EMC2の特徴や将来性、EMC2が購入できるおすすめの取引所

EMC2とは?特徴・将来性・おすすめ取引所を解説

EMC2の概要

通貨名称 EMC2
最大発行数 2億4500万枚
公開日 2014年3月
公式サイト https://www.emc2.foundation/
ホワイトペーパー

EMC2の特徴や目指しているもの

EMC2は、公的非営利団体アインシュタイニウム財団が運営する科学研究の安定的な資金調達のために作られた仮想通貨です。マイニング報酬の2.5%が財団のマーケティング費用を含めた科学研究の寄付に当てられるのが大きな特徴です。

EMC2の基本的な仕組み

EMC2は、科学研究に必要な安定した資金調達を実現するために開発された仮想通貨です。EMC2はマイニング報酬の2.5%が自動的に科学研究への寄付に当てられるという特徴があります。その内訳は科学プロジェクトが2.0%、アインシュタニウム財団のマーケティングが0.5%となっています。

資金の使い道はブロックチェーンで確認できる

EMC2ユーザーは、決済するだけで自動的に科学研究に貢献できます。寄付で集められた資金の使い道は誰でも閲覧可能なブロックチェーン上に記録されるため、使い込みなどを心配する必要はありません。

通常、寄付をするときにはその団体が信頼できるものなのかを確認する必要がありますが、EMC2はブロックチェーンにより、その手間を省いています。

Poloniexで凍結された過去あり

EMC2は過去にPoloniexで凍結された過去があります。Poloniexは米国の大手仮想通貨取引所です。2017年7月に突然取引できなくなるという現象が発生し、大きく値を下げてしまいました。

なぜこのような現象が起きたのかは明確にはなっていませんが、おそらくは51%攻撃があったのではないかと思われます。

51%攻撃は、特定のマイニンググループが51%以上の計算能力を保有したときに発生する可能性が高まる、不正な取引の承認、もしくは正当な取引の否認のことです。

51%攻撃はPoWを採用している通貨に共通のリスクです。特にマイナーが少ない知名度の低い仮想通貨は計算能力の寡占も用意であるため、そのリスクが高いです。凍結はその後解除されましたが、単価は約3分の1にまで下がってしまいました。

盛んな公式による報告・更新

EMC2は、時価総額が低めのアルトコインの中では、かなり積極的に情報公開を行っています。公式Websiteではロードマップ(今後の大まかな予定をまとめたもの)もしっかりとまとめられていますし、Twitterも頻繁に更新されています。今後はウェブウォレットやモバイルウォレット、APIの開発や投票機能などが搭載される予定です。

筆者が考えるEMC2の今後の将来性

現時点ではそれなりに将来有望であると考えています。科学研究費の確保のためのプロジェクトというのはかなり個性的ですし、科学研究に貢献できるという気持ちを味わえるのは大きな差別化点です。将来的にクレジットカードやデビットカードが流通するようになれば、更にその価値は高まります。

EMC2が日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

EMC2が購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから