かにユーロがあることを証明してもらうわけですね。

ペッグ通貨は機関投資家の仮想通貨投資を促すか?

EURSを含むペッグ通貨には、機関投資家の仮想通貨投資を促す役割も期待されています。機関投資家とは、生命保険会社や損害保険会社、銀行、信用金庫などの、大量の資金を運用する社団・法人のことです。機関投資家は顧客から資金を預かり投資を行っているため、優良株式や国債などの長期的に安定した利益を出しやすい銘柄を優先します。逆に仮想通貨のようなハイリスクハイリターンな投資は避けがちです。

金融大手のモルガン・スタンレーは2018年10月31日のレポートで機関投資家が増加していると発表したものの、それは「以前と比べれば」の話であり、依然として仮想通貨市場の主人公にはなっていません。

逆に言えば、機関投資家が本格的に仮想通貨市場に参戦するようになれば大量の資金が投下され、価格が跳ね上がる可能性が非常に高いです。現在、仮想通貨市場ではそのような仕組みが整えられつつあり(安全な仮想通貨の保管サービスなども出始めています)、ボラティリティが極端に低いペッグ通貨もその一翼を担います。

筆者が考えるEURSの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性はあるのではないかと考えています。世界初のユーロペッグ通貨というのはやはりインパクトがありますし、価格を維持するための仕組みづくりにも真摯に取り組んでいるように見えます(今のところは)。

ただし、EURSはペッグ通貨ですので、価格が1EURS=1ユーロを大きく超えることはまずありません。あくまでも高速かつ安価な送金手段として割り切ったほうが良いでしょう。

EURSが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

EURSが購入できる海外の取引所一覧

  • Bitibu
  • TokensNet
  • HitBTC
0 0

この記事の共有はここから