ENJの特徴や使い道、今後の将来性まとめ

ENJの今後の将来性

ENJ(エンジンコイン)の概要

通貨名称 ENJ
最大発行数 2017年7月24日
公開日 10億枚
公式サイト https://enjincoin.io/
ホワイトペーパー https://enjincoin.io/enjincoin_whitepaper.pdf

ENJの特徴や目指しているもの

ENJ(エンジンコイン)は、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトによって構築された、オンラインゲームのプラットフォーム「ENJIN」上で使えるトークンです。ENJINは日本での知名度こそあまり高くありませんが、全世界ですでに1800万人以上が登録している世界最大級のオンラインゲームプラットフォームで、25万以上のコミュニティと密接な関係を持つなど、確かな実需があることが大きな強みです。

今後、ゲームに対する需要は日本、北米、欧州などの主要国ではもちろん、途上国でも更に増加する見通しで、その成長に沿った価格上昇が期待できます。現在のゲーム開発につきものの不便や危険を取り除くことができるかもしれないという点でも注目に値します。

ゲームの開発者が直面している問題とは

現在、ゲームの開発者は様々な問題に直面しています。例えばゲームプレイヤーの不正への対策、高すぎるプラットフォームの利用料金、高騰する開発費など…これらに直接的に対面しているのはゲーム開発者ですが、間接的にはプレイヤーにも悪影響を及ぼします。

ゲームの不正対策やプラットフォームの利用にかかる費用が増加すれば、それだけゲームの価格も高くなります。その割にゲーム開発者の利益は増えないため、面白いゲームも開発されにくくなります。このような現状を打破し、ゲーム開発者にとっても、プレイヤーにとっても有益なシステムを作ってしまおうというのが、ENJINの基本理念です。

2018年にはイーサリアムとの交換でICOが行われ、多くの資金を集めることに成功。調達資金の50%は開発、30%はマーケティングに使われる予定で、その他法務、セキュリティ、万が一の備えなどにも使われます。

ENJINの基本的な仕組み

ENJINはオープンソースのゲーム開発キット、支払プラットフォーム、ウォレットなどが一体となった、オンラインゲームの総合的なプラットフォームです。ゲーム開発者はENJINを通じてゲームを開発し、デバックし、販売します。ゲームユーザーはENJINのウェブサイト上でゲームを購入し、遊びます。ENJIN上では法定通貨ではなくENJという仮想通貨(トークン)で売買を行います。

ENJとゲーム内通貨の違い

ENJも他のゲームで見られるゲーム内通貨(例えばポケモンGOのポケコイン)は、いずれもゲームの中で使えるという点では一致していますが、両者は実は大きく異なるものです。

ゲーム内通貨は原則として、そのゲームの中でしか使うことが出来ません。例えばポケコインをモンストやパズドラで使うことは出来ません。また、買いすぎてしまったポケコインを法定通貨(円、ドルなど)に戻すことも出来ません。

一方、ENJは、ENJIN内で提供されている複数のゲームの共通通貨として使えます。もともとAのゲームで使うつもりで買ったENJをBのゲームに使う、といったような使い方ができるのは大変便利です。

また、仮想通貨取引所を利用すればENJを円やドルなどの法定通貨に戻すことも可能です。このあたりの柔軟さが、従来のゲーム内通貨にはなかったENJの大きな強みと言えます。ホワイトペーパーでは、将来的にバーチャルグッズストアも出店される予定とのことなので、ユーザー同士でアイテムを売り買いできる日が来るのかもしれません。

ENJINウォレットの仕組み

ENJINのウォレットには、ENJのみならず、ENJを使って購入したゲーム内のアイテムを保管することもできます。また、ウォレット内に保管したアイテムを、ユーザー同士で交換・取引することも可能です。通常、オンラインゲームではこうしたアイテムの売買はできないことが多いですが、ENJINの場合はそれをあえてできるようにしているようです。

筆者が考えるENJの今後の将来性

ENJの将来性は判断が難しいところですが、一定の成長はするのではないかと考えています。ENJの優位点は、今後も堅調な成長が見込めるオンラインゲーム市場に狙いを絞っていることです。ゲーム市場自体が比較的安定して成長しているのですが、その中でもオンラインゲーム市場は輪をかけて元気です。

SEGA SAMMYの行った調査によれば、2015年のパッケージゲームとオンラインゲームをあわせた、世界のゲーム市場の市場規模は約8兆2667億円でした。前年比で20%以上成長しており、特にオンラインゲームのそれは34%となっています。

地域別に見た場合、成長が最も著しいのは日本、中国、ASEANを中心とするアジア地域で、欧州でも順調に成長しています。VRやeスポーツという概念によってさらにゲーム市場は拡大する可能性が高く、その成長に合わせられれば、ENJも順調に伸びていくことでしょう。

一方、懸念点は似たようなプラットフォームの存在です。中でも存在感が大きいのはGameCreditsです。GameCreditsの基本的な仕組みはENJと同様ですが、2018年3月時点での時価総額はGameCreditsの方が遥かに上回っています。

最近は両者の差が近づいてきていますが、それはGameCreditsが落ちてきたことが主要因であり、ENJが特別評価されたわけではありません。今後さらに後発でよりゲーム向けのプラットフォームが出てくる可能性は否定できず、それらとの競争は避けられないでしょう。最もこうした競争は互いに価値を高め合う要因にもなるので、一概に悪いものであるとはいえませんが…

ENJが日本に上場する可能性

ENJが日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは、現状ではありません。ENJは時価総額が低く、多くの種類を取り扱わない日本の仮想通貨取引所に上場されるのは、仮にあるとしてもまだだいぶ先のことになりそうなので、早めに仕込みたい場合は海外の取引所の利用をおすすめします。

ENJが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • HITBTC
  • EtherDelta
0 0

この記事の共有はここから