仮想通貨EOSの今後どうなる?特徴や将来性について徹底解説

EOSの今後の将来性

EOS(イオス)の概要

通貨名称 EOS
最大発行数 10億枚
公開日 2017年7月1日
公式サイト https://eos.io/
ホワイトペーパー https://github.com/EOSIO/Documentation/blob/master/TechnicalWhitePaper.md

EOSの特徴や目指しているもの

EOS(イオス)は、開発元であるブロックワン社が「全く利用価値がない」「48時間以内に移転不可能になる」とホワイトペーパーで自ら提示しているにも関わらず、時価総額ランキングで10位前後を維持しているプラットフォームです。

トランザクションのスピードの速さと手数料無料が最大の特徴で、将来は大企業の利用を見込んでいます。一方で、現状全く利用価値がないことから、ICOブームの賜物であり、将来性は乏しいと見る人も少なくありません。

EOSは「早くて無料」

EOSの最大の特徴は、トランザクションのスピードです。トランザクションのスピードとは、簡単に言えば、情報が処理される速さのことです。これが早ければ早いほど、取引スピードが早く、なおかつ送金詰まりを起こさなくなります。

現状、送金詰まりが問題となっているビットコイン(BTC)のトランザクションのスピードは6~7件/秒です。現状、かなり早いと言われているリップル(XPR)は約1000件/秒です。クレジットカードは約5000件/秒です。

それに対して、EOSは数百万/秒のトランザクションに対応することが可能です。これだけ早ければ、送金詰まりはまず発生しません。決済スピードも3秒と極めて早く、送金には極めて便利です。

また、EOSは送金手数料が一切かかりません。Bitcoinなどの送金詰まりが慢性的に続いている仮想通貨では、早く送金を済ませるために多くの手数料を払う必要があるのですが、EOSにはそれがありません。頻繁に取引を行う企業にとってはこれもありがたい特徴です。

EOSとICO

EOSは2017年に行われたICOの中でも最も成功した部類に入ります。公開当初の5日間だけで約1億8500万ドルを集めることに成功し、これまでに集めた資金は7億ドルを突破しています。

最初に発行された10億枚のうち、9億枚はICOで配布され、残りの1億枚を運営側が保有する、というシステムになっています。9億枚のうち2億枚は最初の5日間で配布され、残りの7億枚は350日に分けて少しずつ配布されていきます。この配布期間の長さも、EOSの大きな特徴です。

EOSのICOがすごいところは、ホワイトペーパーでは「全く利用価値がない」「48時間に利用不可能になる」と明言されているにも関わらず、これだけの資金を集めたことです。普通に考えれば、そんな仮想通貨に資金が集まるとは思えませんが、現実には7億ドル以上の資金が集まっています。

そのため、EOSはICOブームに最もうまく乗っかった仮想通貨である、と皮肉を込めて言われることもあります。あまり考えたくはないことかもしれませんが、ホワイトペーパーをよく読まずに参加している投資家が少なからず存在しているのかもしれません。

ただ、全く利用価値がないというのは、あくまでも現時点での話です。EOSのプロジェクト自体が成功すれば、将来何らかの利用価値が生まれることもあります。もちろん、失敗してなんの価値も無くなる可能性も十分に考えられますが、それはすべての仮想通貨に言えることです。

EOSのコンセンサスアルゴリズム

EOSのコンセンサスアルゴリズムは「DPOS(Delegated Proof of Stake)」です。DPOSはPOS(Proof of Stake)と名前こそ似ていますが、その仕組みは大きく異なります。

DPOSとは大まかに言えば選挙のようなものです。仮想通貨の保有者が取引を承認するにふさわしいと思える人を選出し、その選出された人が取引の承認を行います。投票者には謝礼としてマイニング報酬の一部が支払われます。

もともとはBitSharesという仮想通貨で採用された仕組みで、先日BitFlyerで取扱が始まったリスク(LSK)にも同様の仕組みが搭載されています。取引スピードを早くし易いのが大きなメリットであり、この仕組みがトランザクションのスピードを支えています。

EOSの今後の予定

EOSはロードマップが公開されています。それによれば、2018年春頃までは、セキュリティ上の問題やバグを取り除くことに尽力し、その後新しいバージョンをリリースしてコードを最適化する、ということになっています。

筆者が考えるEOSの今後の将来性

短期的にはそれなりに有望かと思います。利用目的がない仮想通貨など誰が買うのか、と思われるかもしれませんが、仮想通貨市場は「現状の利便性」がなくても、「将来への期待感」だけで結構な金額が動きます。

正直、決済手段としてはほとんど普及していないにも関わらず、ビットコインの時価総額が数十兆円にも達しているのがいい証拠です。短期的な視点で見た場合は、現状の利便性よりも期待感なのです。

EOSのプロジェクト自体は非常に有望なものなので、まだしばらくはそれなりに価格を上げていく可能性が高いです。ただ、いつまでたっても利用価値が与えられなければ、流石に投資家もこれ以上保有してもしょうがないと考え、手放していくはずです。期待感だけで上昇する市場は、不安感だけで下降するのです。

仮にEOSが大きく価格をあげるとするならば、それは購入後48時間の移転が可能になり、なおかつ利用価値も与えられたときでしょう。これらが実現するかどうかは不透明なので、あまり大量の資金を投下することはおすすめしません。

EOSが日本に上場する可能性

現状では、日本の仮想通貨取引所がEOSを取り扱う予定はないようです。ただ、海外の仮想通貨取引所ではかなり多く取り扱われている上、時価総額も高く匿名性通貨というわけでもないため、将来的に導入される可能性は十分にあります。

EOSが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Bittrex
  • Kraken
0 0

この記事の共有はここから