ELLAの特徴や将来性、ELLAが購入できるおすすめの取引所

ELLAの特徴・将来性について検証

ELLA(Ellaism/エライズム)の概要

通貨名称 ELLA(Ellaism/エライズム)
最大発行数 2億8000万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://ellaism.org/
ホワイトペーパー

ELLAの特徴や目指しているもの

ELLAは、ブロックチェーン上で分散型アプリケーション(DApps)を開発するためのプラットフォーム「Ellaism」上で使用されるトークンです。イーサリアムクローンであり、基本的な性能はイーサリアムに準じていますが、Ellaismはプレマインが行われておらず、寄付で得た資金で運営・開発されています。

EllaismとELLAの仕組み

Ellaismは、分散型アプリケーション(DApps)を開発するためのプラットフォームであり、ブロックチェーン上に分散型アプリケーションを構築します。Ellaism内部ではELLAが支払手段として機能します。Ellaismのブロックチェーン上で可動するDAppsが増えるほど、ELLAの需要も高まります。

イーサリアムから派生したEllaism

Ellaismはイーサリアムという分散型アプリケーション開発プラットフォームをもとに作成されているので、基本的な機能は同じです。

イーサリアムの内部で使われる仮想通貨「Ether」は、仮想通貨時価総額ランキングで長年2位の座を維持しています。一方、ELLAは1000位を下回っています。

2017年2月にはイーサリアムをビジネスに活用するための「イーサリアム企業連合」が設立されています。連合にはJPモルガン、マイクロソフト社、アクセンチュア、トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル・グループなどが加盟しており、その期待度の高さが伺えます。実際に分散型アプリも複数開発されています。

それならすでに稼働しはじめていて時価総額も高いイーサリアムを使えばいいのでは、と思われるかもしれませんが、Ellaismにはプレマインを導入していないというイーサリアムにはない長所があります。

長期的な価格にマイナスの影響をもたらすプレマイン

プレマインとは、仮想通貨が広く公開される前に行われる、開発者やその関係者によって行われるマイニングです。イーサリアムでは、1200万枚がプレマインの対象となりました。

プレマインを行う理由は、開発者達のモチベーションの維持と利益の確保、あるいは開発資金の確保です。事前に仮想通貨を確保しておけば、その後価格が上がったときにそれを売却することによって利益を得られます。その利益を開発資金に回せば、開発がさらに加速し、価格はさらに上昇します。

一方で、仮想通貨の中には詐欺的なものも少なくありません。また、プレマインは将来的に売り圧をもたらす可能性があります。莫大な仮想通貨を保有する開発者達がプレマインで得た分を売ろうとすれば、必然的に売り圧は高まり、価格は下がります。

ELLAの将来性

現時点では、あまり期待していません。たしかにプレマインをしていないことによるメリットはありますが、それ以上に資金不足が目につくからです。

また、ライバルのイーサリアムが非常に強大であるという問題も無視できません。イーサリアム(Ether)は時価総額2位、大企業も注目する世界的なプロジェクトです。NEOやLISKなどのプラットフォームも独自に勢力を伸ばしており、ここにEllaismが入り込んでいける余地があるようには思えません。

ELLAが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらを通じて購入しましょう。

ELLAが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから